FC2ブログ

辻堂 魁 銀花 風の市兵衛 弐





新シリーズ『風の市兵衛 弐』の第三弾です。



北最上藩石神伊家の五中老筆頭の中原恒之が、番方詰所の川波剛助という番方に斬られ命を落とした。御側役の忠犬と呼ばれていた川波は、その御側役の宝蔵万右衛門に即刻斬られてしまう(序章 忠犬)。

その数日前、北最上藩石神伊家馬廻り役助の金木脩は、柳橋北の船宿≪川口≫に呼び出されていたが、隣の部屋で騒いでいた浪人たちに襲われ重傷を負う。からくも脱出した脩は市兵衛に連絡を取るのだった。(第一章 大川)。

北最上藩の金木家へとやってきた市兵衛は、金木家の当主金木清太郎や、隠居の了之助らに脩の事情を報告していた。そこに入会地である≪神室の森≫の石神伊家による召し上げの話が持ち上がる。この≪神室の森≫は徳川家康のお墨付きのある中原家の領地であり、絶対に認めることはできないものだった。
了之助と共に≪神室の森≫へと赴いた市兵衛だったが、既にこの≪神室の森≫での立木の切り倒しが始まっていた。切り倒しの役人らを退けた市兵衛は、中原了念ら中原家長老らに会い、家康の記したお墨付きを持っての了之介の江戸行きの警護をすることを引き受けるのだった(第二章 羽州街道)。



今回の市兵衛はかなり読み応えがありました。

小弥太と織江の父親である信夫平八郎が出奔するきっかけともなった金木家の属する中原一門とと宝蔵一門との対立は、藩主石神伊隆道を抱え込んだ宝蔵家の強引な措置により表面化し、金木家と宝蔵家とが正面から対立することになります。

そのあおりで江戸で瀕死の重傷を負わされた金木脩ですが、市兵衛は脩の話を聞いて北最上藩へ行くことになるのです。

脩の受傷から市兵衛の旅立ち、金木家、そして中原家との交誼を経て、昔からの入会地である≪神室の森≫での宝蔵家との衝突を経て、中原一門の幕府への訴えという物語の流れが丁寧に説明されていいます。

その上、主人公が他藩の抗争に絡んでいく必然性を、読みやすい文章の中で説明的でなく描きこんであるために違和感無く感情移入することができます。

勿論、痛快小説の醍醐味である剣戟の場面も十分に描いてあり、市兵衛の魅力が過不足なく描きこまれているのです。

市兵衛の絡む恋模様を期待させるような描写も少しですがありましたが、本巻終了時点では何の変化もありませんでした。もしかしたら今後の展開に期待すべきかもしれませんが、そうしたこともなさそうなままに終わっています。



北最上郡の石神伊家の絡んだ話は多分本書で終わるでしょうから、今後の展開がどのようになるものなのか、期待したいものです。

辻堂 魁 修羅の契り 風の市兵衛 弐





近頃体調があまりよろしく無く、本は読んでいてもそれを起こすまでには至りませんでした。今後も間はあくと思いますが、よろしくお願いします。



本書は、『風の市兵衛』新シリーズの第二弾です。

前巻で、南町奉行所臨時廻り方掛の宍戸梅吉が率いる捕り方の手から逃げおおせた殺し人の元締めの多見蔵は、信夫平八の仇である紺屋町の文六とその女房お糸を殺害すべく、別な殺し人に依頼します(序章 六道の辻)。

市兵衛自身は、自分が手に掛けた信夫平八の二人の子、小弥太と織江をつれ、新しい住まいへと移り住んでいました。

また、新しい生活のために渡り用人として家禄千二百石の旗本・大久保東馬に仕えることとなります。しかし、そこには用人の大木駒五郎という人物がすでにおり、市兵衛は大木の使い走りをさせられるだけでした(第一話 土もの店)。

一方、信夫平八と由衣の出奔する原因を作った宝蔵家の三男であった竜左衛門は、江戸でヤクザの用心棒をして糊口をしのいでいました。そこに平八と由衣の子らの消息を知り、仕返しをすると決意します。

その頃、大久保家から暇を出された市兵衛は、小弥太と織江とが行方不明になっていることを知るのです(第二章 仕かえし)。



前巻でシリーズも新しくなり、市兵衛の過去につながる話が展開されるものかと思っていたところ、少なくとも本書においてはそうしたことにはなりませんでした。

「第二章 仕かえし」までは、市兵衛が渡り用人として仕えた大久保家での出来事が中心となって展開します。

この大久保家での出来事はこの物語のメインストーリーではないのですが、市兵衛の優しげな風貌から市兵衛を軽んじる大久保とこの大久保家を食い物にしている大木とのやり取りが結構面白いのです。また、市兵衛本来の用人としての顔が非常に頼もしく、面白い展開になっています。

その後、小弥太と織江とをめぐる話となっていくのですが、そこに多見蔵と文六親分との確執、それに竜左衛門と信夫平八と由衣との物語が絡んでいきます。



このように、本書では色々な話が入り組んでいます。大きくは大久保家での市兵衛、そして信夫平八関係の話という二本の柱があります。大久保家での市兵衛の話だけは他から切り離して、これだけで一編の物語ができるのではないかと思うほどです。

この信夫平八関係の物語として、竜左衛門と信夫平八と由衣との物語があり、さらに文六親分と多見蔵の意を受けた三兄弟との話、それに、多見蔵と市兵衛との信夫平八をはさんだ確執という流れがあります。



この物語を終え、市兵衛は再び一人になります。今後どのような展開になっていくのか、再び吉野の一族が登場し、市兵衛が自分の過去と向き合う話になるものなのか全く分かりません。

今後の展開を楽しみに待ちたいと思います。

辻堂 魁 暁天の志 風の市兵衛 弐




『風の市兵衛』シリーズも本巻から第二部が始まります。

この新しいシリーズでは、市兵衛の過去が明らかにされていくようです。興福寺で剣の修業を積んだことはこれまでも何度も紹介されていましたが、本書では、そこに至るまでの市兵衛の両親、そして祖父忠佐衛門のことまでも明らかにされています。

シリーズの展開が今後どのようになっていくものかはいまだはっきりとはしませんが、大きく変わっていることは、これまで皆が集まっていた一膳飯屋の喜楽亭が無くなってしまったことでしょう。

というのも、皆が名も知らず、ただおやじと呼んでいた亭主が卒中でで急死してしまったのです。いつの間にか居ついた野良犬の居候は鬼しぶが連れていったといいます。

今後、仲間が集まる場所はどうなるものか、候補となる居酒屋が登場してはいますが、これも今後どのようになるのか、いまだはっきりとはしません。

そうした変更点もありつつ、本書『暁天の志 風の市兵衛 弐』で一番の注目点は、市兵衛自身が吉野まで赴き、村尾一族の長に会い、自分の来歴をきちんと認識することになる、ということだと思われます。

そこで会った長は百十九歳にもなる篠掛(ささかけ)という名の老婆でした。その篠掛から、篠掛の娘で市兵衛の祖母にあたる梢花と市兵衛の祖父唐木忠佐衛門との話、そして忠佐衛門の娘で市兵衛の母の市枝と片岡賢斎との話など、市兵衛のこれまでの背景が明らかにされるのです。

その他にも市兵衛の身の回りに大きな変化が起きますが、その様子も今後の展開を待たなければどのように展開するものなのかまだ分かりません。

勿論、市兵衛の活劇場面も用意してあります。その上で、市兵衛に世話をしていくべき子らができたりと、なかなかに盛りだくさんの内容でもあります。

新シリーズとなって、市兵衛の環境は大きく変わりそうです。その上で、村尾一族と市兵衛とはどのような関係になるものなのか、これまで通り孤高の市兵衛でいるのか仲間ができるのか、今後の展開を早く読みたいものです。

辻堂 魁 天地の螢 日暮し同心始末帖4




日暮し同心始末帖シリーズの第四弾です。

今回は、ある人間の、その生い立ちから今に至るまでの、悲劇的というしかない歴史に隠された一人の人間の悲哀を背景に、事件解決に奔走する龍平の姿が描かれています。

これまで、このシリーズでは「あらすじ」を各章ごとにまとめていましたが、やはりどうしてもネタバレ的でありよくないと思いなおしました。

あらすじは、公開されている「「BOOK」データベース」に任せることにします。


両国川開き大花火の深夜、薬研堀で勘定組頭が斬殺された。刀を抜く間も与えぬ凄腕に、北町奉行所平同心の日暮龍平は戦慄した。先月の湯島切通しと亀戸村堤での殺しに続く凶行だった。探索の結果、いずれの現場近くにも深川芸者くずれの夜鷹の姿が。やがて、人斬りと女のつながりにとどいた龍平は、悲しみと憎しみに包まれた真相に愕然とし―剛剣唸る痛快時代! (「BOOK」データベースより)



結局このシリーズは前回書いた「弱者の悲哀」という視点を持ったシリーズとして展開していくようです。ひたすら耐えるしかない弱者の怨み、憎しみを代わりに晴らす、という痛快小説の一つの形を踏襲していくと思われます。

ただ、本書『天地の螢』は、その路線そのままではなく、本人の復讐譚という話になっています。

それはそれでひとつの形であり、勿論本書も面白い物語です。

物語の展開として、話の筋の進め方、その場の舞台背景の描写など、読み手が次第に物語世界に引き込まれる描き方ができていて、違和感を感じることなく物語世界に入りこめるのは、やはり作者の腕のためだと思われます

先にも述べたように、このシリーズは決して明るい物語ではありません。でありながら、物語が暗く、そして重くならないのは、本書の最後での龍平と俊太郎との会話で場面で、

「俊太郎に倣って、真っ直ぐ前を見つめた。すると、ささやかだがとても清々しい気分が胸いっぱいにあふれた。父と子の進む道の先には、晩夏の果てしない青空が広がっていた。」


と描写されているように、主人公らの姿がいつも前を向いていて、決して後ろ向きではないことにその一番の原因があるのだと思います。

このところ、辻堂魁の小説にはまり、全部の作品を読破する勢いで読んでいます。それだけ私の好みに合致しているのでしょう。

痛快時代小説の今一番の作家さんだと思います。

辻堂 魁 冬の風鈴 日暮し同心始末帖3





日暮し同心始末帖シリーズの第三弾です。

序 三年三月
小石川小日向の質屋朱鷺屋長佐衛門が金と命を奪われてから三年と三月がたったころ、石川島人足寄せ場から解き放ちとなった常州無宿鉢助は、翌朝佃島の沖で死体となって見つかった。

第一話 春蝉
龍平は、鉢助が人足寄せ場におり、その前は越中島の岡場所で二十両の散財をしたのちに物乞いとなり、無宿人狩りに遭ったことを調べ出す。その後、鉢助の家を訪ねると、鉢助という男は既に死んでいたことが判明するのだった。

第二話 冬の風鈴
鉢助の死に関係する常次という男を使っていた火付け盗賊改同心土屋半助が龍平を訪ねてきて、常次は朱鷺屋長佐衛門妾宅への押し込みの一人の鉢助こと伝七を追っていたので、あとは自分に任せてほしいと言ってきた。

第三話 おぼろ月
朱鷺屋長佐衛門妾宅への押し込み殺の一人と思われる忍平ノ介の捕縛に、平ノ介の兄と名乗る男が同道させてほしいと言ってきた。平ノ介の過去にひそむ悲哀を胸に含み捕縛に向かう龍平だった。

桔 一刀龍
俊太郎が喧嘩をした相手に謝りに行く龍平は、傲慢な相手の親の言い分に従い試合をすることになる。


前巻で感じた「弱者の悲哀」という視点は今回もそのままでした。このシリーズの色合いとして定着していくのでしょうか。

本書ではやはり虐げられていた一人の女性が、妾としてでもまた旦那となる男からひどい仕打ちを受けている姿が描かれています。こうしてみると、この作者の『風の市兵衛シリーズ』よりも、『夜叉萬同心シリーズ』の方により近い雰囲気を持っていると言えるのでもしれません。

前作でもそうでしたが、本書は弱者を食い物にする非道の輩をやっつけるという王道の痛快ヒーロー時代小説です。

ただ、描かれる弱者が、前巻の濡れ衣を着せられた市井の銀吹き職人とその家族や、本書で描かれる家族のために身を売り、そして身請けされて妾となった女やその想い人などのように、虐げられてもなお生き抜こうとしますが更に試練が加えられるという、決して痛快小説というわりには明るくない内容なのです。

それでも、物語として重く、暗い話とはなっていないのは、主人公の龍平自身の持つどこかのんびりとして、捉えどころのない人柄や、龍平の家族のほのぼのとした雰囲気などにあると思われます。

周りからは、「その日暮らし」の使い勝手の良い下っ端、とみられている龍平が、実は剣をとっては奉行所一の腕を持つ、という痛快小説の定番を押さえてありながら、それがありふれた話になっていないのも、こうした設定のためであり、つまりはこの作者の手腕によるものでしょう。

そうした痛快さが堪能できる一編として、本書の「桔 一刀龍」などは典型的な話です。しかしながら、そこにカタルシスを十分に感じることができるのですから、この作者からは目が離せません。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR