田牧 大和 とうざい




江戸は木挽町にある松輪座という小さな浄瑠璃小屋を舞台に繰り広げられる人間模様を描いた長編小説です。

久しぶりに読んだ田牧大和作品はやはり心地よく、またこの人の作品を間をおかずに読みたいという気にさせられた作品でした。

ある日松輪座に、童を連れ正兵衛という隠居風の上方言葉の男が、幹右衛門を訪ねてやってきます。正兵衛の連れている童は名を駒吉と言い、何故か八十次郎のことを「かかさま」と呼ぶのでした。

翌日、松輪座では次の新作である「千鳥三味線」が化けて出た、と騒ぎになっていました。夜中、舞台で太棹三味線が聞こえてきたというのです。

そうこうしていると、今度は人形師の彦太と衣装のおせんが仕事を降りると言いだし、新作の「千鳥三味線」が演じることができなくなりそうな事態に陥るのでした。

その後、「千鳥三味線」の崇りはひどくなるし、駒吉を狙う侍が現れたり、気の弱い雲雀の芸が行き詰まったりと、松輪座は何かと騒々しいのです。これらの事態はうまく収まるのか、雲雀の芸の行方はどうなるのか、田牧大和の筆は走ります。

気の小さい紋下太夫の竹本雲雀太夫と、評判の人形遣いで女形が得手の「氷の八十次」との異名を持つ吉田八十次郎のふたりを中心に、座長の亀鶴、雲雀太夫の相方の三味線弾きである鶴沢幹右衛門やもう一人の人形遣いである毅助他の登場人物が生き生きと動き回ります。

特に、亀鶴の一人娘であるお珠がこの作家の得意とするキャラクターのようで、小生意気でおきゃんな、しかし小気味いい娘として登場します。ただ、活躍の場面は少なく、目立つわりには役割は少なめです。

何といっても目玉は八十次郎ですが、その存在は雲雀の成長を見守るところにも出ています。見守ると言っても、本来は一座の代表者である紋下太夫の雲雀のほうが格上である筈なのですが、その気の弱さが芸風にも現れていて、八十次郎の冷たい言い回しに逆らうこともできないでいるのです。

この義太夫語りと人形使いとの関係が次第に変化していくところも見どころの一つでしょうが、舞台が浄瑠璃の小屋であるところから、舞台の描写も含めた物語自体に漂う小粋さこそが本書の一番の魅力だと思います。

田牧大和のファンとして、一言だけ素人の注文をつけるとすれば、もう少し、物語の視点を定めてもらえればもっと読みやすくなるのではないか、と思うのみです。読み進める中で、会話の主体を若干見失う場面があったのです。もっとも、これは読み手である私の方の問題かもしれず、もう少し丁寧に読めば済むことなのかもしれません。

とにかく、久しぶりに読んだ田牧大和の小説は、やはり十分に面白いものでした。

知野 みさき 落ちぬ椿: 上絵師 律の似面絵帖




本書は、上絵師として身を立てようとしている二十歳すぎの娘である律の、一生懸命に生きている姿を描く長編の人情小説、だと思われます。持ちこまれた事件の似面絵を描くことでその事件の解決に役立つことはあっても、捕物帳ではなく、事件について探索する姿もないので、結局は律の恋心や、上絵師としての成長などが描かれることになるのでしょう。

とはいえ、まだシリーズは始まったばかりで、本シリーズがどのような性質のものであるのかはまだはっきりとはしていません。

律の仕事である上絵師とは、「着物に花や鳥、紋様、家紋など、様々な絵を入れるのが」仕事です。父の伊三郎のもとで手伝いをし、腕を磨いてはいたものの、律の名では仕事を貰うまでには至らず、弟と二人、父親の貯めていた蓄えを食いつぶしながら、何とか細々と暮らしているところです。

律と慶太郎の母親美和は五年前に辻斬りのために命を落とし、父親の伊三郎も今から二月前に川に浮かんでいる姿が見つかりました。残された弟の慶太郎はまだ九歳であり、律が頑張らなければならないのです。

ここで本書の登場人物を見ると、まず律には涼太と香という幼なじみがいます。二人は表店の葉茶屋・青陽堂の兄妹で、律の隣人である今井直之の手習い指南所で一緒に学んだ仲でした。

この律が、今の律たちの親代わりとも言えそうな立場の今井の計らいで、定周り同心である広瀬保次郎に頼まれ似面絵を描くことになるのです。この似面絵の出来栄えが見事で、事件を解決に導くことになり、律もわずかながら生活の糧を得ることができるようになります。

ただ、他の捕物帳のような事件の探索を経て事件が解決するような話ではなく、律と慶太郎姉弟の身の振り方について隣人や、親戚幼なじみらが世話を焼き、それについて律の恋心が絡んだりする姿が描かれる、人情小説の王道を行く物語でもあります。

作者が女性ということで共通するからなのか、高田郁の『みをつくし料理帖シリーズ』の雰囲気にとても似ています。主人公が料理人と上絵師という手に職を持った娘であることも同じです。何よりも、文章の雰囲気も似たものがあります。

特に本書において主人公の律が上絵を考えるときや、亡くなった親を思う時などの描写、律の心象を語る場面の時間の流れ方はゆったりとしています。文章のテンポが悪いということではなく、読みやすさは保ったままでただ刻だけが緩やかに感じられるのです。

これは非常に心地よい経験でした。読んでいてとても楽になる、そういう経験はあまりありませんでした。

多分ですが、新たに読み応えのある時代小説が見つかったと言えるのではないでしょうか。続編を待ちたいものです。

鈴木 英治 信義の雪 沼里藩留守居役忠勤控




このところ『口入屋用心棒シリーズ』を読み続けていた鈴木英治の新作シリーズで、口入屋用心棒の湯瀬直之進の出身地である駿州沼里藩関連の物語です。

主人公は沼里藩江戸屋敷留守居役の深貝文太郎という男です。ある日、文太郎の相役である高足惣左衛門が町屋の女を殺した罪で捕縛されます。高足の無実を信じる文太郎は、高足ののこした「さんずのかみ」という言葉を頼りに真犯人の探索に乗り出すのでした。

本書は、副題で「沼里藩留守居役忠勤控」とあるように、江戸藩邸の留守居役である主人公の活躍を描く物語だと思われます。読んだ通りのそのままですが、まだ第一巻目であり、今後の展開を待つしかありません。

少なくとも第一巻目である本書では、沼里藩江戸屋敷留守居役の深貝文太郎という男を中心に、同僚の無実を晴らすために奔走する文太郎の姿が描かれています。

ただ、クライマックスでこの物語の色合いを決めるであろう出来事が起きます。そこで終わっているので今後がどんな展開になるのか、何も分からない、と言うべきでしょう。

今のところ口入屋用心棒シリーズでの富士太郎のような、ある種能天気な人物は登場してきておらず、本シリーズのほうがシリアスな展開になるのではないかと思われるだけです。

ただ、捕物帳的ではあっても、口入屋用心棒シリーズでもそうであったように、探索の進み方がどちらかというと場当たり的な印象がある点は本書でも否めません。

もう少し丁寧な描写、物語展開が欲しい気はしますが、やはり気楽に読めることを第一義とする痛快小説としては、これくらいの物語のほうがいいのかもしれません。

先に書いたように、最後で意外な展開も見られて以降の進行が気になることでもあるし、とりあえずはしばらく読み続けて見ようと思います。

誉田 哲也 Qrosの女





この物語は、「芸能界」と「週刊誌」を舞台とするサスペンスの要素も詰まった長編小説です。

世間を騒がす謎のCM美女「Qrosの女」の素性を暴くべく奮闘する「週刊キンダイ」芸能記者の矢口慶太。CMで彼女と共演した人気俳優・藤井涼介の自宅を、先輩記者・栗山と一緒に張り込むとそこに当人が!?藤井との熱愛スクープ・ゲット!それともリーク?錯綜するネット情報と悪意。怒涛のエンタメ誕生!! (「BOOK」データベースより)


誉田哲也の小説といえば、エンターテインメント性の高い物語で人気ですが、中でも描写のグロテスクさが一つの特徴として挙げられます。本書はそうした指摘に対し、「不幸な真実の物語」とは反対の、全くグロさを封印した「幸せな嘘の物語」を描いたのだそうです。( Qrosの女 誉田哲也 : 参照 )

生粋の芸能記者である栗山孝治は、過去に一度だけ仕事上でミスを犯し、「贖罪」としての思いを持ちつつ並行取材ネタの一つとして「Qrosの女」を追いかけていました。ある取材先で突然に自分は「Qrosの女」に会ったことがあることに気づき、その女の追跡調査を続けます。そこに、園田芳美という芸能ゴロ記者が関わってくるのでした。

その後栗山記者は「Qrosの女」こと市瀬真澄と出会い、彼女のために一肌脱ぐことになります。

この市瀬真澄という存在をめぐり、栗山孝治、栗山の後輩記者である矢口慶太、芸能ゴロの園田芳美、そして市瀬真澄の視点で「Qrosの女」の登場から、現在までを立体的に描き出しています。

つまり本書は、同じ時間軸を、異なる視点で描き出すという手法で描き出したエンターテインメント小説です。ひとつの時間軸の流れ中で、リレー方式で視点を分担して描写するのではなく、同じ時間軸を複数の視点で重畳的に描き出しているのです。

本書は舞台が「芸能界」と「週刊誌」ですので、やはり芸能ニュースではあっても報道と人権の問題も少しですが描いてあります。本来であれば、この視点は無視してもいいのかもしれませんが、やはり取材活動を描く以上は、人権の問題を抜きにしては逆に真実味に欠けると思われたのでしょう。

そして本書の見どころとしては、やはり芸能界の裏側の描写でしょうか。大手プロダクションの大物が芸能界で実質的な力を握っており、このボスには誰も逆らえないこと、人気スターの裏の顔など、普段ゴシップとして囁かれている事柄がどんどん出てきます。

こうしたこともどこまで本当のことなのかは分かりませんが、そうした噂話を格好の話題とする私たち一般人の後ろめたい部分をくすぐってもくるのです。

そして、本書で忘れてならない点がネット社会の恐ろしさです。話題になった人物をどこまでも追いかけてネット上にさらすというのは、絵空事ではなく現実の話です。そして、そうした行動を取っているのがマスコミではなく一般人だという現実。こうしたネット社会の恐ろしさを本書は暴き出しています。

グロさがない、誉田哲也のエンターテインメント小説です。やはりこの作家の作品は面白い、そう思い知った作品でもありました。

誉田哲也というエンターテインメント作家の上手さを改めて認識させられた作品でした。

鈴木 英治 木乃伊の気-口入屋用心棒(35)




正邪ふた振りの“三人田”は鎌幸のもとにかえされ、“三人田”にまつわる物語も前巻で一応の決着を見たと思われます。そして、本巻からは新しい物語が始まると思われたその冒頭から、理由も不明のまま直之進が襲われます。

何とかその賊を撃退した直之進ですが、今度は秀士館の敷地内から木乃伊が発見され大騒ぎです。そこに直之進と共に立ち合っていた佐之助は、運び出される木乃伊を目当てに集まっている野次馬の中に、冷たすぎる目で木乃伊を見つめる一人の侍に気がつくのでした。

後を追い名を聞くと永井孫次郎と名乗るのですが、どうも思い当たりません。後をつけ永井の幸せそうな家庭を確認した後、佐之助が秀士館に戻ると、今度はまだ新しい白骨死体が発見され、富士太郎が探索へと乗り出すことになるのです。

直之進らが務める秀士館は、今は取り潰しになった旗本山梨家の当主である石見守行定の手により焼失させられた屋敷跡に建てられたものだといいいます。富士太郎は、竹内平兵衛という山梨家の遺臣を探し当て、伊達家との当主同士の諍いがきっかけという取り潰しのいきさつを聞き、また定岡内膳という目付の名前を知るのです。

一方、直之進は自分を襲った賊を探し、伊沢要一郎という旗本の屋敷から出てきた、直之進を襲ってきた賊と姿が良く似た桶垣郷之丞という伊沢家の家臣に目をつけます。「侍は死を賭して主君に仕えるもの」という桶垣は、その後富士太郎の探索にもかかわってくることになり、更に佐之助の探索とも繋がってくるのでした。

本書では直之進と佐之助が剣術指南役として勤める秀士館にまつわる物語が語られています。直之進と佐之助、そして富士太郎という中心人物がそれぞれに働き、事件を解決していく、シリーズの定番の流れです。

佐伯泰英の『らくだ 新・酔いどれ小籐次』の折にも書いたのですが、小藤次の物語で感じるシリーズとしての物語の広がりを、この口入屋用心棒シリーズでは感じられなくなってきています。

直之進ら主人公の生き方が安定し、三人に琢之助を加えた四人の人生が落ち着くところに落ち着いてしまった、ということも一つの原因かもしれません。単純に痛快小説としての魅力が薄れてきています。

毎回同じことを書いていますが、もうひとつシリーズとしての厚みが欲しいものです。

鈴木 英治 痴れ者の果-口入屋用心棒(34)

前巻の終わりでは、刺客に襲われて危うい富士太郎を救った米田屋こと琢ノ助が、危篤状態に陥ってしまいました。

琢ノ助の危篤の知らせを受けていた直之進と佐之助が米田屋に赴くと、米田屋付近に、どうも鎌幸をさらった撫養知之丞の配下の者としか思えない不審な気配があります。撫養知之丞が米田屋を見張るとすれば、それは撫養知之丞こそが富士太郎を襲った犯人だからとしか考えられず、ここにおいて、いつものごとく直之進らの探索と富士太郎の探索とが交差するのでした。

阿波国を故郷とする撫養知之丞が江戸に出てきた理由は“三人田”にあるらしく、“三人田”には正と邪のふた振りの剣があり、ふた振りの剣がそろうと天変地異が起きるといいます。撫養知之丞はそれにより民心を惑わし乱世を導こうとしている、と考えられるのでした。

富士太郎は、太田源五郎殺しの下手人である源五郎の女であったおさんから、おさんの店に撫養知之丞が来たことを聞きこみます。

一方、佐之助は古い知人から撫養知之丞が故郷を出なければならなくなったしくじりを調べ、それが忍びとしての撫養家がつくっていた薬に関わることを聞きこみます。

こうして、奉行所の不審な人事やおさんの殺しなど、いろいろな人の不可思議な行動が撫養知之丞の手になる薬により操られていることを知るのでした。

本書で撫養知之丞の絡んだ事件は一応の解決をみるのですが、どうも物語として今ひとつのめり込めません。筋の運び方がどんどん雑になってきている印象です。

人の気配を感知したりするのはまだいいとしても、その気配が悪役の手下のものであることまで分かるというのは少々行きすぎのような気がします。

また、ふた振りの“三人田”があり、このふた振りの剣がそろうと天変地異が起きるという言い伝えをを信じ天下を覆そうと企む、などという展開はいかにも安易です。もしこの設定にするのであれば、もう少し“三人田”に関しての言い伝えを丁寧に書き込み、物語の中での言い伝えの信憑性を高めて欲しかったと思います。

そうした設定もなく、結末も“三人田”の言い伝えに関しては何も書いてありません。単に、返却した、というだけです。

鈴木英治という人はもう少し丁寧に物語を組み立てていた人の筈なのですが、このシリーズに関しては巻が進むにつれ雑さを感じるようになっています。

今後の修正を待ちたいものです。

雫井 脩介 仮面同窓会




かつての悪ガキ四人組みのいたずらがもとで発生した殺人事件を描く、長編の推理小説です。

青春の思い出を語り合うだけのはずだった。同窓会で再会した洋輔ら四人は、旧交を温め合ううちに、かつての体罰教師への仕返しを思いつく。計画通り暴行し置き去りにするも、教師はなぜか別の場所で溺死体で発見された。犯人は俺達の中にいる!?互いへの不信感が募る中、仲間の一人が殺されて…。衝撃のラストに二度騙される長編ミステリー。(「BOOK」データベースより)


主人公の洋輔は、十年近く経って開催された同窓会で、かつての皆川希一、大見和康、片岡八真人という仲間と再会します。彼等は共に、樫村から理不尽な仕打ちを受けていました。それは体育教官室の前で強いられる正座や、前時代的な「天突き体操」であったりしたのです。

彼らの樫村に対する恨みは強く、久しぶりに会った同窓会でのことでもあり、いつしか樫村に対する仕返しを計画しているのでした。

計画通りに樫村を拉致し、顔を隠した四人の前で「天突き体操」をさせることに成功します。その後、ガムテープを巻いたままの樫村を放置したまま帰宅した四人でしたが、翌日もたらされたのは、仕返しの現場からは離れた静池で樫村が死んだというニュースでした。

樫村を仕返しの現場に放置したことを知っているものは他にはおらず、樫村殺しの犯人は四人の中にいるとしか考えられないと、疑心暗鬼にかられる四人です。

そのうちに、事態は思いもかけない方向へと向かうのでした。

本書の帯には、「『火の粉』『犯人に告ぐ』を凌ぐ、雫井脩介の新たな名作誕生」という惹句がありました。しかしながら、『火の粉』は未読で分かりませんが、とても『犯人に告ぐ』を凌ぐなどという作品ではありません。

これが同じ雫井脩介の作品とは思えないほどの作品でした。

そもそも、高校時代の教師に対する恨みを十年後に晴らすという設定自体に無理を感じますし、その点については目をつぶるとしても、途中でのミスリードを誘う仕掛け、それも複数の仕掛けも、あまり出来がいいとは感じませんでした。

私はこの仕掛けにはまったのですから、意外性が無かったといえば嘘になります。しかし、一般的に出来のいいミステリーでの仕掛けにはまることにより感じられる痛快感、爽快感全くと言っていいほどに感じられなかったのです。

『犯人に告ぐ』の面白さは改めで言うまでもないほどに高いものですが、本書は本当に同じ作者が書いた作品かと疑いたくなるほどです。惹句のためにハードルが挙がっていたのは否定できませんが、それにしても残念な作品としか言えませんでした。

スティーヴン キング ドクター・スリープ(上・下)








S・キングの初期の名作作品である『シャイニング』の続編となる長編小説です。

1977年に発表されたホラー小説の『シャイニング』は、スタンリー・キューブリック監督の手で、ジャック・ニコルソンを主人公としたホラー映画として作成され、小説とは別に映画版の『シャイニング』として古典的な名作として確立されています。ただ、キング自身はこの映画に批判的なようです。

本書はこの『シャイニング』で、からくもロッキー山上にあるオーバールックホテルから脱出することに成功したダニー少年のその後が描かれています。

ダニーはその父親ジャック・トランスもそうであったように、アルコール中毒であり、そのために定職につくことができないでいます。常に「オーバールックホテル」での悪霊の影におびえながら、酒に逃げないではいられなかったのです。

そうして「じきにいよいよ三十の大台」にもなろうとする頃に本書の本題の舞台となる町フレイジャーに流れ着きます。そこで会ったビリー・フリーマンの紹介で町のサービス係とも言うべきキングズリーという男から雇われ、この町に居つくのでした。

その後、この町の近くで生まれた、本書の本当の主人公と言ってもいいアブラという女の子と、お互いに見知らぬままでの心の交流が始まります。そして、アブラの成長に伴い、真結族との対決の時が近づいてくるのでした。

本書はキングの特徴である緻密な描写をそのままに、ダニーと悪霊との戦いを描いています。しかしながら、物語の面白さはかつてのキングの小説ではないと言わざるを得ません。

前作『シャイニング』では悪霊は人知を越えた不可思議な、言わば「悪意」そのものと言える存在でした。しかし、本書においては「真結族」という具体的な悪として登場します。ローズというシルクハットをかぶった女をリーダーとする真結族は、「かがやき」というダニーやアブラたちが有する能力を「命気」として自分たちの生命の源として吸い上げることを目指しているのです。

つまりは、アメリカ・メイン州にあるセイラムズ・ロットと呼ばれる田舎町を舞台にした、やはりキングの初期の名作のひとつである『呪われた町』が吸血鬼を取り上げていたのと同じように、人間の「命」を食料にする者たちを相手とする物語です。

シャイニングで感じた、SFで言うセンスオブワンダーのような感動は少なくとも本書ではありません。往年のキングの作品は、「悪」そのものを体現する超自然的な存在を具体的に描くことなく、例えば「IT」におけるピエロのような抽象的な存在として描くだけで恐怖感を演出していました。しかし、近年の作品では、「悪意」ある存在を、近頃のアメリカのホラー映画のように、具体的なクリーチャーのような実在として描いている印象が強く、往年のような恐怖感を感じないのです。

勿論、キングの作品の常として、描写はとても緻密であり、ときには饒舌に過ぎる印象すらあります。しかし、『スタンド』や『ダークタワー』といった大作でもそうであったように、時代を象徴する音楽やアイテムといった時代性をも織り込んだ緻密な描写の上に構築される悪意ある超自然的存在こそがキングの小説の醍醐味だった筈ですが、その印象が薄くなっているのは残念でした。

しかしながら、読後で読んだネット上でのレビューでは、結構評価が高いところをみると、私のように感じる人は少ないように思われます。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR