FC2ブログ

今野 敏 変幻




『同期』、『欠落』と続いた「同期」シリーズの第三巻であり、完結編だそうです。



大石陽子からの連絡があり、宇田川亮太が植松義彦警部補、土岐達郎との四人でいつもの赤坂のスペイン料理レストランで集まった翌週から、大石の姿を見かけなるのでした。

その後港区で殺人事件起き、宇田川らは臨海署内に設けられた捜査本部に詰めることになります。

現場で目撃された車の所有者が割れ、堂島満という男だと判明。調べると、堂島は伊知原組のフロント企業である「麻布台商事」という商社の役員だということが分かり、話を聞くと伊知原組みの兵藤孝という男に貸したと言うのです。

また、麻布台商事は、かねてから通称麻取と呼ばれる厚生労働省地方厚生局麻薬取締部や警視庁本部の組織犯罪対策部がマークしているというのです。そこに、Nシステムの分析から、麻布台商事の倉庫があるとの知らせが入ります。

その倉庫の出入り口付近にあった防犯カメラを調べると、驚くことに、そこに映っていたのは大石陽子でした。何故に大石が運転手として写っていたのか。しばらく会えなくなると言っていたのは、潜入捜査のことだったのか、謎は深まるばかりです。そこに、蘇我から連絡が入り、大石の救済措置が働くなったため、力を貸してほしいと言うのでした。



残念なことに、「同期シリーズ」は本書を持って完結することになるそうです。本書を読む限りではシリーズが終わるようなことは何も書いてないと思うのだけれど、奥付きの著者プロフィールの項目に、完結編との文言がありました。

このシリーズ自体は宇田川という新人が成長していく過程の面白さもありますが、任官してすぐに懲戒免職となり、多分公安として動いているだろう同期の蘇我と、キレ者である大石という同期の女性警察官大石陽子という宇田川と同期の二人との関係性が一番の魅力であろうと思います。

また、宇田川の正義感に燃えた後先を考えない言動もいいのですが、警察仲間の個々人の持つ魅力があり、更には正体不明の蘇我という男の持つ妙な魅力があります。この蘇我という男の現状については暗示されているだけで、何の説明もないままに終わってしまうことになり、その点も残念です。


刑事部の警察官である宇田川や大石と、多分公安警察官として動いている蘇我との間の「同期」としての友情、そして信頼の物語としての面白さも持っているし、当然ではありますが、警察小説としての面白さも持っている小説です。

更には、本書においては臨海署を舞台にした『安積班シリーズ』で安積警部補に対抗心を燃やしている臨海署強行班第二係係長の相楽警部補が登場し、その独特ななキャラクターを生かしているのもまた楽しみです。

そうした個性を持った小説であるのに、何故に終わるのか、残念でなりません。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR