FC2ブログ

今野 敏 キンモクセイ





あいかわらず読みやすい、今野敏にしては珍しいインテリジェンス小説です。



キャリア官僚として警察庁警備局に勤務する隼瀬順平は、ある官僚が殺された事件についての調査を命じられますが、すぐに捜査体制の縮小を命じられます。

しかし、被害者が“キンモクセイ”という言葉を残していたことを知った順平は、外務省北米局北米第二課の木菟田(つくた)真一や、厚生労働省健康局指導調査室の燕谷幸助ら同期の集まりである「土曜会」メンバーの力を借りて、その言葉に隠された謎を探り出そうとします。

ところが、順平の後輩で、いろいろな情報を教えてもらっていた警察庁刑事局刑事企画課の岸本行雄までも殺されてしまうのでした。



本書の主人公は警察庁の警備局に勤務する公安マンです。その公安警察が一人のキャリアの死に隠された謎を解決するために活躍する姿を描いてあります。

本書の謎は日本の支配構造に関わる謎であり、本書の惹句に「日米関係の闇に挑む本格的警察インテリジェンス小説」とあるのも一応納得できます。


しかし、本書の実際は、通常の刑事警察の活動を描いた警察小説とあまり変わりません。

“キンモクセイ”という言葉の謎を探る過程が通常の刑事の活動とあまり異ならないように感じ、麻生幾らの描くインテリジェンス小説と同じと思うとかなり違和感を感じると思います。



ただ、そのことは本書の面白さとはまた別の話です。

日本の真の支配構造に関わる実務者会議である「日米合同委員会」に迫るという本書は、公安事案でありながらも通常の刑事警察のように構成されているというだけで、その面白さはやはり今野敏の物語です。

そこには今野敏ならではのエンターテインメント小説の作り方があると思われ、その通りに面白い小説として仕上がっているのです。

もしかしたら、今野敏の公安警察を描く小説としてシリーズ化されるかもしれず、そうであればいいと思っています。
スポンサーサイト



今野 敏 継続捜査ゼミ






継続捜査ゼミシリーズの第一巻の長編推理小説です。


この継続捜査ゼミで取り上げる事件は、十五年前に目黒署管内で起きた強盗殺人事件です。結城元(七十九歳)、多美(七十八歳)夫妻が居直り強盗に殺されたとみられている事案です。

ゼミ生たちはこの事案について、素人ながらの疑問点を挙げていきます。それは、午後三時ころという時間帯の割には目撃情報がないということであったり、犯人は見つかっていきなり刺したと思われている点や、その後すぐに逃走している点などでした。

ゼミ生たちはこの事件をテーマに現実の捜査について学んでいくのですが、安達蘭子の言葉をきっかけに学内で起きている事件、具体的には運動靴の片方がなくなる事件についても考えてみることになります。

また、小早川が初めて親しくなった竹芝という日本文学科の教授からも、自分には身に覚えのない、とある女生徒の写真についての相談も受けるのでした。



本シリーズの特徴は、何といっても探偵役が大学教授とそのゼミ員だということです。そこにオブザーバーとして現役の警察官が参加し、継続捜査になっている過去の未解決事件を解決するという、なかなかにユニークな設定の小説になっています。


ある種ミステリーの中でもいわゆるアームチェア・ディテクティブ(安楽椅子探偵)と呼ばれる分野に属するといってもあながち間違いではなりそうな構成です。


すなわち、小早川教授およびゼミ生たちは、過去の事件の捜査資料を基に推論を働かせ、疑問点を洗い出し、オブザーバーの警察官から提供される疑問点に対する答えから、事件の犯人を見つけます。

時には事件の当事者たちや現場にも赴いたりもしますので、厳密な意味ではアームチェア・ディテクティブとは言えないのでしょうが、推論メインの作品であるという点では同様に思えます。


とにかく、本書のメインはゼミの場においてのゼミ生と小早川教授の会話にあります。

通常の警察小説であれば一人もしくは数人で行う推理の過程を、五人の女子大学生と一人の元刑事が討論に近い形で事実を検証して確定し、その上で推論を重ねていく過程は読みごたえがあるのです。

ここで登場する五人の女子学生がなかなかに曲者です。

弁護士顔負けの法律知識を有する安達蘭子をはじめ、UMAなどに関しての知識を有する瀬戸麻由美、武道家の西野楓、歴史に詳しい加藤梓、そして薬関係に強い戸田蓮と、ほかの小説では専門家が登場する場面をゼミの中で解決できるのですからかなり優秀なゼミなのでしょう。

小早川及びそのゼミ関連の登場人物のほかに、新米教授の小早川と何かと話が合う竹芝教授がいます。

この教授が一般的な大学の先生を代表していると思われ、大学教授と学生との関係を単なる卒業し就職するための道具と捉えがちな現代の大学の抱える問題点を端的に提示してくれます。

実に今野敏らしい、読みやすい小説です。楽しみが増えました。

今野 敏 エムエス 継続捜査ゼミ2





継続捜査ゼミシリーズの第二弾です。


三宿女子大人間社会学部教授の小早川一郎は、毎週水曜日に開かれる刑事政策の演習ゼミで取り上げるべきテーマを探していた。このゼミは、研究テーマとして未解決事件を取り上げているところから通称継続捜査ゼミと呼ばれていた。

取り上げるべき事件が見つからないままに、ゼミの流れは冤罪の危険について考える方向になる。

その後三女祭で行われるミスコンへの反対運動の話へと話題は移り、実際、小早川の話を聞きたいと、ミスコン反対派のリーダーといわれる高樹晶という学生が小早川の研究室へと、ミスコンについての小早川の話を聞きたいと現れる。

ところが、小早川の研究室から帰った筈の高樹晶が何者かに襲われけがをするという事件が起きる。

駆け付けた小早川が近くにいた巡査部長の警官と少々もめると、その後すぐに大滝という強行犯係長がゼミの最中にやってきて、高樹晶に対する傷害容疑で任意同行を求めてきたのだった。



目の前にあった今野敏の未読小説を借りてきたら、シリーズの第二弾だったというお粗末。しかし、小説はいつもの今野敏の小説であり、非常に読みやすく、面白いものでした。

ただ、面白い作品であることに間違いはないものの、違和感がありました。今一つのリアリティアがないのです。緊張感がないと言い換えてもいいかもしれません。

それは、女子学生の学問が前提の対話、推論こそを主眼とするゼミを舞台としていますので、発生した殺人事件の犯人を見つけることを目的とするが多い通常のミステリーとは前提が異なり、致し方ないことかもしれません。



しかし、少なくとも本書に関しては、物語の描き方そのものから違う気がします。

それは、一つには主人公である小早川教授の存在感があまり感じられないこと。二つには、女子学生らの活躍する場があまりないので仕方のないことかもしれませんが、女子学生らのキャラクターがあまりはっきりとしていないことがあります。

そして第三に、これが一番大きいのですが、ストーリーがあまりにデフォルメされすぎています。ストーリーが単純化されすぎているのです。

それは、登場人物のキャラクターも含めてという意味であり、主人公の小早川教授を犯人として思い込んでいる大滝強行犯係長の存在自体が単純化されすぎだと感じました。



今野敏の小説自体がストーリーの単純化を一つの特徴としているといってもよく、そのこと自体は決して悪くはないと思っています。

単純化してあるために物語が読みやすく、今野敏の文章の読みやすさも相まって一級の面白さを持つ小説が出来上がっていると思うからです。



しかし、本書の場合、優秀な刑事であるはずの大滝係長が主人公の小早川を犯人と思い込み、本書のテーマにもなっている冤罪事件へまっしぐらに突っ走るキャラを演じさせられている点は行き過ぎでしょう。

今野敏の小説らしい、読みやすく面白い小説です。ただ、本書の主要テーマである冤罪という点について広げるという点で理解はできても、その点は少々残念なところでした。

今野 敏 任侠浴場




『任侠書房』『任侠学園』『任侠病院』と続いてきた、今野敏の大人気任侠シリーズ第四弾です。

今さら言うまでもないのですが、ヤクザが色々なつぶれかかった事業に手を貸し、これを再生してきたこのシリーズですが、今回は文字通り銭湯を舞台にした物語になっています。

端的に言うと、これまでのシリーズの中では一番面白くありませんでした。


話はいつもの通り、持ち込まれた銭湯経営の話に興味を示した阿岐本雄蔵が、代貸日村らを使い潰れかかっていた銭湯経営を立て直すというものです。

本書が他の作品と異なる点といえば、他の三作品に比べ、組長の阿岐本雄蔵自身が乗り出す場面が多いというところでしょう。阿岐本組長の人脈の広さ、知識の深さをフルに活用し、銭湯経営の障害となる事柄をひとつずつ排除していくのです。


それはこのシリーズの特徴でもある心地よさにも繋がるのですが、一方ではあまりに都合がよすぎるという側面も有しています。

ひとつだけ例を挙げると、銭湯経営者の家族の問題が銭湯経営の大きな障害となっていると見抜いた阿岐本組長の指示で、阿岐本組の地元の女子高生を手伝いに呼び寄せ、その子に関心を示した経営者の息子の力を借りることに成功しますが、これなどうまくいきすぎる話の典型でしょう。

年頃の男子高校生が可愛い女子高生に関心を示すことは確かに大いにあることでしょうが、だからと言ってそれまで全く手伝いもしていなかった銭湯の掃除などをやり始めるなど、出来すぎです。


このような疑問点は他にも少なからずありますが、それでもなお、阿岐本組長の話はどこか心に沁みる点があるのも事実です。だからと言っていいものか、話の都合のよささえもユーモア小説の常として無視して読み続けることにそれほどの違和感を感じなくなります。


ただ、本書が一番面白くなかった、という理由は他にあります。それは、銭湯経営の立て直しの方法がこれまでの作品に比してかなり安易に感じられる、という点です。

詳しくは読んでもらうしかないのですが、阿岐本組長の指示通りにすべて展開したとしても、銭湯経営を立て直すことが本当にできるのかという根本的な疑問が残るのです。


とはえいえ、それでもなお、本書は面白い作品ではあります。面白くないというのは他の三作品に比してという話であり、今野敏のユーモア小説としてやはり面白い作品であることに違いはないのです。

今野 敏 道標 東京湾臨海署安積班




東京湾臨海署安積班シリーズ第十六作目の短編の警察小説です。

本書では、この物語の中心人物である安積剛志警部補と交機隊の速水との初任科での姿や、安積警部補と石倉鑑識官との出会いなど、安積班シリーズの隙間を埋める短編集であり、ファンにとってはたまらない作品です。

目次
初任教養 / 捕り物 / 熾火 / 最優先 / 視野 / 消失 / みぎわ / 不屈 / 係長代理 / 家族


『安積班シリーズ』は、臨海署の安積剛志警部補を中心とする捜査班が、個々人の個性を活かしながら、チームワークの力で担当する事件を解決していく姿が魅力となっているミステリーです。

このチームワークは安積班のメンバーだけでなく、鑑識の石倉係長や、交機隊の速水らも加わってのものであり、場合によっては、臨海署全体を一つのチームとして捉えることすらあります。

こうした仲間意識こそがこのシリーズの魅力であるとするならば、彼らの来歴もまた物語の一環としての関心事であることは当然であり、本書はそうした観点から描かれていると考えられます。


また、本書『道標 東京湾臨海署安積班』では、物語の視点を少々変えたり、同じ事柄を別で視点で描きなおしたりと、小説手法としてもいろいろと工夫されていることも見どころの一つと言えるのではないでしょうか。

例えば第一話「初任教養」では、初任科での安積と速水らの姿が描かれていますが、この物語の視点の持ち主「私」は同じ初任科の五人からなる仲間の一人で、名前すら明確ではありません。

この全くの第三者の視点で、安積と速水という人物を客観的に描き出してあり、現在の安積と速水それぞれの正義感、行動力の原点をうまく描写してあります。

また、例えば第四話「最優先」と第五話「視野」では、新任の安積係長のもとで起きた強盗事件を、東京湾臨海署刑事課鑑識係の係長となっている石倉と、村雨秋彦巡査部長のもとで鍛えられている大橋武夫巡査という異なる視点で描き出してあり、短編ではあるものの事件解決の過程の異なる側面を見せると同時に、安積剛志という人物像を立体的に描写してあります。

さらには、このシリーズではまだ新しい水野真帆巡査部長の横顔や、警察ではない東報新聞の山口という記者までも登場させ、多様な視点からの安積剛志を浮かび上がらせてあるのです。

このように、話の登場人物や時代背景、そして物語の視点を変えながら安積警部補という人物像を多面的に見つめなおすと同時に、チーム全体にも光を当てた読み応えのある一冊になっています。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR