逢坂 剛 兇弾 禿鷹5


禿鷹シリーズの第五弾です。

悪徳刑事、禿鷹は死んだはずだった。だが、彼が同僚・御子柴に託した神宮署裏帳簿のコピーは、警察庁に致命的打撃を与えるものだった。悪事を表沙汰にする特別監察官・松国らの動きに、凶悪な女警部・岩動は街のマフィアも繰りながら、帳簿回収に動く。暗闘に次ぐ暗闘。息つく暇もない禿鷹シリーズの最新章。(「BOOK」データベースより)

本書は、前作で意外な終わり方をしたためどのようになるのかと思っていたところ、神宮警察署のハゲタカこと禿富鷹秋刑事の残した神宮署裏帳簿のコピーを巡る暗躍という物語でした。

このシリーズは、当初はマスダと称される南米マフィアと渋六興業というヤクザとの抗争に神宮署生活安全特捜班の禿富鷹秋刑事、通称ハゲタカが絡んだ物語として始まったのですが、禿富刑事の思惑通りにマスダは撤退し、渋六興業もメインの筋からは退いて、野田と水間個人のみが物語に関連しているだけになりました。結局、メインは神宮署を中心とした物語に集約されてしまったわけです。

そして、本書。禿富刑事の残した帳簿のコピーをめぐり、警察そのものの組織としての話へと変化しています。登場人物も、前作で現れた禿富刑事と同じ神宮署の生活安全特捜班に所属する女警部岩動寿満子を中心に、やはり前作から登場の同じ特捜班の嵯峨俊太郎、そして御子柴繁や警察庁幹部の松国や朝妻らがコピーをめぐり腹の探り合い、強奪、そして殺人とめまぐるしく展開します。

忘れてはならないのが、禿富鷹秋刑事の妻禿富司津子の存在です。前作の最後で少しだけ顔を見せたかと思うと、今回はかなりの比重を持って描かれています。逆に存在感があり過ぎるともいえるかもしれません。

ただ、やはり禿富鷹秋刑事のいないこのシリーズは、どこか芯が無く、半端な印象は否めませんでした。それだけ禿富刑事の存在感は強烈だったということなのでしょう。彼の穴を埋めるだけのキャラはそうは出てこないということでした。

逢坂 剛 砕かれた鍵 (百舌シリーズ)


百舌の叫ぶ夜』から数えての『百舌シリーズ』の第三作目です。

警察官が関連する事件が続発した。麻薬密売を内偵中の特捜隊の警部補とその同僚の巡査部長が射殺され、麻薬吸引者の元警察官に婦人警官が刺殺された。何か巨大な陰謀が警察内部で進んでいると踏んだ警察庁特別監察官の倉木尚武は、復讐に燃える美希、探偵となった大杉らと共に、執念の捜査を開始する。そして“ペガサス”という名の謎の人物にゆき当たるが…。シリーズ第3弾。 (「BOOK」データベースより)

第二作目『幻の翼』でも思っていたのだけれど、本書に至ってテレビ版の「MOZU」と小説版とは全く異なる物語だということが明確になりました。珍しいことに、そのどちらもが面白い、というのが不思議です。

本書での倉木は明星美希と結婚をし、子供まで出来ています。しかしこの子供が先天性の難病にかかっており、物語は美希が子供の治療費、入院費の捻出に苦労している様子から始まるのですが、この子供が美希の母ともども爆弾の犠牲になってしまいます。

この物語のストーリーは複雑です。複数の話が同時に語られ、後に相互に関連してくることは分かっていても、登場人物が錯綜し、若干混乱してしまいそうになりかけました。

一つには、倉木と美希との息子に起きた事情により、美希が復讐に燃え犯人を探す流れ、もう一つは監察官である倉木の警察内部の不祥事の捜査、更には相次いで出版されている警察内部告発本出版社の、警視庁内部に通じるルートの解明に力を貸す大杉の調査、加えて更なる警察の不祥事事件と、幾本もの筋が流れているのです。

ただ、この作家の筆の力強さはそうした読者の戸惑いをも強引に引っ張っていきます。そうして、明確な物語の筋を見失いそうになりながらも読み進めていくと、幾本かの探索の流れが一つの流れに収斂していくのです。

途中、中核になる登場人物の生死不明の状態がありながらもクライマックスヘ向かってなだれ込み、そして予想外の結末を迎えます。このシリーズはこの先どう展開するんだと、人ごとながら心配にもなる展開になる驚きと共に、早くその先を読みたいという気にもなる結末でした。

逢坂 剛 幻の翼 (百舌シリーズ)


『百舌の叫ぶ夜』を実質上の第一作とする『百舌シリーズ』の第二作目です。シリーズ第一作目との位置づけである『裏切りの日日』は、主人公が公安刑事で津城警視が登場するという点が共通するだけなので、別シリーズと考えたがいいでしょう。

稜徳会事件から一年三カ月が経ち、倉木は警視となり、明星美希は公安部の外事課へと配置替えになっていたが、何故か捜査一課の大杉良太警部補は、警部補のまま新宿大久保署の防犯課保安一係長へと配転されていた。倉木は稜徳会事件の真相を自身の口述で明星にタイプさせ、大杉に頼んでマスコミに流そうとするが上手くいかない。そんな中、北朝鮮の工作船でシンガイという名の男が日本に潜入したとの情報が入る。そして、倉木は稜徳会の関係者という男に措置入院の名目で拉致されてしまうのだった。

驚いたことに、前作『百舌の叫ぶ夜』を読んでから既に一年半以上もの間が空いてしまっていました。もう内容もうろ覚えなのですが、本作を読んでいるうちに次第に思い出していました。

今回は倉木というよりは大杉の活躍が目立ちます。というよりも倉木はほとんど活躍せず、そのために明星が調べ、大杉が行動するという役割分担でしょうか。勿論、きちんと割り振られているわけではなく、それぞれの動きを大きく分ければ、という話ですが。

そして、倉木と明星との接近が急激です。更にはベッドシーンまで用意されていたのにはおどろきました。とは言っても通常のそれではありません。

前作でもそうだったのですが、本書では更にテレビドラマとの差異が明確になっています。まるで別作品と言ってもよさそうに異なります。本シリーズはそれぞれの巻がそれなりに独立した話としても読めそうな構造ですが、テレビドラマ版はそうではなく、全編が一つの物語でした。

また、倉木と明星との関係もテレビドラマ版では異なっていました。一番違うのは敵役です。本書で言うと稜徳会及びその背景にいる森原法務大臣が敵役ということになるのでしょう。また、稜徳会病院の看護士が具体的な暴力装置として配置されています。彼らと倉木や大杉、明星との戦いという構図です。

でも何といっても、クライマックスで示される謎ときが圧巻です。誰をも信じることができない騙し合いの連続です。この場面で美希が感じた「すべての人間がすべての人間を騙そうとしている。ここにいる人間の大半が嘘つきだった。」という思いが全てを表しているようです。

読み終えた途端に続きを読みたくなりました。倉木は、明星は、そして大杉や津城はどうなるのか、早く知りたい気持ちでいっぱいです。

逢坂 剛 禿鷹狩り 禿鷹4(上・下)



禿鷹シリーズの最終話です。意外性満載の展開になりました。

あんたの仕事は、ハゲタカを消すことにある。そう、神宮警察署の悪徳刑事・禿富鷹秋を狩り立て、この世から抹殺するのだ―ヤクザも南米マフィアも手玉にとるあの極悪刑事の前に、最強の刺客が現われた。巧妙に仕掛けられた執拗な罠を、果たして潜り抜けることは出来るのか!?(上巻)
渋六興業と禿富鷹秋の癒着関係を暴き、警察組織から追い出しにかかる―ハゲタカを執拗に追い回す敵は、同じ神宮署生活安全特捜班に所属する、屈強でしたたかな女警部、岩動寿満子だった。寿満子は渋六の野田に、チャカ五挺と引き換えにある裏取引を持ちかけるが…稀代の悪徳刑事を衝撃のラストが待つ。 (下巻)
(「BOOK」データベースより)

ハゲタカを演じるとしたら誰だろうと思いながら読んでいました。思いついたのが、ベタなところで遠藤憲一。一昔前では強面というだけで室田秀夫や、ちょっと優しい面もあるけど川谷拓三も良いかななどと思っていました。しかし、解説を読んで驚いた。リチャード・ウィドマークだとは思わなかった。

シリーズ当初は渋六興業と禿富鷹秋対南米マフィアのマスダという構図だったのですが、シリーズが進むにつれ、警察内部の対立に重点が移ってきました。そして本書。とうとう、マスダは重要ではありますが、脇役に回ってしまいます。

代わって登場したのが、神宮署生活安全特捜班所属の警部岩動寿満子です。この女が女版ハゲタカとも言うべき存在であり、禿富刑事と渋六興業の水間や野田らの前に立ちふさがります。岩動警部とコンビを組まされている嵯峨俊太郎警部補もミステリアスな雰囲気を持っていて、魅力的です。

本書においても、物語の軸として描写されることが多いのは相変わらず水間です。実際は禿富刑事が状況を仕切る結果になってはいくのですが、舞台は水間の視点で語られる場面が多いのです。しかしながら、禿富刑事の存在感が圧倒的なので、水間も野田も、勿論その他の登場人物も、禿富刑事の動きに振り回されていくのはこれまでと同様です。

しかし、禿富刑事を鏡に映しだしたような岩動寿満子の登場は、本作をこれまでのシリーズとは異なる物語としています。マスダが脇に回ったということです。

そうした二人の対決場面の、下巻に入っての禿富刑事と岩動寿満子との取調室でのせめぎ合いは圧巻です。二人がそろうと、やはりその存在感においてハゲタカのほうに軍配が上がるのは仕方がありませんが。

その後、終盤に向かって物語は加速し、衝撃のラストへとなだれ込みます。

そして、意外な結末のあとに、更に新たな事実が判明し、ある人物の独白で物語は終わりますが、この独白の意味をどう解釈していいのか、迷っています。受け取り方次第では、更に明かされた事実と合わせて禿富刑事の築き上げられてきた印象も変わるし、ということはこのシリーズ全体のイメージも大幅に変わってしまうからです。

このあとに外伝があるそうなので、そこで明らかにされれるのでしょうか。

逢坂 剛 裏切りの日日


警視庁公安部特務一課係長の桂田渉は右翼の大物の遠山源四郎から呼び出しを受ける。極左テロ集団である「東方の赤い獅子」から殺害予告を受けた遠山は、公安に入ったそのテロ集団に関する情報を知らせろというのだ。一方、桂田の相方の浅見誠也は敏腕刑事である桂田に傾倒していたが、ある日警察庁警務局の津城警視から、桂田についての情報の密告を依頼されるのだった。

逢坂剛の人気シリーズの一つである『MOZU』の第一作という位置づけの作品です。実際は、共通の登場人物として津城警視が出てくるというだけの別作品と言うべきでしょう。ただ、作品の雰囲気は同じです。

公安の腕利き刑事として名の高い桂田は、悪徳刑事としての一面も持っています。どこか逢坂剛が作り出した人気キャラクターであるハゲタカこと禿富刑事を思わせる雰囲気や腕力を持っています。でありながら、仕事一途な側面もあり、そのために妻にも逃げられた過去を持つのです。

また孤高であり、人を寄せ付けないところなどは『百舌シリーズ』の倉木尚武警部を思わせる雰囲気もあります。

何より、本書を『百舌シリーズ』の前日譚的位置付けをするとき、津城警視を無視することはできません。本書の本当の主人公はこの津城警視ではないかと思わせる程なのです。

ただ、私はまだこのシリーズの『百舌の叫ぶ夜』しか読んでおらず、津城警視のこのシリーズでの位置づけをよく知るものではありません。今後このシリーズの中でどのような活躍を見せるものなのか、それもまた楽しみでもあります。

本書では中盤で、ある事件の謎ときが提起されます。その謎解きが物語の根幹にかかわるほどのものなのですが、個人的には、この大仕掛けの必要性があまり感じられず、若干ですが気をそがれました。もう少し簡単な方法がありそうだと思えてしまったのです。

こうした点も含め、本書の物語の完成度は決して高いとは思えませんでした。とはいえ、本書の出版年が1981年で、直木賞、日本冒険小説協会大賞を受賞した『カディスの赤い星』よりも5年も前のことであり、ごく初期の作品であるところからすると、逆にこれだけの作品を書いていることのほうが凄いと言わざるを得ません。

結局、先に述べたような若干の不安定要素はありながら、どちらかと言えば重いトーンで彩られているこの物語ですが、読者を惹きつけて離さないだけの魅力は持っている小説なのです。

『百舌シリーズ』も間が空いてしまい、そろそろ次を読みたくなりました。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR