池井戸 潤 ルーズヴェルト・ゲーム




痛快企業小説の第一人者である池井戸潤の、社会人野球チームの活躍をも交えた、ちょっと視点が変わった痛快小説です。



本書の主役は、かつては名門と言われた野球チームを有する青島製作所という中堅電子部品メーカーです。

しかし、社会的な不況の中で会社の業績は下降線をたどるばかりで、会社内には社会人野球チームを配しするべきという声も起きていたのです。そんな中、村野三郎野球部監督と社長とが喧嘩別れをし、村野監督はあろうことかチームのエースと主軸打者を連れてライバルのミツワ電器に移ってしまう事態が起きるのでした。

野球部部長の三上文夫総務部長は、大道雅臣という男を推薦され、新監督として迎えます。ただ、古参の選手たちは新監督のデータ重視の方針に異を唱えます。

一方、不況は会社の存続そのものをも危うくし、主要取引先から取引の縮小を告げられ、青島製作所社長の細川充は今後の方針に苦慮し、銀行の圧力もあって、リストラ策の実行を決断します。

ライバルのミツワ電器の値段を無視した攻勢があり、また青島製作所の専務である笹井小太郎を筆頭とする野球部の廃止を求める声が次第に大きくなってくるなか、廃止の危機を迎える野球部は沖原和也という強力な戦力を手にするのでした。




著者の池井戸潤は、2008年9月に起こったリーマン・ショックによりもたらされた不況下で、「読んで元気になってもらう小説を書こうと考え」、映画『メジャーリーグ』を念頭に、「企業間競争の代理競走である社会人野球にスポットを当てることに決めた」そうです( ウィキペディア : 参照 )」。

本書は、青島製作所の存続、つまりは対外的な経営努力と会社内部での派閥争いという普通の経済小説の流れの他に、野球部の活躍という新たな要素が加わり、特定の主人公は置かない多視点で描かれた小説として、物語としての魅力を増しています。

まず青島製作所自体の、ミツワ電気やジャパニクス社との間での経営陣の駆け引き、苦労があります。

その上で青島製作所内部での細川社長と、笹井専務ら一派との派閥争いがあり、また青島製作所野球部の廃止を主張する笹井専務らと、野球部存続に奔走する野球部部長の三上総務部長との確執があって、そうした状況が重畳的に描かれているのです。

勿論、それらの争いは個別ものではなく、青島製作所の生き残りという経営問題を中心にした一つの話であり、その軸のもとにそれぞれの話が描かれています。

青島製作所自体の物語も、青島会長というこの会社を立ち上げた人物が魅力的です。笹井専務という誰しもが次期社長と考えていた人物ではなく、コンサルタント会社に勤めていた細川充という人物を連れてきて社長としたのもこの青島会長でした。

その期待に応えて青島製作所の売り上げを伸ばした細川社長でしたが、世間は不況の波に襲われ、青島製作所もリストラ策を実行しなけらばならなくなる事態にまで陥っていたのです。

当然のことながら、野球部の存在自体を否定するものが現れるのは当たり前でした。青島製作所はその経営を維持できるのか、風当たりが強くなるばかりの青島製作所野球部は廃止されてしまうのか胸躍る物語が展開されるのです。

特定の人物を主人公として据えるのではなく、多視点で描いているこの物語は、だからなのか、若干ですが中途半端な印象もありました。

例えば、新しい野球部監督はもう少し話が広がるかと思えば若干知り切れな印象ですし、野球部の救世主の沖原和也も少々物足りません。かなり悲惨な仕打ちを受けていた沖原ですが、彼についてのエピソードがやはり物足らないのです。

本当は、これだけで一つの話ができそうな野球部の物語なのに、企業小説の一側面としてこれだけ描き出してあるのですからよく描いてあるというべきなのかもしれませんが、もう少し膨らまして盛り上げてほしい、と思ったのです。

それだけ面白かったのであり、もったいないと思えたということです。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR