FC2ブログ

鳥羽 亮 剣客春秋親子草 遺恨の剣




剣客春秋親子草シリーズの第五弾です。



近頃、大店の娘を誘拐する事件が起きているという。その事件の関連なのか、誘拐事件を探索している北町奉行所の臨時廻り同心の坂口主水の息子も何者かにつけ狙われ、そのために千坂道場も休ませているというのだった。

そのうちに、藤兵衛の妻おふくの実家である藤田屋の娘お菊が攫われ、二千両という身代金の要求があったらしい。藤田屋は町方に相談するとおきくの命はないとの脅しを受け、藤兵衛に相談してきたのだった。

藤兵衛は弥八と佐太郎の力を借り、何とかおきくの居場所を突き止めようとするが、女衒の辰の名前は上がるもののお菊の居場所は依然として不明のままだった。逆に、千坂道場に二人の武士が現れ、探索から手を引かねば千坂道場の門弟や彦四郎の妻子の命も保証できないと言ってくるのだった。

藤兵衛が藤田屋に身代金を受け取りに来た犯人らの後をつけると、犯人らは船を使い逃れてしまう。その様子を一味に知られ、今度は直接に千坂道場が襲われる事態にまで陥るのだった。



前巻でパターンの変更を願うと書いたところ、今回は少々異なった筋の運びでした。

とはいえ、探索方の探索の結果に応じて藤兵衛たちが斬りこむ、という点においては同様です。

また、これまでも何度か感じたことがあるのですが、主持ちでない侍が人を殺めても同心らは乗り出さないのでしょうか。藤兵衛らが敵役を切り殺し、その後始末もしないままに放っておいてもいいものか、など、不要なことまで考えてしまいました。

また、攫われた娘らを救出しに行く際には坂口らの役人が居たほうがよさそうな気がするのですが、千坂藤兵衛らは殆どのことを自分たちだけで成し遂げようとします。何故役人を同道しないのか、その点が気にはなるのです。

どうも、あら探しのような読み方をしている気持ちになりました。

このシリーズはシリーズとして面白さは持っていて、これからも読み続ける気ではいるのですが、パターンが同じ雰囲気になっていて、考えなくてもいいことまで考えてしまうのかもしれません。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR