FC2ブログ

ハンガーゲーム

ハンガー・ゲーム [DVD]ハンガー・ゲーム [DVD]
(2013/10/25)
ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン 他

商品詳細を見る

架空の国パネムにある十二の地区から男女それぞれ一名ずつの計二十余名が選抜され、最後の一人になるまで戦うことを義務づけられていた。第十二地区からは主人公のカットニス・エヴァディーンと、カットニスの旧友のピーターが出場することになった。

本作はスーザン・コリンズが書いた「ハンガーゲーム」というヤングアダルト小説が原作で、「ハンガー・ゲーム2 燃え広がる炎」「ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女」と続くそうです。勿論映画も続編が製作され「ハンガー・ゲーム2」は既に公開されています。

この原作は日本の高見広春の「バトル・ロワイアル」との類似からパクリ疑惑があった作品で、確かに、独裁国家においての一定の場所での選抜された少年少女による殺し合い、という基本設定は同一です。

主人公のカットニスは「ウィンターズ・ボーン」で絶賛され、その後「世界にひとつのプレイブック」で第85回アカデミー賞主演女優賞をとったジェニファー・ローレンスが演じています。

肝心の映画の出来は、面白くないとまでは言いません、というところでしょうか。世界的なヒット作という先入観で見たからかもしれませんが、アクション映画としてみると「バトルロワイアル」の方が数段面白かったと感じました。深作監督の手腕もあるでしょうし、原作の設定も「バトルロワイアル」の方が徹底していたように思います。

本作「ハンガーゲーム」は前半で映画の舞台の説明があり、後半で戦いに入ります。舞台説明が詳しいのは良いのですが、それにしてはこの独裁国家の説明としては少々分かりにくく、もう少し簡潔にも出来たように思えてしまいました。後半のアクションシーンにしても、アクションの場面は殆どありません。

反面、個々人の行動を描きつつ、自らが生き延びるためにクラスメイトを殺さざるを得ない苦悩など、「バトルロワイアル」のほうが人間の描き方もすぐれていたと感じました。

更には、本作ではルールの恣意的な変更がありますが、これは見る者の興を殺いでしまうのではないでしょうか。映画というよりは多分原作がそうなっているので仕方が無いのでしょうが、これは頂けません。

続編に期待するばかりです。

杉本 章子 精姫様一条 お狂言師歌吉うきよ暦

精姫様一条 お狂言師歌吉うきよ暦精姫様一条 お狂言師歌吉うきよ暦
(2011/11/16)
杉本 章子

商品詳細を見る

このシリーズも三作目となりました。

エンターテインメント性も増しているこのシリーズは、今実に読み応えのある作品です。

三作目ともなると、舞踊の世界の描写も少なめになり、事件性の方が主になってきています。「お狂言師」や、「舞踊」といった特殊な世界についての説明はこれまでで十分になされていますので、この流れは当然でしょう。しかし、物語の基礎には舞踊の世界が横たわっているのですから、話の世界観、雰囲気はそのままです。

本作ではお吉はの活躍は控えめで、焦点は公儀隠密の日向新吾の働きに移っています。将軍家の精姫様の輿入れをめぐり、多額の費用がかかり過ぎるとの理由でこれを回避したい一派と、姫君の受け入れは誉であり受け入れるべきとする一派との暗闘が、お吉の身の回りにも降りかかってきます。そうした中、日向新吾は有馬家の大横目方森崎静馬を見張るうち、森崎静馬を刺客から助けることになるのです。

この二人の男臭い、見方によっては青臭いともとれる行いは、この作家には珍しい描写で、今後の展開が待たれます。

お狂言師という職業を持ってきた作者の思惑は見事だと思いますし、その「お狂言師」を生き生きと描き出しているその筆致にもただただ感心するばかりです。そのうえで、これだけのエンターテインメント性豊かな物語を構築するのですからその筆力は素晴らしいものがあります。

本シリーズは各巻毎に話は独立しており夫々に読んでも面白く読めるでしょうが、やはり、これまでの話を前提にして筋立ても進んでいきますので、順に読んだ方が面白さは増すと思います。

シリーズはまだまだ続くと思われ、「信太郎人情始末帖」のように七作で終わりと言わず、ずっと続けてもらいたいものです。

浅田 次郎 鉄道員

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)
(2000/03/17)
浅田 次郎

商品詳細を見る

「鉄道員(ぽっぽや)」「ラブ・レター」「悪魔」「角筈にて」「伽羅」「うらぼんえ」「ろくでなしのサンタ」「オリヲン座からの招待状」の八編からなる短編集です。著者本人の「あとがき」によると、本書は浅田次郎の処女短編集だそうです。

決して明るくはない物語ばかりです。というよりも、どちらかというと暗い、重いとさえ感じてしまう物語集です。

文庫版解説の北上次郎氏によれば、本書の評判はとても良いのだが、特に良いという作品が「鉄道員(ぽっぽや)」「ラブ・レター」「角筈にて」「うらぼんえ」の四派に分かれた、らしいのです。

個人的には「オリヲン座からの招待状」の二人の描写が上手いと感じ入ったものですが、「ラブ・レター」も捨てがたく感じています。というのも最初は「ラブ・レター」は少々作りあげられた物語、と感じあまり良い印象は持たなかったのですが、あとがきで「身近で実際に起こった出来事」だったとあるのを読んで、印象が変わりました。小説そのものではなく、小説外の情報で作品のイメージが左右されるというのは読み手としては良くないでしょうが。

大体において本書は作者本人の経験譚が基底にあるらしく、私小説とまではいかなくても、それに近いものがあるようです。

北上次郎氏の言うように、私達の年代が年代ですので「角筈にて」にも惹かれます。不遇の少年期を過ごした男が自らを捨てた亡き父を思い、街角に居る筈の無い父親の姿を見る、という筋立ては男ならずとも琴線に触れるものがあると思います。

映画の「鉄道員(ぽっぽや)」は先に見ていたのですが、こうして原作を読んでみると、少々原作のイメージとは異なるものであったようです。あの映画はやはり健さんあってのものだと思います。

このように書いても未読の方には何のことかわからないでしょうが、是非読んでみて欲しい本です。これまでの「新撰組三部作」や「プリズンホテル」シリーズとはまた異なった浅田次郎に会えると思います。

第117回直木賞の受賞作品です。

杉本 章子 春告鳥

春告鳥 女占い十二か月 (文春文庫)春告鳥 女占い十二か月 (文春文庫)
(2013/03/08)
杉本 章子

商品詳細を見る

「女用知恵鑑宝織」(おんなようちえかがみたからおり)という実際に出版されていた占いの本をネタに、各月の占いになぞり、十二通りの女の喜びを、また悲哀を描いている短編集です。

各月の占いの文言も紹介されていますが、よく意味が分からないというところが正直な感想です。大体前世の行いを挙げてこの世での運命を書いてあり、勿論、物語の中にその意味の解説もあるのですが、何故そのような解釈になるのかが分からないのです。

でも、占いは話の本筋ではないので、その点は深く考える必要も無いのでしょう。何より、よくもまあ考え出すことだと感心するほどに各月の物語は練られていると感じます。勿論、気にいった短編もありますし、そうでない短編もありますが、総じて、品の良い文章で流れるように語られる十二の物語は女性向けかな、と感じました。ドラマチックに話が展開する場面は少なく、殆どの物語は明日への希望を示唆して物語は閉じられます。

エンタテインメント性に富んでいるという訳ではないので、物足りないという人もいるかもしれません。しかし、江戸の町の各月の情景を織り込んで語られる、読みやすい短めの十二の物語も、たまにはゆっくりとした時間を持って良いのではないでしょうか。

葉室 麟 この君なくば

この君なくばこの君なくば
(2012/10/05)
葉室 麟

商品詳細を見る

前に読んだこの作家の「月神」と同じく明治維新という時代の波に振り回される地方の小藩が舞台で、その中でお互いの想いを貫く二人の様子が描かれています。

九州の日向にある伍代藩がその小藩であり、そこに住まう民間の漢学者である桧垣鉄斎の娘栞(しおり)が本書の主人公です。もう一方の主人公が楠瀬譲(くすせゆずる)という軽格の武士で、互いに密かに思い合う仲ですが時代はなかなかそれを許してくれません。譲は伍代藩の藩主忠継に重用され、次第に藩政に深くかかわるようになり、和歌の添削を受けるために通っていた桧垣鉄斎の住居である此君堂(しくんどう)にも訪れることもできなくなっていきます。

直木賞受賞作である「蜩ノ記」と比べると少々まとまりが無いようにも思いました。勿論、「蜩ノ記」が戸田秋谷という武士ひとりの生き様に焦点を当てて書かれているのに対して、本書は栞と譲という二人に焦点があっているので仕方のないことなのかもしれません。

また、「蜩ノ記」で感じた全編を貫く清冽な印象もまた本書ではありません。本書は恋物語であり、武士の生きざまを描こうとしたものではないのでそれは当然のことなのでしょう。

加えて、途中で将来を暗示する文章が何箇所かに出てきますが、それがちょっと気になりました。左右どちらにも方向性が示されるその暗示が回数が少々多く、何か思わせぶりな書き方に思えたのです。

和歌を絡ませている恋物語としては、先般直木賞を受賞した朝井まかての「恋歌」があります。残念ながら小説の出来としては「恋歌」に軍配が上がるとしても、結局は本書も時代に翻弄される二人の行く末に対する関心から引き込まれて読み進めました。

色々と文句ばかり書いてきましたが、共に直木賞を受賞した作品と比べてのことであり、本書自体はやはり葉室麟の物語です。格調のある文体と共に示される漢学の素養とも合わせて、やはり面白い小説です。

本書中に書いてあるので蛇足ではありますが、タイトルの「この君なくば」の「この君」とは竹のことであり、「何ぞ一日も此の君無かるべけんや」という「『晋書』王徽之伝」の中にある言葉だそうで、桧垣鉄斎の住居である此君堂もここからとっているということです。

浅田 次郎 プリズンホテル 春

春 プリズンホテル(4) (プリズンホテル) (集英社文庫)春 プリズンホテル(4) (プリズンホテル) (集英社文庫)
(2001/11/20)
浅田 次郎

商品詳細を見る

とうとう、木戸孝之介の作品が文壇最高の権威「日本文芸大賞」の候補になった。しかし、義母の富江が行方不明になってしまう。富江が居なくなり、初めて自分の気持ちに気付く孝之介だったが、周りは文学賞の周りは文学賞の発表のことしか無い。奥湯本アジサイホテル、通称「プリズンホテル」で選考結果を待とうと出版社の面々と共に大挙して押しかけるが、孝之介の心は義母の富江のこと以外にはない。そんなときでも、「プリズンホテル」には懲役五十二年の老博徒や妙な縁のある演劇母娘らも同宿し、例によっての大騒ぎとなるのだった。

いよいよ本シリーズの最終巻です。一応物語は「大団円」(と言って良いのかは若干不明な部分はありますが)で一応終わりを迎えます。

シリーズを終えてみると、やはり第一巻が一番面白く、これを超えるものはなかったという思いがあります。このシリーズにに初めて接するのですからインパクトは一番強いのでしょうが、それだけではないエネルギーがあるように感じられます。

そう感じる理由の一つとして、本作品の主要な登場人物のキャラクターが第一巻が一番はっきりとしていたように思います。例えばですが、木戸仲蔵という人は木戸孝之介の叔父で関東桜会の大物なのですが、巻を重ねるごとにの存在感が薄れてしまいました。第一巻のそのままの任侠道の大物木戸仲蔵が最後まで居て欲しかった。

とはいえ、この四冊のシリーズが面白いのは間違いありません。精神年齢が子供のままで愛情表現の仕方を知らない主人公を、周りの人間が優しく見守り、ひたすら支え続けるのです。副支配人の黒田のヤクザが接客業をするミスマッチや、優しい心根のタガログ語を話す仲居さん達の面白さなどの、プリズンホテルならではのドタバタ劇は人情コメディとして読者の心をとらえて離さないでしょう。

浅田 次郎 椿山課長の七日間

椿山課長の七日間 (朝日文庫)椿山課長の七日間 (朝日文庫)
(2005/09/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る

この作品も「地下鉄(メトロ)に乗って」と同じく、浅田次郎の何たるやも知らずに映画を先に見ていました。西田敏行という役者が好きだったのです。でも、出番が少なく残念でした。

サラリーマンが突然死を迎えたが心を残したまま死ねないと、同様にこの世に未練を残しているやくざの組長と小学生と共に三日間だけ現世に戻り、心残りの事柄を確認しようとするお話です。タイトルでは「七日間」ですが、この世に戻れるのは初七日までということで、眼がさめてから初七日の終わりまで三日しか残されていないのです。

設定自体がファンタジーであり、生き返った三人の夫々の行動がユーモラスに、そして浅田次郎作品らしくペーソスに満ちた物語として仕上げられています。あの世の役所で「逆送」を望み、思いもかけない姿となって現世に戻ってきます。

生き返った一人目であるサラリーマンは名を椿山和昭というデパートの課長職にあった男です。妙齢の美女として生き返った椿山は、ボケが始まった父親や自分の浮気相手だった女の本心を知るべく動き始めます。

人違いで殺されたヤクザの組長武田は、自分が面倒を見ている子分たちの行く末を案じ、事故で死んだ小学生は自分の本当の親に会いたくて探しに行くのです。

夫々に思いもかけない隠された事実を知ることになり、人間の優しさや裏切り、そして無償の愛などが提示されるのです。

結末はファンタジーとはいえ少々辛さも残りますし、異論のあるところでしょう。しかし、突然文章が一人称の独白になったり、テンポのいい語りで物語が展開していくところなど、浅田次郎らしさ満開の物語です。

ではあるのですが、新撰組三部作や今読んでいる「天切り松」などと比べると少々物足りません。泣きの場面が少ないとかいうことではなく、それらの作品に比べちょっとだけ心に残るものが浅く感じてしまいました。

杉本 章子 名主の裔

名主の裔 (文春文庫)名主の裔 (文春文庫)
(1992/05)
杉本 章子

商品詳細を見る

本書は中編「名主の裔」と、短編「男の軌跡」との二作品を収納しています。

「名主の裔」は幕末の黒船来航の頃から明治期に至るまでの、斎藤市佐衛門(月岑)という実在の名主の日常を描いた作品です。

江戸の町の町人地の支配は町奉行の下に三人の町年寄がいて、その下に町名主が居たそうです。その町名主には簡単に言うと、徳川家康の時代からの名主が『草創(くさわけ)名主』と呼ばれ、それ以降に町奉行支配になった町の名主が年代などにより『古町(こちょう)名主』、『平名主』それに『門前名主』と呼ばれています。本編の主人公の斎藤市佐衛門は神田雉子町に住んでいる草創名主二十四家のひとつ斎藤家の九代目です。号を月岑(げっしん)と言い、「江戸名所図絵」「東都歳時記」「武江年表」などの著作を著している、江戸最後の名主です。

当時の江戸の町の様子を斎藤市佐衛門の眼を通して描いた作品だと言えるでしょう。身勝手な幕府の役人の下で振りまわされる名主の姿や、明治期になっても同様に新政府の役人の勝手なお達しに右往左往する名主たちの姿が描かれています。

エンタテインメント性はありません。あくまで斎藤市佐衛門の眼を借りた客観的な名主たちの行動の記録と言えると思います。勿論親子三代で作り上げた「江戸名所図絵」についても語られていますが、主題ではありません。

本書が出版されたのが1989年であり、前に紹介した1988年出版の「東京新大橋雨中図」の次に発表された作品のようで、この両作品は雰囲気もよく似ています。近年の「東京影同心」(2011年)の作風からすると別人のようです。

「男の軌跡」に至っては更に暗い話で、幕末に実在した儒学者、寺門静軒の物語です。仕官を願うもかなわず、結局、「江戸繁昌記」という江戸の風俗を記した本を出版するのです。

著者のデビュー作だそうで、この作品だけを先に読んでいたら、多分以後はこの作家の作品は読まなかったでしょう。面白くないというのではなく、好みではないということです。

宮部 みゆき 英雄の書

英雄の書(上) (新潮文庫)英雄の書(上) (新潮文庫)
(2012/06/27)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

英雄の書(下) (新潮文庫)英雄の書(下) (新潮文庫)
(2012/06/27)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

久しぶりに宮部みゆきを読みました。ファンタジーです。

主人公は小学5年生の森崎友理子という女の子。同級生を殺傷し行方不明になってしまったお兄ちゃんを探しに旅立つ、という物語で、『物語』それ自体が意味を持つ世界のお話です。

一言で言うと少々残念な作品ではありました。ブレイブストーリーのあのストーリー展開の面白さは後退し、妙に理詰めで一本調子でした。宮部みゆき作品らしくないのです。更に言えば、理詰めであるということが、主人公が小学五年生であることにより更に違和感は増幅しました。

私は今でもこの本の世界観を理解出来ていません。少々難解なその世界観を理解するために時間を費やしたくないとい言うのが正解かもしれません。その難解な世界観を小学五年生が理解できる筈がないと思ってしまったのです。事実、小学五年生には少々難解に過ぎはしないかと思われる個所があちこちにあります。

物語は、特に世界を新しく作りだす「ファンタジー」は、その世界がその物語として破綻していては一気に興が覚めます。本書が破綻しているとは言いませんが、破綻させないために無理をしている印象です。

確かに、世界観がユニークである点はさすがだと思います。しかし、きちんと構築された世界でテンポよく物語が展開する点が宮部みゆきの魅力だと思いますので、少々残念でした。

「読む者を破滅に導く恐るべき戯曲『黄衣の王』」は「『クトゥルフ神話』のなかの呪物の一つ」だと、あとがきに書いてありました。であれば、なおさらにテンポ良い物語に仕上げてくれていれば、と更に残念に思えます。

本書についてはケチばかり書いてしまいました。勿論最後まで読みましたし、読めばそれなりに面白いとは思うのです。ですが、著者が宮部みゆきである以上、少々ハードルを高くして読んでしまうので辛口になるのは否めないところですね。

杉本 章子 大奥二人道成寺 お狂言師歌吉うきよ暦

大奥二人道成寺 お狂言師歌吉うきよ暦 (講談社文庫)大奥二人道成寺 お狂言師歌吉うきよ暦 (講談社文庫)
(2011/12/15)
杉本 章子

商品詳細を見る

お狂言師歌吉シリーズの二作目です。

前作で同輩のために顔に傷を負う身になった歌吉ですが、しばらく悩みはしたもの持ち前の明るさから再びお狂言師の道を歩み、隠密の手伝いも無事終えたところから今回のお話が始まります。

とあることから坂東流名取である照代と共に居るところを賊に襲われます。再び自分が襲われたと思った歌吉ですが、実は襲われたのは照代でした。照代が将軍のお手付きであったことから、歌吉もまた大奥の陰謀に巻き込まれることになるのです

前作でもそうだったのですが、全編を通して小粋な雰囲気に仕上がっており、これまでの時代小説とは少し趣が異なります。その上、今回は前作の出版から三年が経っているからなのか、このシリーズに慣れたからなのか、お狂言師というキャラクタが実に生き生きとしているのです。

大奥のしきたり、決まりごとやそれに伴う所作等々、見知らぬ情報がふんだんに盛り込まれています。例えば大奥ではお狂言師とは言わずに、お茶所(おちゃどこ)とかお茶の間子供などと言うらしいなど、さりげなく会話の中に織り込まれています。更にはよく聞く女同士の戦いが描かれているところも見所です。

そうした大奥での照代と歌吉の二人での「道成寺」を踊る場面は圧巻です。日本舞踊のことが分からない私でも十分にその雰囲気を味わうことが出来ました。

更には歌仙や照代の恋、また歌吉を挟んでの前作でも登場していた二人、公儀隠密の日向新吾と材木問屋角善の跡取り息子宗助の振舞いも色を添えています。

物語の終幕には、更にまたひとつ、ほろりとさせられる人情話も付け加えてあり、堪能できる物語でした。

この後、まだ第三作目があるそうなので、早速に読みたいと思っています。

杉本 章子 お狂言師歌吉うきよ暦

お狂言師歌吉うきよ暦 (講談社文庫)お狂言師歌吉うきよ暦 (講談社文庫)
(2008/12/12)
杉本 章子

商品詳細を見る

本書では「お狂言師」という初めて聞く言葉が出て来ます。作品の中でも説明はしてありますが、ちょっと調べてみると

当時、自由に芝居見物が許されなかった大名の奥方や姫君のために、男子禁制の大奥にあがって、その時々に評判の歌舞伎舞踊をお目にかけるとを本業とする女芸人たちが女狂言師たちでした。

という文章が「日本舞踊 坂東流の紹介」にありました。現在の日本舞踊のそもそもの始まりだそうです。(このサイトの紹介文は時代背景を知る上でも面白いサイトです。リンクについての文章がありませんのでリンクは張っていませんが、同単語で検索すると直ぐに出てきます。)

また、主人公歌吉の師匠である三代目水木歌仙も実在の人物のようで、下記のようにコトバンクに記してありました。

美貌の女形瀬川菊之丞の通称路考にちなみ『路考お粂』と評判された江戸美人。

当然、物語の舞台は日本舞踊の世界です。主人公の歌吉こと赤松屋のお吉は同輩の嫉妬から顔に傷を負わされてしまい、一生をお狂言師として生きて以降を決心するのです。そんな折、公儀お小人目付の侍から隠密の手伝いを頼まれます。

物語は最初「仮名手本忠臣蔵」の「お軽勘平道行」の稽古の場面から始まります。言葉は聞いたことがあっても舞台は見たことがありません。日本舞踊自体ははテレビ等で見たことがある程度なので少々敷居が高い物語かと危ぶみながら読み進みました。でも作者の筆は素人にも優しく、その点は直ぐに何の問題も無くなります。

気になったのは、当初は捕物帖だと思い込んで読んでいたので少々中途半端だと感じてしまったのです。

確かに捕物帖として読めば今一つ乗り切れないのですが、そうではなく、芸事の世界の物語として見ると、この作家さんの特徴である良く調べられている考証に基づいている展開自体は面白く、結局惹き込まれていたのです。

今は直ぐにでも次の作品を読みたいと思っています。

浅田 次郎 地下鉄(メトロ)に乗って

地下鉄に乗って (講談社文庫)地下鉄に乗って (講談社文庫)
(1999/12/01)
浅田 次郎

商品詳細を見る

地下鉄(メトロ)に乗って―特別版地下鉄(メトロ)に乗って―特別版
(2006/07)
浅田 次郎

商品詳細を見る

主人公の小沼信次が恋人のみち子と共に、ときには別々に過去へタイムスリップし、小沼信次の父親の生き様を知る、という物語です。これだけのまとめでは何の内容も伝わりませんが、詳しく内容を書くとそれはネタバレに近いものになるので止めておきます。

これまで読んできたこの作家の作品で感じた人情味にあふれた文章で、主人公とその恋人のことが語られるのですが、過去に戻るたびに少しずつ、父親の真実が見えてきます。常に反発しか感じてこなかった父の実像に迫っていくときに主人公が感じる思いは複雑です。

先に映画を見ていたので、映画の印象を持って読み始めたのですが、やはり原作はまた違っていました。筋立ては確かにそれほど外れているわけではありません。その意味では良く作ってありました。 しかし、映画から受けた印象は主人公の小沼信次と父親の小沼佐吉との物語という印象だったのです。しかし、原作は主人公と恋人のみち子との物語こそ本筋だと感じました。

ところが、「『地下鉄(メトロ)に乗って』縁起」と題されたあとがき風のエッセイがあるのですが、これを読んだ後でまたこの小説の印象が変わりました。その内容を書いて良いものかどうか迷ったのですが、一言だけ記しておきます。この物語は浅田次郎の私小説に近いものだということです。

詳しいことは実際に読んで、夫々に感じてもらいたいものです。ただ、このエッセイが文庫版にも収録されているのかが確認できませんでした。「特別版」にだけ収録されているのかもしれません。

この作家の作品を読めば読むほどに引き込まれていきます。暫くはこの作家の作品を追い続けてみたいと思っています。

蛇足ですが、みち子のアパートの場所である地下鉄丸ノ内線の中野富士見町のひとつ前の駅が中野新橋です。当時バイトの先の新宿に出るための数十円の電車賃さえもない学生だった私は、この駅を降りて数分のところにあるアパートに半年間ほど住んでいました。西日しか当たらない、共同炊事場、共同便所の四畳半でした。懐かしい地名を聞いて驚きました。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR