FC2ブログ

熊本大地震について

その日、家族と「秘密の県民ショー」を見て共に笑っていたら、突然の揺れ。いつものようにこれから収まっていく、と思っていたらそれからの揺れが更にひどくなるばかり。

本が落ち、台所で皿が飛び出し、まさかという思いでした。幸い、割れた皿も数枚で、あとは落下した本が散乱しているくらい。思いのほか軽い被害でほっとしていたのです。その夜は、強い余震が続く中、それでも二時間弱ほど眠れたでしょうか。

翌十五日は落下した本をかたずけ、とりあえず貼った食器棚のガムテープはそのままに、次から次へと押し寄せる強い余震のために何もできず、一日が過ぎました。この時点では水道もガスも生きています。風呂にも入れました。余震はあるものの、もう大きなものは無いとの安心感の中寝たのです。

その夜。十六日一時二十五分頃にまた下から突き上げるような強い揺れ。昨日よりもさらに強く、長く、なかなか収まりません。そうしているうちに瓦が落ちる音が聞こえました。

やっと収まり、暗闇の中を枕元に置いておいた懐中電灯を頼りに家の中を調べると、本は若干の追加で落ちたほど。台所はガムテープが効いたのでしょう、異常なし。他の家では食器などが飛び出し家の中が歩けないというのに、このガムテープは嫁さんのファインプレーでした。ただ、昨日は大丈夫だったテレビが倒れていました。電気は切れているのでラジオをつけっぱなしにして、何もできないので布団にもぐりこみました。勿論、余震も続き、眠れません。

まだ読も明けぬ中、お隣さんが給水車が来ていると知らせてくれ、家族と共にとりあえずの水を確保しました。並んでいるとき、避難所へ避難しようとする家族が多数通っていきます。

明るくなってから家の周りを見ると瓦が散乱しています。近所の家はあまり落ちていないのが不思議です。

私の住まう付近では電気はかなり早いうちに回復しました。早速テレビをつけると、写らない。倒れた時に画面を打ったらしく、画面右下を起点として上下左右に線が入り、残り四分の三くらいで画像が出るものの、暗い。そのうちに真っ白になってしまいました。

ということでネットとラジオで情報収集。御船がかなりひどいことになっています。

水もガスも出ないので、早速トイレから困ります。前日入った風呂の湯船の水があったのでとりあえずは流せます。これは助かりました。次は飲み水です。未明に確保した水の他に近所のスーパーで緊急に売り出された水を買い、やはり近所の人が確保した井戸水を分けてもらいました。

電気が生きているのは助かります。電気ポットでお湯を沸かし、電気プレートで焼きものもでき、レンジで温めることも可能です。買い置きがあればの話です。昨日からは少しずつではありますが水も出始めました。ガスも今各家をガス会社の人が回っておられます。全戸での点検を済ませた後でのことになりそうです。

こうして見ると、大きな地震の割には私が住んでいる場所は被害が軽くて済んでいるようです。しかし、より震源に近い場所では現実に家が倒壊しています。私のように自分の家で寝ることなど考えられない人たちが多くおられます。そうした人たちのことを考えると文句など言えるものではありません。近所のスーパーにもかなり遠くの人たちが車でわずかな情報を頼りに駆けつけてきているそうです。

阪神・淡路大震災や東日本大震災の時、九州に住んでいる私たちは、やはりどこか人ごとだったと思います。それがいざ、自分自信のことになって初めて、その怖さ、悲惨さが実感できるものだと思い知らされました。電気、ガス、水道といったライフラインの大切さ、そこに働く人たちの必死の作業で私たちが生活できていることが身にしみて感じられます。更に御船や阿蘇では悲惨なことにもあっていて、警察や自衛隊の方々の作業があっているようです。その方たちの働きの上に私たちの生活があることをかみしめる必要があると思います。

テレビも無く、何もできない中、本だけを読んでいます。でも、その感想を書くまでの気持ちの余裕はありません。この文章も、二日前に書こうと思ったのですが、実際書こうとすると心の余裕がないことに気づきました。やっと、客観的に見れるかなと思います。

この文章を書く間にも何回かの余震を感じました。なんとなく慣れている自分がいます。本震からまだ三日目も経っていないなんて信じられません。

本はまた読みためた分をまとめてアップします。その時はまたお付き合いください。

池井戸 潤 銀行総務特命


経済音痴の私にとって、銀行内部のさまざまな業務内容、そして人間模様は実に興味深く読みました。特にバブル期の銀行の悪名は銀行には無関係の私にも聞こえていて、本書はそうしたバブル期の銀行のありようが如実に描かれている「痛快経済小説」とも言うべきた連作の短編集なのです。

帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平。顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり…スキャンダルに事欠かない伏魔殿を指宿は奔走する。腐敗した組織が、ある罠を用意しているとも知らずに―「総務特命担当者」の運命はいかに!?意外な仕掛けに唸らされる傑作ミステリー。(「BOOK」データベースより)

大ヒットテレビドラマの『半沢直樹』と同様に話題になった『花咲舞が黙ってない』の原作にもなっている作品で、半沢直樹同様に銀行を舞台にした小説です。ただ、本書の主人公の指宿修平は銀行内部の不祥事を処理することを職務とする総務特命担当という地位にあります。つまりは彼の元に銀行内部の様々なトラブル事案が持ち込まれるのであり、小説ネタとしては最適でしょう。

とはいえ、銀行実務の経験がある作家だからこそ書けるネタでもあり、実際この小説の内容は普段見聞きすることのない銀行業務の紹介的内容にもなっています。例えば、現代では特に大規模になっている顧客の情報漏えいや現在銀行に勤めている行員のAV出演疑惑等々の問題が取り上げられているのです。

加えて、銀行も一会社組織であり、そこに勤める銀行マンのサラリーマンとしての悲哀もあります。上司によるパワハラ、融資に絡む情実など銀行独自の問題もありますが、これらの人間ドラマも見所です。

主人公の指宿の手足となって動くのが鏑木和馬という総務部企画グループの若手です。この鏑木が指宿の右腕となって活躍するのですが、途中で現役行員のAV出演問題のとき、唐木怜という女性が人事部担当者として参加してきます。この唐木が後には指宿の相方として動くことになるのです。

『半沢直樹』のときもそうでしたが、主人公の胸のすく活躍で直面する問題を解決していく、その痛快さが本書の魅力でしょう。相手は同じ会社の対立する上司であったり、問題を抱えた顧客であったりとさまざまですが、指宿の処置はそれらの難題をクリアしていくのです。

池井戸潤原作のドラマが人気なのもよく分かる小説でした。

梶尾 真治 まろうどエマノン


「かりそめエマノン」「まろうどエマノン」の二編の中編が収められた作品集です。エマノンシリーズでは三巻目ということになります。

「かりそめエマノン」 養護施設の愛童園で育ったずっと独りで育ってきた拓麻には女の兄弟がいたはずだった。今では荏口夫妻に養子として迎えられ、荏口姓を名乗る拓麻は、特殊な能力を持つ自分に気づいていた。

太古からの記憶を受け継ぐエマノンは一人の娘を産むことでその記憶を引き継いできています。しかし、昭和二十年前半に生まれたのは何故か男女の双子であり、その片割れが拓麻だったのです。その拓麻は自分の存在意義を常に探し求めていましたが、物語の最後にその理由を探し当てます。

私の好みからは今一つの物語でした。『さすらいエマノン』の中の短編にも似たような設定があったように思います。そして、すこし大げさに言うならば、C級の安っぽいSF映画のような安易さを感じてしまったのです。好みの問題と言えばそれまでですが、梶尾真治という作者の力量からすれば、もう少し練り上げた物語が描けるはずだと思います。

「まろうどエマノン」 小学校の四年生の夏、十歳になった廣瀬直樹は、九州の中ほどにある父親の田舎で過ごすことになったが、そこで長い黒髪をしたエマノンと名乗る女性と出会った。直樹は、エマノンの頼みに応じて罠にかかった「ましら」を助けることになり、ちょっとした冒険に乗り出すことになった。

この物語も、この作者の他の作品の中に似た設定の物語がある、そんな印象の物語でした。熊本のとある町を思わせる田舎町でのひと夏の出来事が描かれますが、主人公が私と似た年齢でもあり、郷愁を感じさせる話ではあるのです。でも、やはり、もう一歩練ってほしいという印象は否めません。

少々きつめの感想を書くことになりました。エマノンシリーズの持つ弱点なのかもしれませんが、シリーズ自体にどうしても安っぽい映画の設定に思える物語が多いという印象があります。特に本書の作品は他より少しだけ長めの物語だけに、特にその傾向が見えたのかもしれません。両作品共に勿論面白いのですが、物足りなさが残ってしまいました。

吉田 雄亮 恋慕舟 (深川鞘番所)


深川鞘番所シリーズの二巻目です。どこかで読んだような筋立ては、時代小説花盛りの中、決して個性豊かとは言いにくい作品でした。

深川大番屋支配大滝錬蔵は、富岡八幡宮で小粋な女掏摸お俊を助けた。掏った巾着に入っている奇妙な書付を取り戻そうと、胡乱な男たちにいたぶられていたのだ。錬蔵はお俊を大番屋に匿うが、男たちは執拗に追い続ける。そんな折、巷を騒がす盗賊夜鴉の重吉捕縛命令が錬蔵に下る…。江戸の無法地帯深川で健気に生きる庶民のため、鉄心夢想流“霞十文字”が悪を断つ。(「BOOK」データベースより)

本作品では深川が舞台となっていますが、本作で描写される深川は他の作品で描かれるような粋筋の町ではなく、無頼の町として描かれています。そうした捉え方は今まで読んだことが無く、このあとの展開を期待させるものでした。

しかし、主人公の大滝錬蔵の人物像が今一つはっきりしません。と同時に、錬蔵に惚れているお紋を始め、錬蔵の配下の役人たちの顔が今一つ見えて来ません。どうもおかしいと思っていたら、シリーズの二巻目でした。登場人物の背景は一巻目で詳しく描かれているらしく、そのために本書では人物造形が薄く感じられてしまったようです。

シリーズものの読み方という話になるのでしょうが、本書に限らず、舞台背景はシリーズの一巻目で書いておけばその後はあらためて詳しく必要ないでしょう。しかし、途中から読み始める読者も少なからずいるでしょうから、簡単でも良いので説明してほしい気はします。特に本書のように「深川大番屋」という特殊な役所が舞台である以上は尚更です。

まあ、本書でも登場人物の背景など少しは書いてはあるのですが、やはり若干分かりにくい。でも、再度詳しい説明を要求するのもおかしいとも思われ、やはり順を追って読まない読み手に問題ありと言えるのでしょう。

ただ、そうした説明の点を除いても、役人を役人とも思わず襲撃を掛ける無法者たちという設定は、若干無理を感じないではありません。それだけ追い詰められている男たちなのでしょうが、役人たちに正面から刃向うことを選ばせる程に、この鞘番所という役所が甘く見られているということなのででしょうか。

ここまでは本書について否定的な書き方をしてはいますが、長谷川平蔵を思わせるほどの、強引さと配下の者から慕われる優しさとを持ち合わせている大滝錬蔵という主人公、それに従う松倉孫兵衛や訳ありの前原伝吉、それに手先の安二郎らはそれなりに魅力がありそうな期待があります。魅力ありと言いきれないところが若干寂しいですが。

本書が二巻目であり、一巻目に本シリーズの舞台背景を描写してあること、そのうえで水運の町深川を水の面からとらえている本シリーズは、痛快時代小説としてそこそこの面白さを持っているということができるのかもしれません。

ともあれ、第一巻目他の作品をもう少し読んでみようかと思います

長谷川 卓 戻り舟同心


「一番手柄」「嫌な奴」「何も聞かねえ」の三つの章からなる、思いのほかに面白い痛快時代小説でした。

元南町奉行所定廻り同心の二ッ森伝次郎は、十年前に息子の新治郎家督を譲り隠居した身ではあったが、町屋の者を相手によろず悩み相談の真似事をしていた。南町奉行の坂部肥後守は、追放刑になっていながら江戸に居るものの多さに対するため、伝次郎らに再び十手を持たせることを命じ、追放刑の者の見回りや、永尋(ながたずね)、つまりは迷宮入りになっている事件の洗い直しなどを行わせることとするのだった。

「一番手柄」では、軽追放となり江戸にはいないはずの弁天の常七を見かけた伝次郎が、かつての同心仲間である染葉忠右衛門と共に常七を見張り、夜烏の一味の企みを割り出します。

本章では、二ッ森伝次郎とその仲間の染葉忠右衛門や、伝次郎を助けていた鍋寅とその孫娘の隼(はや)、それに10年前に同心職を継いだ伝次郎の息子の新治郎、その子で十七歳になる正次郎らの人物紹介を兼ねています。これらの登場人物がそれぞれに個性豊かであり、これまで読んできた捕物帳ものとくらべても遜色ありません。また、伝次郎が「戻り船の旦那」と呼ばれるようになった経緯も明らかにされています。

そもそも伝次郎というキャラクタ―が面白いのです。隠居の身でありながら隠居生活に飽き足らずに走り回っているというのは、鳥羽亮や風野真知雄などの作品にもある設定ですが、そんな中でも伝次郎は未だ血の気が多く、盗人をたたっ切ることなど当たり前の元気の良さを誇っています。更には、他の登場人物ごとの性格設定もきちんとできていて、人物の会話もユーモアが効いていて読んでいて飽きません。

第二章の「嫌な奴」になると、伝次郎も正式に十手を持っています。ある日伝次郎はお初と名乗る女から息子の濡れ衣を晴らしてほしいと頼まれます。九年前の線香問屋の西村屋の娘を殺した下手人にされているが息子は殺してないというのです。調べてみると確かに経緯に怪しいところがあります。そんな折に伝次郎が襲われるのです。

主人公が襲われる理由も不明のまま話は進みます。そのことに合わせ、一ノ瀬八十郎という、剣の立つ仲間を引き入れることになります。若干筋立てに疑問をかじるところもあるのですが、テンポよい展開に気にならなくなりました。

最後の「何も聞かねえ」の章では、伝次郎がまた襲われます。しかし、そのおかげで今調べている永尋の件の絡みらしい犯人の目星がつくのです。

絡んだ糸がときほぐされていく経過も楽しみですが、登場人物の会話や考え方明が確になっていく様もまた面白い物語です。話が次につながる終わり方をしていて、早速に次を読みたいと思わせられる作品でした。

浅田 次郎 薔薇盗人


常の作品集と変わらずに文章のうまさを感じる全六編の短編集です。

「あじさい心中」 不況の中、会社からリストラを言い渡され北村は無聊の日々を過ごしていた。ふと思い立ち出かけたローカル競馬にも負け、とある温泉町のストリップ小屋に立ち寄った北村だったが、思いがけなく盛りを過ぎた踊り子と一夜を過ごすことになるが・・・。

 場末のストリップ小屋を訪れた、リストラにあった中年カメラマンと盛りを過ぎたストリッパーとの交流を描いた佳品。本短編集の中では一番心に残った作品です。物語の途中、踊り子の自分語りの独白の場面がありますが、浅田次郎の面目躍如の場面です。この作家はこうした哀切に満ちた語りをさせると右に出る者はいませんね。この物語の最後がまたいい。

「死に賃」 死の苦痛と恐怖から免れることができるならばいくら払うか、と聞いてきたのは長年の友人の小柳だった。その半年後、小柳は真夜中の心不全で逝った。抗癌剤が効いた中の一時帰宅中のことだったらしい。その小柳からもらったダイレクトメールが大内惣次の手にあった。

一種のファンタジーと言えるのでしょうか。金儲けのために一生懸命に働いて苦労をした主人公の、死の床で語られる物語は夢か現実か。主人公に尽くした秘書の美しさがファンタジーの中に光る好編です。

「奈落」 一人の男が何故か未到着のエレベーターの扉が開いたため、そのまま乗りこみ落ちて死んだ。その通夜の後、男の属していた会社の社員たちは男についていろいろ語るのだった。

最初は会社の女子社員の会話があり、次いで男の属していた庶務課の課員らの、その後今は取締役になっている男と同期の仲間、そして会社の会長と社長それぞれの会話と、死んだ男をめぐるそれぞれの思惑を絡めながらの会話のたびに、隠された秘密が少しずつ明かされていきます。全編会話文だけで成立している、サラリーマンの悲哀も漂う、少々考えさせられる短編です。

「佳人」 母はお嫁さんの紹介とを生きがいともしていた。この日もまた一枚の写真を持ってきたが、何故か吉岡英樹という一人の完全とも言える部下のことを思い、紹介してみる気になった。そして、吉岡を呼び母に会わせたのだが・・・。

15頁ほどしかない、ショートといっても良いほどの短編です。しかし、ショートだからこその意外なオチが待っています。

「ひなまつり」 三月生まれの小学生の弥生はもうじき中学生。お母さんは今日もホステスのお仕事で遅い。そんな夜遅くに前に隣の部屋に住んでいた吉井さんが訪ねてきてくれた。こんな人がお父さんだったらと思うけれど、お母さんとは年が離れているし、ダメなんだろう。でも、・・・。

弥生の視点で語られる本作品は、昭和の匂いが強く漂う小品です。もうすぐ中学生なろうとする女の子の一途な思いを描いてあります。

「薔薇盗人」 本作品では全編が小学六年生の男の子の手紙、という形式で進みます。豪華客船の船長である父親に向けての手紙で自分や母親、そして学校の先生、お友達についての近況を報告しているのです。つまりはすべてが無垢な子供の視点で、客観的に記されています。そこには、母親が家庭訪問に来た先生と長いこと話しこんでいたりする姿も報告してあるのです。

今更改めて言うことでもないのですが、浅田次郎という作家は台詞回しで天下一品の上手さを持った人であることは勿論のこと、ストーリーテラーとしても凄いのですね。本作品を読んで改めてそう思いました。

これまで浅田次郎の長編小説は勿論、いろいろな短編小説集を読んできたのですが、物語ごとに時代小説も含めてさまざまな時代設定で、さまざまな年齢、職種、性格の人物が登場し、そのそれぞれの物語でいろんな物語が展開されています。それでいて、ユーモアがあったり、センチメンタルなものもあったり、情感豊かであったりとかき分けられつつも、全部が浅田次郎の物語なのですね。

半村良という作家の職人的上手さも好きだったのですが、浅田次郎も素晴らしく上手い、職人ともいえる小説家なのだと、あらためて思いました。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR