FC2ブログ

浅田 次郎 黒書院の六兵衛

黒書院の六兵衛 (上)黒書院の六兵衛 (上)
(2013/10/22)
浅田 次郎

商品詳細を見る

黒書院の六兵衛 (下)黒書院の六兵衛 (下)
(2013/10/22)
浅田 次郎

商品詳細を見る

新撰組三部作のような重厚な江戸城引渡し劇を期待して読み始めたら、少々趣が違いました。浅田次郎お得意のファンタジーとまでは言いませんが、それに近い、寓意的なミステリー小説でした。

江戸城引渡しに備え、官軍入城に先立っての露払いとして尾張徳川家の徒組頭加倉井隼人が選ばれた。早速に江戸城西の丸御殿に行くと、待っていた勝海舟に打ち明けられたのは、未だ一人の侍が立退かずにいる、ということだった。外には官軍がひしめいており、官軍総大将の西郷からは「些細な悶着も起こすな」と言われているため、力を使うこともならず、途方に暮れるのみだった。

居座っている侍が何者なのか、という謎が最後まで貫かれています。的矢六兵衛という名前は分かっている、しかし、この侍は的矢六兵衛ではない、というところが不思議の発端です。この侍は何者なのか、という謎を解くべく、加倉井は勝の紹介で現れた福地源一郎と共に解明に動き出すのです。

六兵衛を知るという者の語りが随所に挟みこまれ、少しずつ六兵衛の正体が明かされていくのですが、その過程で江戸城についてのトリビアも示されます。江戸城開け渡しの時には本丸、二の丸は焼け落ちており、仮御殿である西の丸のみが再建されていことや、的矢六兵衛の属する書院番は由緒正しき近侍の騎兵であるとか、お茶坊主が何かと「シィー、シィー」と奇矯な声出すなど、数限りなくと言って良いほどに記されています。

そうしながら、侍とは何か、武士道とは何か、という問いかけが為されているようです。葉室麟や青山文平などの小説では正面からその問いかけに対する答えとしての物語が語られていきます。しかし、浅田次郎は正面から答えるのではなく、間接的に浅田次郎なりの答えを示しているようです。

結末は各自で読み、且つ確かめてもらいたいのですが、私はこの的矢六兵衛の存在を浅田次郎が寓意的に設定し、侍とは、武士道とは、という問いに対する答えを示していると感じたのです。

蛇足ながら、私が読んだ新刊書版では(2014年5月現在では文庫本は出ていません)、巻末に江戸城西の丸借り御殿の略図が載っています。この略図が面白い。有名な松の廊下もあれば、映画でよく見る将軍が謁見する大広間もある、まるで迷路なのです。この迷路の中で六兵衛はその位置を少しづつ変えていきます。

やはりこの人の小説は面白いです。

スポンサーサイト



プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR