月村 了衛 追想の探偵





目次
「日常のハードボイルド」
「封印作品の秘密」
「帰ってきた死者」
「真贋鑑定人」
「長い友情」
「最後の一人」


機龍警察』や『土漠の花』といった重厚な冒険小説を書かれてきた月村了衛という作家のこれまでの雰囲気とは異なる小説です。アクションは全くなく、また誰も殺されることもない、人情小説にも通じる情緒を漂わせている、「日常のハードボイルド」という言葉がピタリと当てはまる物語でした。

主人公は不定期刊の雑誌「特撮旬報」という映画雑誌の編集長をしている女性で、「人捜しの神部」という通り名があるほどに人探しが上手く、その手腕で見つけた人材をもとにした記事やインタビューなどが彼女がこの雑誌のメインとなっているのです。

本書の一番の魅力は、神部実花の人捜しのノウハウを詳しく描写してあるところでした。それは一言で言えば「あきらめない」という言葉に尽きるのですが、実際は探索の端緒そのものへの着目点など驚かされることばかりです。

本書では、対象が特撮関係の人物探しということなので、人探しの着目点はまずは業界の人脈ということになるのでしょう。

例として第一話の「日常のハードボイルド」を見ると、『流星マスク』という作品が特集となり、その作品の目玉となる人物として、特撮作品のみならず国際的に評価された数々の名作映画に関わった佐久田政光という伝説の特殊技術者を取り上げることになっています。

しかし、この人物はもう三十年も前に映画系とは一切の縁を切っていて、家族の連絡先も不明というのです。

そこで、まず佐久田政光のプロフィールから連絡先を知っていそうな人物をリストアップし、バイトの八重樫に片っ端から電話をかけさせます。

その後、国会図書館や大宅壮一文庫に日参し、当時の新聞、雑誌のみならず、学年誌、児童誌などまで見ます。しかしながら、ここらは誰でもやることであり、その先を、落ち穂よりもなお細かい「綿毛」ほどの何かを見るのだそうです。

そこで囲み記事で見つけた「佐久田の親戚の球磨美大生」という言葉にかすかな糸を見出しますが不発で、現代ならではのネットという手段からその親戚は見つけ出します。でも、肝心の佐久田政光へは繋がりません。

ここでもう一度最初のアルバイトによる電話攻勢へと戻り、今度は自ら電話をかけなおします。今度は、上司が丁寧に電話をするということで、その間に思いだしていたことや、話に応じてくれることが多々あるといいます。とにかく忍耐力が限りなくいるというのです。

この第一話は、結局は別筋からの情報で佐久田政光にたどり着くのですが、その別筋でもまた人探しの努力が描かれ、その結果佐久田政光に絡んだ人間ドラマが待ち構えていたのでした。

本書は、「追想の探偵」というタイトルから一匹狼の探偵の抒情的なハードボイルドをイメージしていたのですが、私が事前に思っていた内容とはかなり異なる物語でした。

特撮映画という特殊ジャンルでの人捜し、というなかなかに癖のある物語です。後に、主人公にはモデルがいるとの作者の言葉を知りました。先にモデルの人物があり、本書が出来たのだそうです。

当初は、私個人の好みからは外れた作品だと思いつつ読み進めていましたが、そのうちに引き込まれていました。やはりこの作者の物語は面白い。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR