FC2ブログ

鈴木 英治 御上覧の誉-口入屋用心棒(37)




口入屋用心棒シリーズの第三十七弾です。

前巻では、駿州沼里で開催された上覧試合の東海地方予選の模様が描かれていましたが、本巻ではそれに続いて寛永寺で行われた本選の模様が描かれています。



東海地方予選のために沼里へ帰った直之進は、押し込みの首領である玲観の投げた脇差で受けた右腕の傷の痛みが残ったままでした。稽古も思う通りにできないままに、秀士館の医術方教授の雄哲がなかなか外出から帰りません。

その頃、樺山富士太郎は、見つかった首なし死体の身元が老中首座内藤紀伊守の中屋敷に奉公する中間のものであることが判明します。

一方、直之進らのもとを淀島登兵衛が訪ねてきて、内藤紀伊守を狙うものがいるため、内藤紀伊守の警護を頼みたいと言うのでした。内藤家には犬の死骸が投げ込まれるなどの嫌がらせが続いており、四月ほど前には五人の浪人者らに襲われる事態も起きているというのです。

その際は、たまたま近くにいた室谷半兵衛という男に助けられ、今はその室谷が内藤紀伊守の警護役ともなっていると言うのです。しかし、その室谷の出自は内藤紀伊守による理不尽な移封によって家禄も半減した遠州浜松の井上家の家臣だというものであり、佐之助への依頼も実は室谷の監視にあるというのでした。

ところが、この室谷半兵衛は御上覧試合の信越代表に決まっているのです。

雄哲も帰らないままに稽古もできずにいた直之進のもとを、江戸への剣術修行を許されたのだと、新美謙之介がたずねてきます。直之進の腕の異変に気付いた謙之介の勧める薬を飲み、本選にのぞむ直之進でした。



思ったよりも短く、上覧試合の話は本書で終わってしまいました。もう少し、上覧試合に絡んだ運びになるものだと勝手に思い込んでいたので、意外でした。

でも、本書においても上覧試合の描写そのものは本書の四分の一程度で済んでしまうほどであり、その試合の描写が物足りないということもないことを考えると、上覧試合だけで何巻も引っ張るのには無理があるのかもしれません。

本書でも上覧試合に絡んだサイドストーリーを設けてはあります。しかし、このサイドストーリーは若干無理があると感じてしまうものではあります。しかし、そこはあまり考えずに単純にストーリーを楽しめばいいし、また楽しめる作品だと思います。

本書では、医者の雄哲の行方が分からないままに終わっていますので、次巻あたりはここらを描くのではないでしょうか。

富士太郎の活躍はあまり無い本書でしたが、その富士太郎が絡む数少ない場面の事件も、背景説明が簡単に片づけられています。それはその必要がないからでもありますが、もう少し、事件は事件としてきちんと決着をつけていたらと思わないでもありません。

それでも、痛快時代小説として気楽に楽しめる物語でした。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR