FC2ブログ

月村 了衛 土漠の花


アフリカの東端に位置し、アラビア海に突き出した形状の半島にあって、その近海に出没する海賊対策に各国が苦慮している国ソマリア。そして、ソマリアの北の国境に接し、紅海の入り口部分を占める国ジブチ。この両国の国境付近が本書の舞台となる地域です。

ソマリアとジブチの国境近くで墜落したヘリを捜索していた自衛隊の捜索隊のところに、三人の女性が助けを求めてきた。その女性らを追ってきた集団は、突然、自衛隊隊員らに銃撃を仕掛けてきた。隊長を殺され、車をも奪われてしまった自衛隊員は、何とかその場を逃げ延びる。しかし、無線機も持たず、襲撃者の追撃を受ける中、見知らぬ土地を駐屯地まで帰りつけるのか。灼熱のアフリカを舞台にした逃避行が始まった。

端的に言うと、惹句で言う「壮大な人間讃歌」という言葉を受け入れることはできませんでした。良質の、それもかなり面白いアクション小説と言えるとは思えます。しかし、この作家の『機龍警察』という作品の、その重厚に練り上げられた世界観を読んでいる以上、本書はこの作家にしては普通すぎ、物足りなく感じたのです。

確かに、抱えているテーマは大きいものがあります。日本の自衛隊が、助けを求めてきた女性を救うためとはいえ、他国の軍隊に対し発砲することの問題は、折につけ言われてきているところです。

しかし、個人としての、また軍隊に属する者として、発砲という行為への懊悩についての掘り下げは深くはありません。勿論、自衛隊員としても、一個の人間としても、引き金を引くことへのためらいなどの描写はあります。しかし、惹句を読んでそれなりの期待を持って読み始めたのでそう感じるのかもしれませんが、少なくとも私は、本書の描写に人物の内面にまで踏み込んだ深みを感じることはできませんでした。また、自衛隊の発砲そのものに付随する種々の問題についての描写も簡単に過ぎるのです。

そういう「問題提起」という意味では、先般読んだ安生正の『ゼロの迎撃』の方が鋭かったかもしれません。日本の都市部でのテロリストへの反撃行為自体の持つ法律的な問題点に対する掘り下げや、分析官である主人公の自分のミスに対する煩悶など、本書よりも緻密であったと思います。

とはいえ、『機龍警察』程の濃密な世界観で本書の物語を書くとすれば、かなり重くなり過ぎるかもしれません。しかし、それでも月村了衛という作家の本領はそちらにあると思うので、是非そうした作品を読んでみたいと思う気持ちが勝ってしまいます。

作者は、肉となる書き込みは削ぎ落してアクション小説の骨組みだけを残し、よりエンターテインメントに徹して書かれたのでしょう。これはこれで十分に読み応えのある作品です。しかし、やはり『機龍警察』のインパクトがそれだけ強かったと言えるのでしょう、より濃密な物語を期待してしまうのです。

月村 了衛 機龍警察 未亡旅団


機龍警察シリーズの四作目です。これまでの三作と同様に十二分な厚みを持った小説として仕上がっています。

カンボジア人グループが不法入国者集団との工業製品密売取引を行うとの情報を得た神奈川県警は、とある住宅街での取引現場を急襲した。その際バイヤーである不法入国者グループを逮捕したものの、十人全員が未成年と思われる少女も含む若い女性であった。ところが、女性のうちの数人が包囲陣にむかって駆け出し、周りを巻き込んで自爆してしまう。凄惨な現場には倒壊した車両や炎上する家屋が残されたのみで、残る六人の女性の姿はどこにもなかった。

これまでは「龍機兵」の搭乗要員夫々の過去にからめつつ物語が進められてきました。今回は城木貴彦理事官と由起谷志郎警部補の過去を垣間見ることが出来ます。しかし、これまでのように中心となる登場人物の過去の物語と、現代で起きている二つの物語が展開されている、とまでは言い難く、あくまで現代の話の展開の中で彼らの過去が語られています。

彼らの過去の話もさることながら、特に今回は未成年による戦闘行為が重点的に語られています。テロ行為そのものが許されないことは勿論なのですが、加えて「児童を徴集、あるいは誘拐して兵士に仕立て上げ」られている現実が取り上げられています。「最も安価で効果的な戦力増加方法」だという、未成年者が戦闘員として闘っているという現実に対する問題提起がなされているのです。

更に、チェチェン紛争という現実をこれでもかと描写し、テロルの実行犯側の論理をも展開しています。私達はチェチェン紛争のそうした現実を知りません。描かれている紛争の裏側がどこまで事実なのかは分かりませんが、似たようなことは現実に行われているのでしょう。

本書でテロリストとして描かれているのは、チェチェン紛争で夫や家族を失った女性たちだけからなる組織である「黒い未亡人」と呼ばれる組織で、実在の組織です。こうした組織が現実に存在し、テロ行為を行っているのが現実の世界であるということが目の前に示されます。

これまでの作品でもテロ行為の現実が示されていましたが、今回は未成年によるテロ行為、というテーマだからでしょうか、一段と胸に迫ります。

そうした事柄を背景にしつつ、相変わらず重厚な筆致で物語は展開します。アクション小説としての面白さはこれまでと同様なのですが、警察内部の<敵>との戦いも、より熾烈でサスペンスフルなものになってきています。

「龍機兵」という存在自体にまつわる謎や、沖津旬一郎特捜部長については何も語られていませんし、まだまだ解き明かされるべき謎は沢山あります。これから先、どのように展開するものか、非常に楽しみな一冊です。

月村了衛 機龍警察 暗黒市場

機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)
(2012/09/21)
月村 了衛

商品詳細を見る

機龍警察シリーズも三作目になります。これまで姿、ライザと「龍機兵」の搭乗要員の過去を語りつつ、現代の物語が組み立てられてきましたが、今回はユーリの物語になります。

千葉県警から警視庁特捜部SIPDに応援要請があった。第一種機甲兵装「ケルピー」に乗り込んだ不法入国のタイ人グループによる物流倉庫への立て籠もり事件である。鈴石緑技術主任は「こんなときに限って」とつぶやいてしまう。ユーリ・オズノフ元警部が契約解除になっていたのだ。そうした折、武器密売の国際的ブラックマーケットを内偵中であった警視庁組織犯罪対策部の安藤巡査部長の死と引き換えに、日本で新型機甲兵装のマーケットが開かれるらしいとの情報がもたらされた。

本書でも前半はユーリ・オズノフ元警部がロシア警察をやめなければならかった過去の物語です。「龍機兵」の搭乗要員の中でも、ひとり日本の警察に対して共鳴する感情の存在を否定できないでいた男の壮絶な過去が語られます。

腐敗したロシア警察の中でも清廉さを謳われた、警察という職務に忠実であろうとする男達で構成された「最も痩せた犬達」と呼ばれた、モスクワ第九十一民警分署刑事捜査分隊操作第一班の物語です。誰からも慕われた警察官の父を持つユーリにとって、この職場は天命とも言える職場であり、警察官としての自分を最大に生かせる職場でもありました。その職場で起きた悲劇、それが現在まで続いているのです。

後半は現代に戻り、ブラックマーケット壊滅作戦が語られます。この描写は相変わらずに十分な迫力を持って読者に迫ってきます。

十分に練られたストーリーは綿密に計算された人物造形と併せて物語に深みと厚みを感じさせてくれます。敵役の人物造形もかなり凝っています。しかし、凝り過ぎて少々作り過ぎかと感じないでもありません。

凝り過ぎということで言えば、これまでの三作の中では一番感傷的な物語とも言えます。その点が弱点と思う人もいるかもしれません。それほどに話のまとめ方は素直にまとまっています。

しかしながら、物語はそうした疑問点をものともしない筆致で進みます。SF的な設定は単に一つの道具として考えれば、この手の物語が苦手な人でも十分面白いと思ってもらえるでしょう。それほどに力強く、面白い物語です。

月村了衛 機龍警察 自爆条項

機龍警察 自爆条項〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)機龍警察 自爆条項〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2012/08/07)
月村 了衛

商品詳細を見る

機龍警察 自爆条項〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)機龍警察 自爆条項〈下〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2012/08/07)
月村 了衛

商品詳細を見る

機龍警察シリーズの二作目です。本書では「龍機兵(ドラグーン)」の操縦者の一人、ライザ・ラードナーに焦点が当てられています。

鶴見署の刑事は横浜港大黒埠頭で作業中の男に職務質問をかけた。声をかけられた男が懐から取り出したのは軽機関銃であり、一瞬のうちに刑事や同行した横浜税関大黒埠頭出張所の職員、近くにいたトレーラーの運転手などが射殺されてしまう。その上、犯人の男もコンテナ船に閉じこもった末に自殺してしまう。そのコンテナ船に格納してあったのは、既に組み立てのおわった完成形態の機甲兵装、通称キモノであった。日本国内ので大規模なテロが計画されている可能性があり、警視庁特捜部がその捜査を担当することとなった。

本作では本筋のテロリストとの対決の流れの他に、ライザ・ラードナーの過去が語られます。文庫本で上下二巻という長い小説の半分はライザ・ラードナーの物語なのです。そして、そのライザの過去と本筋の物語とが交錯し、IRAの歴史が現代のテロ行為へと繋がってくるのです。

本作では、悲惨という言葉では語りつくすことのできない過去を持つライザが何故にIRAから離脱したのか、また彼女が自らの命を絶てないのは何故か、といった疑問への回答が語られます。また、「龍機兵」の操縦者が警察官の中から選ばれない理由も示されます。そして、イギリスでのテロに巻き込まれ命を落とさざるを得なかった家族を持つ鈴石緑技術主任とライザの関係も明らかになるのです。

本書は再一作目に比して更に骨太になっている感じを受けます。シリーズものは二作目になると少しなりとも文章の迫力なり構成なりは落ちることが多いのですが、本書は、より緻密に練り上げられている印象すら受けるのです。相変わらず情緒過多とも言えそうな文章ですが、別に違和感を感じるほどではありません。

本書の半分はライザの物語だと書きましたが、ライザの話は常に悲惨です。不運をまとわりつかせて生きる女であり、そうしてしか生きていけない女でもあります。反面、終盤近くのアクションシーンは一気にたたみ掛けてきて、本を置くことができません。映像的ですらあります。

私がSF好きでコミック好きであるために、本書のような作品はより好みなのでしょうが、アクション小説が好みであれば是非一読してもらいたい小説です。

月村了衛 機龍警察

機龍警察(ハヤカワ文庫JA)機龍警察(ハヤカワ文庫JA)
(2010/03/19)
月村 了衛

商品詳細を見る

十数年前にコミックやアニメでかなり人気を博した「機動警察パトレイバー」の小説版、と言ってもいいかもしれません。それほどに世界観が似た小説です。と言っても、アクション小説としての面白さは、単なるアニメ類似の作品として捉えていては大きな間違いを犯すことになります。

警視庁の通信指令室より指令を受けた巡回中のパトカーが現場に駆け付けると、そこで見たものは「キモノ」と称される二足歩行型軍用有人兵器「機甲兵装」だった。パトカーを一瞬で踏み潰した「機甲兵装」は江東区内を滅茶苦茶に走り回り、多大な人的物的被害をもたらした後、地下鉄有楽町新線の千石駅に停車中の地下鉄車両を人質に立て籠ったのだった。

冒頭からハリウッド映画を思わせる展開で幕を開けます。犯人は「機甲兵装」、簡単に言えばSF小説や映画によく登場するパワースーツです。この手のSFやアニメが苦手な人でもちょっとだけ我慢して読み進めてもらえれば、単なるエンタメ小説とは少々異なる骨太のアクション小説であることが分かると思います。

主人公は警視庁内に設けられた特捜部であって、そこが保有する「龍機兵(ドラグーン)」と呼ばれる三機の新型「機甲兵装」を核に物語は進みます。つまり、特捜部を纏める部長の沖津旬一郎や城木、宮近といった理事官、「龍機兵」の技術的側面を管理する鈴石緑技術主任、そして「龍機兵」を操縦する姿俊之、ユーリ・オズノフ、ライザ・ラードナーの三人などです。これらの登場人物の個性がユニークに、そして綿密に書き込まれています。また姿を始めとする操縦要員達が傭兵、元IRAのテロリスト、元ロシア警察官と物語上魅力的に設定されているのです。

確かに、SFやコミックがあまり好きではない人たちにとっては冒頭から「機甲兵装」が暴れまわるという設定はあまり受け入れにくいかもしれません。しかし、その点さえ少々目をつぶって読み進めればアクションの面白さ、登場人物の個性の描き分け、など予想外の面白さを見つけることが出来ると思います。

難点を見つめるとすれば、それは若干の美文調の、そして似たことになるのかもしれませんが、少しの感傷が見られるその文章でしょうか。しかし、それも個人の嗜好の問題であってその点が良いという人もいることでしょう。本作での特捜部の位置付けが全警察官から嫌われている部署である、という設定からも、決して明るい物語ではないのです。とすれば、自然登場人物も鬱屈を抱えて行動することになるのでしょうし、人物の情緒的側面が強調されるのもかえって効果的なのかもしれません。

本作は機龍警察シリーズの一作目であり、「龍機兵」は何処からどうやって警視庁特捜部にやってきたのか、何故三人の操縦者達は外部の人間なのか、沖津旬一郎はどういう人間なのか、警察内部に巣くう反対勢力は何者なのか、など本書を読み終えても分からない謎は山ほどあります。そうした謎は今後のシリーズの展開の中で明らかにされていくのでしょう。

ということで、本書ではまず姿俊之の過去が若干明らかにされています。次巻ではライザ・ラードナーに、第三巻ではユーリ・オズノフに焦点が当たっているようです。

繰り返しますが、かなり面白いアクション小説であり、冒険小説です。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR