FC2ブログ

柚月 裕子 最後の証人


エンターテインメント性に富んだ、王道の社会派のサスペンス小説です。

元検察官の佐方貞人は刑事事件専門の敏腕弁護士。犯罪の背後にある動機を重視し、罪をまっとうに裁かせることが、彼の弁護スタンスだ。そんな彼の許に舞い込んだのは、状況証拠、物的証拠とも被告人有罪を示す殺人事件の弁護だった。果たして佐方は、無実を主張する依頼人を救えるのか。感動を呼ぶ圧倒的人間ドラマとトリッキーなミステリー的興趣が、見事に融合した傑作法廷サスペンス。(「BOOK」データベースより)

子供を殺されたひと組の夫婦の物語と、法廷場面とが交互に描かれる物語で、冒頭には「王道の」と書いたのですが正確には「実にベタな社会派サスペンス小説」というべきかもしれません。

決してけなしているわけではありません。それどころか面白さで言うと、かなり面白い作品だと言い切っても良いと思います。ただ、熱血的な検事と夢破れたヤメ検との対決はありがちであり、このベタな展開を嫌う人もいるかもかもしれません。

この作品はかなりの疑問点を抱きながら読み進めざるを得ない作品でもあります。

それは、検察側の認定した犯人の動機が今一つ弱すぎ、敏腕検察官であればこの弱い動機では立件しないのではないかということや、息子を亡くした夫婦の行動の起点となる、夫と息子をはねた男との出会いがあまりにも偶然に過ぎることなどです。

そして先にも述べたように、犯人の動機設定及び物語の進行があまりにもベタなのです。作品中、確かにいくつかの仕掛けには驚き、感心もしたのですが、大まかな流れは中盤にかかる時点で予想がついていました。もう少し練り上げることはできなかったのでしょうか。作者は横山秀夫に傾倒しているとのことでしたが、横山秀夫の作品であれば決して抱かない違和感が本作品には満載だったのです。

しかしながら、これらの疑問点にもかかわらず、かなり面白い小説でした。読んでいる途中で以上のような不満点が次々と浮かびつつも、本を置こうなどとは露ほども思わずに読み進めていました。それはこの作者の筆力のためと言っていいのでしょう。

何よりもエンターテインメント小説としての面白さを十二分に持った物語として仕上がっています。以上書いてきた疑問点の他にも、主人公の弁護士の人となりなどは簡単にしか紹介してありませんし、若干唐突とも思える「最後の証人」の登場などもあったのですが、物語の展開が気になり読み進めました。それほどにこの作者の筆力が勝っていたと思います。それほどに私の好みと合致したのでしょう。

この作品には続編があるようです。早速読んでみたいと思います。

スポンサーサイト



プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR