FC2ブログ

誉田 哲也 ノーマンズ・ランド




姫川玲子シリーズの第九弾となる、長編推理小説です。

時系列的に三つの流れがあり、それが交互に語られ、最後にそのすべてが一つにまとまります。



一つは三十年前のから始まる、江川利嗣と庄野初海という二人の高校生の純愛の物語です。しかし、その付き合いはある日突然に失われてしまいます。その後は江川利嗣の視点で語られます。

もう一つは姫川玲子を追いかけるこの物語の本筋の流れです。葛飾署管内で起きた若い女性の殺人事件のため、姫川は葛飾署におかれた捜査本部に入ることになります。ところが、犯人と目される男は既に別件で本所署において逮捕されていました。しかし、本所署の様子がおかしく、姫川は何とか本所署の事件の内情を探り出しますが、そこでは思いもかけない裏の事情がありました。

そしてもう一つ、ガンテツこと勝俣健作警部補の動きを追いかける流れがあります。勝俣刑事は民自党本部の広報本部長の鴨志田に呼び出され、あるビデオを見せられて、その後始末をするようにと言われます。



誉田哲也という作家の特に警察小説での小説手法として、時系列を違え、視点の主体をその場面の中心人物に据えた書き方をされることが多いように思います。そして、ほとんどの場合においてその手法が実に効果的だと感じられるのです。

というのも、視点の主の主観、内心に深く分け入り表現することで、読者もその場面に感情移入しやすくなると思われるのです。

これまでのこのシリーズも当然面白く読んだのですが、本書では特にエンターテインメント小説としての魅力が増しているようです。それは、前作である『硝子の太陽R』あたりから特に思ったのかもしれません。

もともと、姫川玲子シリーズでは特に姫川班のメンバー個々のキャラクターの設定が面白く、その個性がチームとしてうまく機能していました。それが、巻数を重ねるにつれ、物語世界の構築も重ねられたためなのか、とくに姫川と勝俣刑事のキャラクター描写が面白いと感じるようになってきました。

その個性の表現の方法として、これまでのシリーズの中でも同様だったのかは覚えていませんが、会話の流れの中での地の文で書かれる内心の声が強烈です。

例えば、目撃者に参考人の写真を見せたときの「こんな不細工じゃありません」との目撃者の言葉に対し、“それ、そこまでハッキリいわなくてもよくないか。”とあったり、武見諒太検事との会話の中で、茶化そうとする武見に対し、“黙って聞け。”との一言があったりします。声に出してではなく、あくまで内心の声であって、実に効果的です。


その流れで言うと、シリーズの主人公である姫川玲子というキャラクターが、シリーズの中心に強烈に据えられているのもまた、魅力の大きな要因だと思います。シリーズものの中でも特に芯が強固に設けられているのです。

また、姫川のように強烈な個性を持ってシリーズの毒の側面を担当する勝俣健作警部補の存在も大きいのですが、その勝俣の来歴の一端が語られているのも魅力の一部でしょう。


勿論、ストーリー自体もよく考えられています。今回は特に自分の属する捜査本部の事件ではなく、他の署の事件の内容が自分の事件に絡むというその一事で、他の署の事件の裏側を暴きだすという構造であり、ちょっと気を抜くと全体象が見えなくなりそうな感じもあります。


常に、今後の展開を早く読みたいと期待させてくれるのです。

鳥羽 亮 剣客春秋親子草 襲撃者

剣客春秋親子草シリーズの第六弾です。



千坂道場の門弟が道場からの帰りに、千坂道場の者に立ち合いを望むとして二人の侍に斬りつけられ、一人は首の血管を斬られてしまった。

そんな折、門弟の米山新次郎が自分が仕える土屋家の用人を伴ってきて、土屋家の二人の息子のために剣術指南として屋敷に来てほしいといってきた。

彦四郎に永倉他二人の四人で土屋家へと出稽古に行くことになるが、その話を聞いた米山が道場から帰る途中、町人を含んだ三人組みに襲われ、斬り殺されてしまう。

そのことを聞いた千坂藤兵衛は、かつての門弟で北町奉行所臨時廻り同心の坂口主水と弥八、佐太郎に、彦四郎の門弟を斬った人物の正体を突き止めるため手を借りることにした。

後日、彦四郎が里美と花を連れて華村へ行った帰りに、三人の侍らに襲われるが、危ないところをあとをつけてきていた藤兵衛に救われるのだった。

座していても何もならないと、彦四郎と永倉は土屋家の出稽古の話のその後を調べると、本郷にある神道無念流の道場に決まっているらしい。その晩、町人の線を調べていた弥八は、侍とつるみ、剣術も習っている伊七というもと中間の話を聞き込んでいた。



今回もまた、何者かが千坂道場に狙いをつけ、門弟らを襲いその信用を失墜させ、千坂道場の後釜を狙うというパターンでした。それに対抗して、弥八と佐太郎が敵のねぐらを見つけ、彦四郎が藤兵衛と永倉らと共に討ち入って相手方を退治するのです。

シリーズを知らずに、本書だけを読んだ人にとっては登場人物のキャラクタ―を知らずに読み進めるわけですから、剣戟の場面が好きな人は別として、それ以外の人にとっては面白みの伝わらない物語になるのではないでしょうか。

私自信、このシリーズのファンであるからこそ読み続けているのですが、どうも新しいシリーズになってから、似たストーリーの繰り返しになってきていると感じます。

せっかく藤兵衛を始めとする面白いキャラクターが育ってきているのに、毎度同じ内容の物語ばかりではさすがに辟易します。もう少しの変化を期待したいものです。

道尾 秀介 風神の手




複数の物語が一個の話として収斂していく様が見事な長編のミステリー小説です。

第一章
ひと組の母と娘が遺影専門の写真館である鏡影館に訪れます。そこで見た一枚の写真は母親である奈津美に昔を思いだせます。二十七年前の火振り漁の夜の母親の回想へと場面は移り、奈津美は火振り漁の漁師に恋をします。

第二章
一人の男が鏡影館の経営者を訪ねてきて、留守の間待たせてくれと頼みます。そこから、話は一気に過去へ飛び、一人の少年“まめ”が鏡影館の商品棚の前にいる場面へと移ります。

第三章
崎村源哉は鏡影館で藤下歩という女性と知り合います。歩は、源哉が小学五年生くらいの頃に家を訪ねてきた親子連れの娘の方でした。そこで二人はノカタという老夫人とすれ違うのでした。



物語の中心には鏡影館という遺影専門の写真館があります。またもう一つの芯として、この町を流れる西取川の護岸工事があり、その工事を行っていた中江間建設の河川汚染事故があります。中江間建設はこの事故により倒産することになり、家族らと共にこの町を出ていくことになるのです。

第一章の奈津美の父が中江間建設の社長であり、第二章のでっかちの父親は中江間建設によるこの護岸工事の現場で働いていました。そして、第三章に出てくる藤下歩は第一章の中江間奈津美の娘であり、崎村源哉は奈津美の恋人である崎村の息子だったのです。

道尾秀介という作者の作品は本書で四作目であり、あまり多くは読んでいません。これまで読んだ作品も決して私の好みに合致した作品ということはできず、しばらく遠ざかっていたのですが、数年前にテレビで放映された映画『カラスの親指』という作品が、その終盤のどんでん返しの意外性もあって気になる作家の一人として頭の隅に残っていたのです。

それが本作品の惹句「隠された“因果律”の鍵を握るのは、一体誰なのか―章を追うごとに出来事の“意味”が反転しながら結ばれていく。」を見て読んでみる気になりました。

結果としてわたしの好みに合致した作品であり、これまでのホラーチックなこの作者の印象とは異なる作品でした。一番最初に読んだ『シャドウ』などから比べると実に健康的なのです。

各章で、意外性を伴った謎とき、というかその章で起きた事柄の本当の意味を解き明かしながら、全体として各章で起きた事柄が相互に関連していく、その様は小気味よく快適です。

各章での出来事は、他の章では別な意味を持ってくる出来事であり、単なる貼られた伏線の回収、以上の意味を持たせてあるのです。

そうした構造は、この物語の簡単なあらずじさえもネタバレになりかねず、ここで書くわけにはいきません。上記の簡単な紹介すら書いてはいけないのではないか、とも思ってしまう程です。でも、上記の点くらいはすぐに判明するすることなのでよしとしましょう。

「写真」や「くらげパチンコ」などの遊びを共通のイメージとして持ちながら、複数の視点から同じ出来事を見つめなおす、その構造が上手くはまると心地よい、そういう物語でした。

辻堂 魁 架け橋 風の市兵衛20





風の市兵衛シリーズ第十八作目の作品です。


いつもの仲間が「喜楽亭」で市兵衛の婿入りの話で盛り上がっていたところに、口入屋の矢籐太が相模の須賀湊の廻船問屋弓月の主である七衛門とその息子を連れてきた。

七衛門が預かってきていた手紙にはただ一言≪青≫との一文字だけがあり、同時に「助けてほしい。弥陀ノ介には言うな」との市兵衛の伝言もあった。七衛門と共に須賀湊へに着いた市兵衛は青に会うが、彼女のお腹が大きくなっていたのだった。

弥陀ノ介のもとを逃げ出した青は品川宿へと流れ、ある人の世話で上方の廻船で向かっている途中に大西風に会い難破し、海賊に拾われたが、そこで一人を斬って逃げだしたという。

しかし、青に弟を殺された海賊の首領の東雲お国は、弟の敵の青への復讐のために青を捜し回っているのだった。



本書では、市兵衛らが乗り込む廻船問屋弓月の五大力船や、海族の乗る、帆走・漕走併用の小型の高速船である押送船(おしょくりぶね)が物語の随所で使われています。

今回の物語の豆知識としては、大坂と江戸とを結ぶ船便の弁財船と呼ばれる大型木造帆船や、五大力船という関東近辺の海運に用いられた海川両用の廻船について説明ということになります。

そして、本書の一番の見どころとしては、返弥陀之助と恋仲になったものの忽然と行方不明となった異国の殺し屋“青”の再登場という点にあるでしょう。

まず、弁財衆が恐れる「大西風」という大時化にあった千五百石積二十五反帆の八幡丸に乗る十五人の水主(かこ)と数人の旅客のうち、“青”のみが助かるという実に都合のいい偶然から話は始まりますが、いつもの通り、こうしたことは痛快小説の決まり事として読み飛ばします。

その後、青を助けるために須賀湊まで来た市兵衛と青との、五大力船と押し送り船での海賊との闘いが本書の一つの見せ場となっています。

また、それとは別に、本書では市兵衛の結婚話がサイドストーリー的に組み込まれています。今回は婿入りの話なので、もしまとまれば今後の話の展開がかなり異なってくるだろうし、それはそれでまた面白いだろうと思っていました。

このシリーズもこの頃何となく物語の面白さが普通の痛快時代小説のレベルに近くなってきた、と思っていたのですが、今回は若干盛り返したような気がします。

やはり、それは“青”の登場するところによるのでしょうし、そうであるのならば、今後のこの物語の展開も面白くなるだろうと期待したいと思います。

藤崎 彩織 ふたご




本書は、一人の少女が一人の男と出会い、彼に振り回されつつも成長し、他の仲間と共にバンドを組み更なる成長を遂げる長編小説です。

本書の主人公の西山夏子は、このSEKAI NO OWARI のピアノ担当であるSaoriこと藤崎彩織が自分自身をモデルに描いた小説です。

当然ですが、作者が現役の人気バンドメンバーだということがまず興味をひかれるところだと思います。登場人物も現実のバンドのメンバーを思い起こさせる人物が登場していることなど、作者の実体験に基づいている物語だと捉えられる書き方です。現実と本書とを混同しているレビューも散見されることも、ある程度は仕方の無いところでしょう。

本書は二部構成になっています。第一部は主人公の西山夏子と月島との二人の物語で、第二部はやはり月島と夏子を中心とした物語ではありますが、バンド中心の物語となっています。そして、全編が夏子の一人称で語られています。



友達との付き合い方が分からない夏子は中学二年生の時に一学年上の月島と出会います。夏子の居場所は俺がつくる、という月島に救いを求めていたのかもしれません。

月島が高校生になり、夏子の知らない高校生の生活の中で、月島が好きな子がいると言う言葉に振り回されたりもします。夏子にとっては月島だけが自分のことをわかってくれる相手です。他には誰もいません。



第一部はこのように二人の世界が展開します。でも、二人の間で交わされる会話は夏子が、そして月島も後に言うように、「言葉の遊び」でしかなく、こうした二人の会話に私は強烈な違和感を感じてしまいました。

もしかしたら現実にこうした会話をする人たちがいるのかもしれませんが、少なくとも私の知る限りではいませんし、もしいたとしてもそれは別世界の人種としか思えません。

主人公の恋人的な立場の月島の精神的な身勝手さは私の相容れない心情であり、こうした男に振り回される女の子もまた同様です。後に月島の病気、という事情は明らかにされますが、だからと言って印象は変わりません。


本書も第二部になると、前半の不快感はかなり和らぎます。月島を中心としてバンドを結成し、やはり月島に振り回されながらもバンド活動に熱中していく主人公の姿は、第一部ほどの違和感はなく、それなりのリアリティーを持って迫ってくるように感じられ始めたのです。

ただ、それでもなお、月島の独りよがりな言動に振り回される主人公、という構図は変わりません。少なくはなったものの、やはり二人の関係性に対する不快感は無くなったわけではないのです。


同時に、作者の感性の繊細さ、選ばれる言葉、文章の飾らない素直さに惹き込まれるものがあることが自分でも驚きでした。人物の心象表現は決して好みではないのですが、思いもかけないところから飛び出してくるような言葉の出現は、驚かされます。


ネット上のレビューを読んでみると、第一部はいいけれど、第二部は感心しないという声が多いように感じます。第一部の月島と夏子との言葉の応酬は多くの人の心に届いたようです。ただ、繰り返しますが、私の感覚とは異なりました。

前半は半分義務感で読んでいたのですが、後半は物語に惹かれて読んだ、と言えるでしょう。直木賞の候補になったことも納得の作品でした。

佐伯 泰英 大晦り 新・酔いどれ小籐次(七)




新・酔いどれ小籐次シリーズの第七弾です。

前巻で、盗まれた「らくだ」を取り戻しに行った際に落馬して腰を強打し、久慈屋夫妻とともにおりょうを連れての熱海の湯治ですっかり元気になった小藤次です。



師走のある日、魚河岸の北にある瀬戸物町で火事があり、娘が一人行方不明になっているという。小藤次がいつものように久慈屋での砥ぎ仕事を終えると、老中青山忠裕の密偵おしんが、瀬戸物町の火元で得ある飛脚問屋熊野屋太兵衛の跡地で待っている密偵の中田新八のもとへと連れていく。

彼らの話によると、この焼け跡から二人の焼死体が出ており、その二人は御庭番であって何者かに喉を断ち切られていたと告げる。そして、行方不明の娘は熊野屋の火付けを目撃し、攫われたのではないかというのだった。

そこに、何者かが近づいている気配に二人が身を隠したところ、十数人の不審者が敷地内へと入ってきた。しかし、赤目小藤次の名前を聞くと何も言わずに退却したのだった。

九十年前の八代将軍吉宗の時代に御庭番家筋十七家が定められ、うち四家が追放され、新たに別家六家が加わって今は十九家となっていることなどの、御庭番の表面上の来歴しかできない二人に、小藤次は二人が仕える老中の青山忠裕にこの事件の背後にある詳しい話を聞くのだった。



今回の小藤次の物語はかなり読み応えがあるものでした。というのも、ある飛脚屋の出火と、それに絡むであろう一人の少女の行方不明という出来事が、老中をも巻き込んだ伝奇小説的な色合いを持った作品として仕上がっているからだと思われます。

そうした展開のもと、小藤次が一人の娘の命を助けるその一点で、自らの、そして家族の命をも賭けて奔走するという、痛快時代劇の王道とも言えそうな物語展開になっているのです。

やはり、物語の筋立てがきちんと組み立てられている話は面白い、そう思わせられた物語でした。

また、今回は火付盗賊改という新たな人物が登場するのですが、今回の物語では殆ど顔見せ状態でその活躍もありませんでした。ということは、彼らが今後の小藤次の物語で敵対する組織として相応の見せ場を設けてくれるのではないか、という期待を持たせてくれます。

いまのところ佐伯泰英の描く時代小説シリーズの中では私の好みに一番合致しているシリーズです。より一層の活躍を期待したいものです。

米澤 穂信 さよなら妖精




王とサーカス』、『真実の10メートル手前』で活躍したジャーナリスト、太刀洗万智が物語に初めて登場する、長編の青春ミステリー小説です。

本書での太刀洗万智は未だ高校生です。しかし、既に彼女の特徴であるクールな雰囲気は既に身にまとっており、鋭い洞察力も備えています。

本書は、守屋路行という高校生の視点で全編が語られています。太刀洗万智は守屋の同級生であり、ある雨の日に二人で歩いているときに一人の少女と出会ったことからこの物語は始まるのです。



「序章」では一九九二年の七月に守屋と同級生の白河が日記などの資料を持ち寄って、マーヤが帰っていったのはユーゴスラビアを構成するの六つの国のどこなのかを見つけようとしています。

第一章「仮面と道標」では一年前に戻り、守屋らとマーヤとの出会い、そして守屋らの弓を引く姿や、本書の舞台である藤柴の町を見て回り日本の文化に触れるマーヤが描かれています。

第二章「キメラの死」では、戦火がひどくなるユーゴスラビアの現状を勉強する守屋と彼に祖国のことを説明するマーヤがいて、ふた月という時間を経て、皆の心に強烈な印象を残しつつユーゴスラビアへと帰っていくマーヤの姿が描かれています。

第三章ではその一年後の「今」に戻り、マーヤの帰っていった国を探す場面へと戻り、太刀洗万智が登場し、すべての秘密を明かすのです。

「終章」では守屋と太刀洗の二人の想いを馳せる姿で締められます。


本書は、何らかの事件が起きて、それを探偵役の登場人物がその事件に伴う謎を遠き明かすという、普通の推理小説とは異なります。外国人の娘が、私たち日本人の普通の生活の姿に感じた疑問を、彼女が何をもって疑問に感じたのか、を謎として設定してその謎を解いていくのです。

その上で、本書全体として、マーヤの故郷は、六カ国からなるユーゴスラビア連邦のどの国なのかを推理する、という大きな謎が設けられています。

そして、推理小説としての一面とは別に、ユーゴスラビアという異国で起きた戦火に想いを馳せる、平和な日本で暮らす高校生の青春小説としての一面をも持っています。



この作家の論理を積み重ねて提示される謎を解き明かす手法そのものは、いわゆる本格派の推理小説の手法であり、決して私の好みではないのですが、この作家の紡ぎ出す物語自体には非常に惹かれるものを感じます。

そうした苦手ではあるのだけれど惹かれる、という印象を一番感じたのは『折れた竜骨』ですが、『インシテミル』などの他の作品でも多かれ少なかれ似たような印象を持ったものです。それは、謎ときの要素を抜きにしても物語作家としての力量が素晴らしいことを物語っているのでしょう。

そうした物語の語り手としての力量は、この作者のデビュー作である『氷菓』でもそうなのですが、青春小説の描き手としても同様であり、現実の高校生にはいないと思われそうな登場人物ではあっても、何故か物語に惹きつけられていくのです。



本書では、マーヤのユーゴスラビアでのとある一日を描いた短編『花冠の日』が添えられています。私は単行本で読んだのですが、単行本にもこの短編が収納されていました。

改めてこの作者のうまさ、を感じる小説でした。

今野 敏 変幻




『同期』、『欠落』と続いた「同期」シリーズの第三巻であり、完結編だそうです。



大石陽子からの連絡があり、宇田川亮太が植松義彦警部補、土岐達郎との四人でいつもの赤坂のスペイン料理レストランで集まった翌週から、大石の姿を見かけなるのでした。

その後港区で殺人事件起き、宇田川らは臨海署内に設けられた捜査本部に詰めることになります。

現場で目撃された車の所有者が割れ、堂島満という男だと判明。調べると、堂島は伊知原組のフロント企業である「麻布台商事」という商社の役員だということが分かり、話を聞くと伊知原組みの兵藤孝という男に貸したと言うのです。

また、麻布台商事は、かねてから通称麻取と呼ばれる厚生労働省地方厚生局麻薬取締部や警視庁本部の組織犯罪対策部がマークしているというのです。そこに、Nシステムの分析から、麻布台商事の倉庫があるとの知らせが入ります。

その倉庫の出入り口付近にあった防犯カメラを調べると、驚くことに、そこに映っていたのは大石陽子でした。何故に大石が運転手として写っていたのか。しばらく会えなくなると言っていたのは、潜入捜査のことだったのか、謎は深まるばかりです。そこに、蘇我から連絡が入り、大石の救済措置が働くなったため、力を貸してほしいと言うのでした。



残念なことに、「同期シリーズ」は本書を持って完結することになるそうです。本書を読む限りではシリーズが終わるようなことは何も書いてないと思うのだけれど、奥付きの著者プロフィールの項目に、完結編との文言がありました。

このシリーズ自体は宇田川という新人が成長していく過程の面白さもありますが、任官してすぐに懲戒免職となり、多分公安として動いているだろう同期の蘇我と、キレ者である大石という同期の女性警察官大石陽子という宇田川と同期の二人との関係性が一番の魅力であろうと思います。

また、宇田川の正義感に燃えた後先を考えない言動もいいのですが、警察仲間の個々人の持つ魅力があり、更には正体不明の蘇我という男の持つ妙な魅力があります。この蘇我という男の現状については暗示されているだけで、何の説明もないままに終わってしまうことになり、その点も残念です。


刑事部の警察官である宇田川や大石と、多分公安警察官として動いている蘇我との間の「同期」としての友情、そして信頼の物語としての面白さも持っているし、当然ではありますが、警察小説としての面白さも持っている小説です。

更には、本書においては臨海署を舞台にした『安積班シリーズ』で安積警部補に対抗心を燃やしている臨海署強行班第二係係長の相楽警部補が登場し、その独特ななキャラクターを生かしているのもまた楽しみです。

そうした個性を持った小説であるのに、何故に終わるのか、残念でなりません。

川口 俊和 この嘘がばれないうちに





本書は、2017年度の本屋大賞でノミネートされ、大ベストセラーとなった『コーヒーが冷めないうちに』の続編です。

第1話 『親友』二十二年前に亡くなった親友に会いに行く男の話
第2話 『親子』母親の葬儀に出られなかった息子の話
第3話 『恋人』結婚できなかった恋人に会いに行く男の話
第4話 『夫婦』妻にプレゼントを渡せなかった老刑事の話




本書のそれぞれの物語の要約は、上記目次の通りです。


もし、これからこの作品を読む方であれば、上記目次以上のあらすじは読まずに直接読んだ方がいいと思います。


が、ほんのさわりだけ書くと、本書冒頭のプロローグで、過去に戻るためのルールが掲げられていて、前巻の『コーヒーが冷めないうちに』と同様に、過去に戻れる理由などには全く触れずに、この店の特定の椅子でだけ、当然の前提として過去に戻れるものとして話が始まります。

ただ、前巻と異なるのは、この店にはマスターの時田流の妻、時田計がいません。代わりに流と計との間の子、小学校一年生となるミキという少女がいることです。

本書では、この店の過去に戻れる席にいつもいる幽霊が、要(かなめ)という名前であって誰なのかも明らかになっています。そして、過去へ戻ることができる珈琲を淹れる時田数の物語が全編を通して語られています。



前巻については、ネットなどで見るとかなりの批判がありました。そのほとんどは、内容が薄く、人の「死」を簡単に扱い過ぎる、という点に集約されるように思います。そうした批判にもかかわらず、前巻『コーヒーが冷めないうちに』は六十万部を超える大ベストセラーになっています。

本書も、前巻の続編であり、内容は同じような構成ですから、当たり前ではありますが、前巻を批判的に見ていた人たちからは受け入れ難い作品だと思われ、同様に批判的な書き込みも多く見受けられます。


個人的には前巻で感じたと同じように、簡潔な一場面ものの物語としてそこそこの面白さを持った作品として、それなりに読み終えました。

ただ、同じような作品を二冊も読むと、前巻とは違い、内容の薄さ、という批判が、分からないではない、と思うようになってきたのも事実です。

本書の全編が愛する人の「死」が絡む話であり、状況の説明はあっても、人物の心象についての書き込みがあまり無いためか、どうしても読み手として感情移入しにくいとも感じてしまいました。

場面設定自体は、手を変え品を変えて、登場人物が時間旅行をするだけの理由をうまく説明してあると思います。でも、二巻目ともなり、それも全部の話が愛する人との「死」による別れ、となると、少し距離を置いて視てしまうようになりました。

もし三冊目が出るとするならば、多分読むとは思います。しかし、よほど人物描写をうまく書きこむか、読み手裏切るような新しい物語の展開でなければ、少なくとも私は読まなくなるかもしれません。

そういう、微妙なライン上にある作品だとの感想を持った作品でした。

鈴木 英治 御上覧の誉-口入屋用心棒(37)




口入屋用心棒シリーズの第三十七弾です。

前巻では、駿州沼里で開催された上覧試合の東海地方予選の模様が描かれていましたが、本巻ではそれに続いて寛永寺で行われた本選の模様が描かれています。



東海地方予選のために沼里へ帰った直之進は、押し込みの首領である玲観の投げた脇差で受けた右腕の傷の痛みが残ったままでした。稽古も思う通りにできないままに、秀士館の医術方教授の雄哲がなかなか外出から帰りません。

その頃、樺山富士太郎は、見つかった首なし死体の身元が老中首座内藤紀伊守の中屋敷に奉公する中間のものであることが判明します。

一方、直之進らのもとを淀島登兵衛が訪ねてきて、内藤紀伊守を狙うものがいるため、内藤紀伊守の警護を頼みたいと言うのでした。内藤家には犬の死骸が投げ込まれるなどの嫌がらせが続いており、四月ほど前には五人の浪人者らに襲われる事態も起きているというのです。

その際は、たまたま近くにいた室谷半兵衛という男に助けられ、今はその室谷が内藤紀伊守の警護役ともなっていると言うのです。しかし、その室谷の出自は内藤紀伊守による理不尽な移封によって家禄も半減した遠州浜松の井上家の家臣だというものであり、佐之助への依頼も実は室谷の監視にあるというのでした。

ところが、この室谷半兵衛は御上覧試合の信越代表に決まっているのです。

雄哲も帰らないままに稽古もできずにいた直之進のもとを、江戸への剣術修行を許されたのだと、新美謙之介がたずねてきます。直之進の腕の異変に気付いた謙之介の勧める薬を飲み、本選にのぞむ直之進でした。



思ったよりも短く、上覧試合の話は本書で終わってしまいました。もう少し、上覧試合に絡んだ運びになるものだと勝手に思い込んでいたので、意外でした。

でも、本書においても上覧試合の描写そのものは本書の四分の一程度で済んでしまうほどであり、その試合の描写が物足りないということもないことを考えると、上覧試合だけで何巻も引っ張るのには無理があるのかもしれません。

本書でも上覧試合に絡んだサイドストーリーを設けてはあります。しかし、このサイドストーリーは若干無理があると感じてしまうものではあります。しかし、そこはあまり考えずに単純にストーリーを楽しめばいいし、また楽しめる作品だと思います。

本書では、医者の雄哲の行方が分からないままに終わっていますので、次巻あたりはここらを描くのではないでしょうか。

富士太郎の活躍はあまり無い本書でしたが、その富士太郎が絡む数少ない場面の事件も、背景説明が簡単に片づけられています。それはその必要がないからでもありますが、もう少し、事件は事件としてきちんと決着をつけていたらと思わないでもありません。

それでも、痛快時代小説として気楽に楽しめる物語でした。

柚月 裕子 盤上の向日葵





柚月裕子による、将棋の世界を舞台にした長編の社会派ミステリー小説で、2018年本屋大賞候補作となった作品です。



平成六年夏、埼玉県天木山山中で、胸のあたりに初代菊水月作の高価な将棋の駒が置かれた状態で白骨死体が発見されます。意図的に置かれたこの将棋の駒を調べるため、もと奨励会員の佐野巡査が、埼玉県警捜査一課の石破剛志警部補と組んで捜査に当たることとなるのでした。

この石破警部補は、刑事としては優秀ではあるものの、「外部への気配りはするが、身内への配慮は一切な」い人物です。佐野は石破の理不尽さに振り回されながら、存在が確認できている七組の駒のうちの五組の所在確認に、京都嵐山から富山、広島、東京、そして宮城県仙台市へと奔走するのでした。

一方、話は昭和四十六年の一月に戻り、三年前に還暦を迎えて教師をやめた唐沢光一郎夫妻と上条桂介という少年の話に移ります。小学三年生の桂介は一年ほど前に母を亡くし父親と住んでいるのですが、子供には構わない父親による虐待の疑いさえありました。

見かねた唐沢は、桂介少年の世話をしながらも彼の将棋の才能を見抜き、その才能を伸ばそうと努めます。しかし、父親に反対され、奨励会への入ることもあきらめた桂介は一人で努力し、東大へと進学するのです。

東京に出た桂介はある将棋道場で一人の男と出会います。それが東明重慶という真剣師でした。この日を境に、桂介は東明の世界に引きずり込まれるのです。その後、青森の浅虫温泉での「命を張っての真剣勝負」である、鉈割り元治と東明重慶との対局に立ち合うのでした。



本書は、章ごとに視点の主体と時間を違え、現在の捜査員と、過去の上条桂介という少年の成長とが交互に描写されていきます。

現代の捜査の進捗状況と、犯人と目される人物の過去の描写という構成は、松本清張の名作推理小説である『砂の器』と全く同じです。過去の犯人と目される人物が、『砂の器』では音楽家、本書では気鋭の棋士という共に時代の寵児であり、その生い立ちの悲惨さという点においても共通します。

読後、著者自身が「私の中にあったテーマは「将棋界を舞台にした『砂の器』」なんです。」と発言されているのを読んで納得したものです( 大手小町 : 参照 )。


本書では、中ほどまでは面白くはあるけれども、普通の面白さ以上のものではないなどと思いながら読み進めていました。しかしながら、中盤以降に真剣師の東明重慶が登場してからは実に面白い。

ここで「真剣師」については、以前焼酎太郎さんの勧めで『真剣師 小池重明』という本を読んだ際のこのブログで説明しています。簡単に言えば、賭け将棋師ということですが、焼酎太郎さんが言われたように、東明重慶登場後は「ニヤニヤ」しながら読み進めました。

ここで先ほどと同じ個所で、著者が、本書は「『聖の青春』と賭け将棋の世界を描いた『真剣師 小池重明』を読んだのがきっかけ」だと語っておられました。まさに私が読んだ本が本書の原点だったのです。

この柚月裕子という作家は、最初に読んだ『孤狼の血』でもそうだったように、おっさん、それも無頼な、又は下司なおじさんの描き方が実にうまい。本書での石破警部補の優秀だけれども人間としては問題がある男や、東明重慶のような社会生活不適合者が、生き生きと動き回っています。

また、本書では将棋の棋譜が随所に出てきます。駒の動かし方を知るくらい、と言われる著者が、勿論かなりの勉強はされたのでしょうが、盤上の駒の動きをまるで将棋を知悉しているかのように描写されているのは見事です。もしかしたら、現実の棋譜をそのまま描いているのではないか、と思わせられました。

本書では、上条桂介とその父、桂介を庇護する唐沢夫妻という重要な登場人物が「家族」について考えさせられます。また、桂介の母親のイメージとしての、タイトルにも描かれている向日葵が重要なポイントになっています。

この物語に、この向日葵のイメージはは不要ではないか、と思ったりもしましたが、暴力的な父親と向日葵で象徴される母親の存在があって初めて、死体と共に埋められた将棋の駒も意味を持ってくるのであり、やはり必要なのだと思いなおしました。

やはりこの柚月裕子という作家は面白い。近々新作も出るという話も聞きます。早めに読みたいものです。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR