FC2ブログ

黒川 博行 破門 - シリーズ疫病神


『疫病神』シリーズの5作目です。『疫病神』 『文福茶釜』『国境』『悪果』と直木賞の候補になり、やっと本作で第151回直木賞を受賞されました。

二宮が、「疫病神」だから、と敬遠したい極道の桑原は、兄貴分である二蝶会若頭の嶋田と共に、映画制作の話に乗り出資をするが、プロデューサーの小清水は行方をくらませてしまう。二宮が世話になっている嶋田の好意で、二宮の名義でも出資してあるらしい。桑原と二宮はマカオまでも小清水を追って飛び回るが、その先で衝突したのは同じ神戸川坂会ではあるものの、二蝶会とは格上の亥誠組系列の滝沢組の者だった。

このシリーズの一番の魅力は、何と言っても建設コンサルタントである二宮とヤクザの桑原との掛け合いですが、それは本書でも健在です。

黒川博行氏の芥川賞受賞に際してのインタビューの中で、「スーパーヒーローではない、地に足のついた二人が主人公」だという意味のことを語っておられました。確かに、二宮は素人であり、もちろん喧嘩は見事に弱いですし、ヤクザの桑原も無鉄砲な男でそれなりに強いのですが、何かと袋叩きにあい、病院に駆け込むことが続きます。そういう意味では普通の男たちなのです。

その男達が、互いにけなし合いつつ、内心で「死ね」と思っていながら、どちらかが本当に危ない状況になると、自分の身を賭して助けに駆け付けます。ある意味バディものにもなっていると言えそうです。

更には、ヤクザものとしての魅力も兼ねそなえて言えます。桑原が喧嘩をするときも、組の力関係を念頭においていますし、若頭の嶋田が前面に出る時もそうです。嶋田が出てくるときは腕力ではなく、腹芸で相手の幹部クラスと渡り合います。ここらは、昔読んだ任侠ものとはまた異なるジャンルの面白さがあります。

平成23年春から施行された大阪府の暴力団排除条例を背景にして、シノギ(収入及び稼ぐ手段)の厳しくなったヤクザ、そして建築現場でのヤクザ対策としてヤクザを使う「サバキ」を業務とする「暴力団密接関係者」の二宮、共に収入が厳しくなっているという現実が背景になっている物語です。さすがの桑原も詐欺師の小清水には騙され続けます。そして、またどこまでも追い続けるのです。その道中が二人の掛け合いです。

細かなところまで書き込まれ、リアリティに満ちたこの小説は、エンターテインメントとして一級の面白さを持ったシリーズです。とにかく、ヤクザ社会のトリビア(不要と言えば不要な知識です)をちりばめながら、さすがの桑原も騙され続ける本書は、意外な結末を迎えます。続編で早くその後の桑原の消息を知りたいところです。

黒川 博行 悪果


この作者の作品としては、『疫病神シリーズ』以外では初めて読んだ本です。この作者の入念な取材と、それに基づく緻密な描写、きちんとした構成はどの作品でも同じなのだ、というのが最初の感想です。

大阪府警今里署の暴力団犯罪対策係に所属する巡査部長の堀内信也は、ネタ元から、管轄内の暴力団である淇道会が、賭場を開くという情報を掴む。防犯係を挙げての捕物に他の部署からも応援を得て、相棒の伊達と共に開帳の現場へと乗り込む。捕まった客らの情報を流し、強請りの分け前にあずかっていた堀内だったが、次第に身辺にきな臭いものを感じるのだった。

主人公の堀内や伊達とヤクザ連中との麻雀の場面から本書は始まります。堀内らが負けたらツケで、勝ったら容赦なく取り立てる、その描写から始まるのです。本書の性格が一発で分かります。

本書の前半は、ネタ元から仕入れてきた博打のネタの裏付け、そして取り締まりの手配と、賭博開帳での逮捕に至るまでの警察の行動の手引き、とでも言うべき流れになっています。それが実にリアリティを持って描かれているのです。これは『疫病神』シリーズでも同様でしたが、細かな書き込みにより、一つの行動にきちんとした意味付けが施されているので、読者はただ作者の指示通りに読んでいくだけ、という印象です。

ただ、主人公がヤクザ以上にヤクザっぽい警察官である点が異なります。警察の裏金や、一般に「マル暴」と称される部署の情報収集にかかる必要悪が、丁寧に示されています。出て来る警察官全てが「正義」という言葉は机の上に飾っているだけなのです。小説だから他人事のように読んでいますが、全面否定できないところに哀しさがあります。

後半になると、預かり物を持っていると誤解している何者かから、堀内が襲われます。何故自分が襲われなければならないのか、襲撃者が探しているものとは何なのか、その謎を追う堀内の行動は、一気にサスペンス色が満載の展開になります。

そして、前半の賭博の場面が重要な意味を持ってくることになるのですが、この後半の展開では『疫病神』で見られたコミカルな掛け合いはあまり見られなくなり、逢坂剛の『禿鷹』を思わせるワルの活躍する物語へと変身するのです。

緻密な構成と、大阪弁で繰り広げられる軽妙な掛け合いが魅力の黒川ワールドは、少々腰を据えて読む必要はあるかもしれませんが、一読の価値ありです。

黒川 博行 螻蛄(けら) - シリーズ疫病神


ヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮とが活躍する「疫病神」シリーズの4作目です。桑原は変わらずに金の匂いを嗅ぎつけるとどこまでも喰らいついて行こうとするし、二宮は桑原に振り回され続けています。今回桑原が目をつけたのは、宗教界です。シリーズの他の作品も長めなのですが、本書も文庫本で746頁という長編です。しかし、その長さをほとんど感じさせないほどに引き込まれてしまいました。

巨大宗教の伝法宗本山から、宗派宝物の絵巻物『懐海聖人絵伝』三巻が就教寺に貸し出された。就教寺住職の木場は、その絵伝をもとにひと儲けを企んだが果たせず、二千万円の手形だけが桑原の手元にまわって来る。金の匂いを嗅ぎつけた桑原は、就教寺の檀家である二宮を手伝いにひと儲けを企むが、東京のヤクザをも巻き込む騒動となるのだった。

相変わらず、敵対するヤクザグループに捉えられ、顔が人前には出れないほどにまで殴られる二宮であり、ぼこぼこにされるのは捕まる方が悪いととぼける桑原です。そのくせ、桑原が殺されるかもしれないとなると、自らの命の危険もかえりみず救出に向かう二宮がいるのも変わりません。

そう言う意味では、このシリーズも寅さんの映画のようにパターン化しているのもしれませんが、そのパターンはこの二人の掛け合いが同じというだけで、物語自体はそれぞれに全く異なります。そして、その異なる物語の舞台背景、一作目の『疫病神』は産業廃棄物処理事業にまつわる利権、二作目の『国境』では北朝鮮を舞台にした追跡劇、未読の三作目『暗礁』は「宅配業者と警察の癒着に絡む裏金」ですが、その調査力というのか、取材力といっていいのか分かりませんが、リアリティがあるのです。

ですから、二人のコミカルな掛け合いに引き込まれていても、物語としてきちんと成立しているので、読んでいて違和感を感じずに、引き込まれていくのだと思います。

また、今回は桑原の兄貴分である、二蝶会の若頭である嶋田が少しですが前面に出て来ます。この嶋田の、敵対するヤクザとの駆け引きがまた迫力があります。本書は桑原という極道を主人公にしている点でピカレスク小説の一面もあるのでしょうが、桑原の迫力もさることながら、嶋田のような男がもう少し活躍する場面も読んでみたいと思いました。

決してヤクザ礼賛になってはいけないとは思うのですが、東映映画で健さんや文太に、また尾崎士郎が描いた『人生劇場』の飛車角に魅せられたように、誰しも負の側面に惹かれる一面があるのでしょう。

この作家の他のシリーズを読んでいないので、違う色の作品も読んでみたいものです。

蛇足ながら、本シリーズは私の好きな役者の北村一輝が桑原を演じ、衛星放送スカパーでドラマ化されるそうです。DVD化もされるそうなので、是非見たいとおもいます。

黒川 博行 国境


先に読んだ『疫病神』での掛け合いをそのままに、相変わらず調子のよいコンビの登場です。何と今回の舞台は北朝鮮です。

建設コンサルタント業の二宮は自分が仕事の仲介をした相手が、また暴力団幹部の桑原は自分の兄貴分が、夫々に詐欺師の口車に乗せられてしまいます。二人はそのしりぬぐいのために、詐欺師を北朝鮮まで追いかけて例のごとく騒動を巻き起こすのです。

著者がこの作品のために実際北朝鮮に行かれたのかどうかは不明ですが、巻末に記されている資料の数は膨大です。六十冊は軽く超えていると思われます。ですから、その描写は実に詳細で、実際に現場に行かれたのではないかと思わせる書込みなのです。

その北朝鮮を舞台に、暴力団幹部の桑原と建設コンサルタント業の二宮との珍道中が繰り広げられます。珍道中とは言っても、場所は北朝鮮であり、桑原はヤクザですから、単なるコメディとは違い、どこかシリアスで侠気(おとこぎ)に満ちており、ストーリーに引き込まれてしまうのです。

著者がインタビューに答えた文章がネットにありました(こちら)。そこでの記述によると、このシリーズは大ヒット映画『悪名』(今東光原作、1961年)にヒントを得ているそうです。勝新太郎と田宮二郎のヤクザと堅気のコンビが活躍するこの映画は、私が学生の頃にテレビで放映されているのを見た覚えがあります。言われてみればこのコンビだと納得です。

また、「リーダビリティー(読みやすさ)」を意識し、そのリーダビリティーとは「キャラクター」だとも言われています。「あとは会話やアクションのテンポ。早く展開するように、ハリウッドのエンターテインメントが勉強になっています。」と述べられているのですが、まさに著者が言われる通りの物語が出来上がっています。

私達が報道で見聞きすることはあっても、その内実は殆ど知らない北朝鮮という国。観光客には必ず案内員と称する監視がつき、その指導に従わなければなりません。勿論、物を言うのは金で、北朝鮮の警察組織にあたる社会安全員さえも金で動きます。

ちなみに、ウィキペディアによると、「社会安全員」とは以前は社会安全部と呼ばれていましたが、2000年4月に人民保安省、2010年に人民保安部と改称され、国防委員会の直属機関となり、現在(2015年)に至っているそうです。

私達平和日本に住む国民には理解できない国。勿論日本の常識が通用する筈も無く、少しの違反でも命取りになりかねない彼の国が舞台です。しかし、桑原はあいも変わらずにマイペースで、その桑原に振り回されているのがこれまた同様の二宮なのです。

著者の言うように、読者を楽しませることを目標に書かれたこの本は十二分にその目的を達していると思います。

黒川 博行 疫病神

疫病神 (新潮文庫)疫病神 (新潮文庫)
(2000/01/28)
黒川 博行

商品詳細を見る

『破門』という作品で2014年の直木賞を取った黒川 博行という作家の作品を、どうせならシリーズの最初から読んでみようと思い借りた作品が本書です。結論から言うと、実に面白い。登場人物のキャラも見事で主人公の二人の掛け合いは上質の漫才の掛け合いにも似て小気味いいのです。本書も第19回吉川英治文学新人賞と、第117回直木三十五賞の夫々の候補作品となっています。

建設コンサルタントの二宮啓之は富田林の産業廃棄物の中間処理業者である小畠総業の小畠一三の訪問を受けた。富南市(とうなんし)の天瀬(あませ)に廃棄物を埋める最終処分場を作る計画があるが、地元の水利組合がごねているという。そこで、その組合長の印鑑を貰うために組合長の弱みを探ってほしいというのだ。高額の報酬につられた二宮はその仕事を引き受ける。しかし、巨額の金が動く処理場の開発には様々な思惑が絡み、また、二宮が仕事を依頼してる二蝶会の桑原という男が金の匂いを嗅ぎつけてしゃしゃり出て来るのだった。

全編が産業廃棄物処分場に絡むゼネコンから暴力団までの様々な思惑が入り乱れます。産業廃棄物処理場なるものの開発にどのような手続きや根回しが必要なのか、全くその世界を知らない身としては驚きの連続です。勿論小説ですのでデフォルメはあるでしょうが、それにしても良く調べられ、リアリティのある背景を仕上げてあります。

何といってもこの小説の一番の魅力は先にも書いた二宮と桑原との掛け合いでしょう。大阪弁そのままに交わされる二人のやり取りはユーモアに満ちており、大変にリズミカルで小気味いいのです。

ヤクザとしてそれなりに名の通った桑原の、「金」を行動原理の全てとする様は徹底しています。一円にもならない仕事は歯牙にもかけません。たとえそれが二宮の命がかかっているような頼みごとであっても、自業自得や、と言いきってしまうだけです。一方の二宮は博打で借金をこさえ、その返済に汲々としているどうしようもない男です。しかし、どこか根底で譲れない芯を持っており、途方も無い無茶をしでかしたりします。

そうした二人ですが、二宮が対立するやくざに拉致されても桑原は勝ち目が無いと見るや一目散に逃げ出してしまいます。それでいて、どこかギリギリのところで繋がっているようで、最終的には単なる計算づくではない間柄というものが感じ取ることが出来ます。だからこそ、読んでいて心地よく、感情移入出来るのでしょう。

文庫本で5百頁を越える分量なのですが、リズムよく読み進めることが出来るのでその長さを感じません。また続編でこの二人の掛け合いを読みたいと思わせられる作品でした。

楽しみなシリーズがまた増えました。直木賞受賞作に至るまでゆっくりと読み続けたいと思います。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR