FC2ブログ

高田 郁 あきない世傳金と銀〈4〉貫流編





「あきない世傳金と銀」シリーズの第四巻目「貫流編」です。



惣次が家を飛び出しで十日以上も経った頃、三男の智蔵が惣次の隠居の手紙を持って五鈴屋にやってきたその日、これまでも世話になってきた桔梗屋が、惣次が相談に来たと言い、「ともに生きる不幸よりも、離れて生きる不幸を惣次はんは選らばはった。」というのでした。

心労のためか具合の悪いお家さん(富久)でしたが、智蔵が五代目徳兵衛を継ぐことを望みます。煮え切らない智蔵に業を煮やしたお家さんは幸を養子とすることを考えるのでした。

しかし、五鈴屋に現れた智蔵は、五鈴屋の後を幸もろともに引き受け、六代目徳兵衛となります。幸は兄弟三人に嫁すこととなったのです。智蔵は「自分は人形になり切って、幸の思うように動かしてもら」うと言うのでした。



よくもまあ、というほどに変転する幸の運命です。ご寮さんという立場は変わらないにしても、旦那が三人も、それも兄弟三人の女房としてご寮さんの立場を貫いていくことになるとは、思ってもみませんでした。

でも、商いに対しても、嫁に対しても無関心だった長男、商いは長けていたものの人に対する情が家けていた二男、商いの能力には欠けているけれども人への気配りは見事な三男と、よく性格設定をしたものです。

最終的には幸が一番活躍しやすい環境を与えたこの作者ですので、今後はその環境の中で幸が能力いっぱいに力を発揮し、五鈴屋を育てていく姿が描かれるのではないかと思ってはいるのです。

しかし、そう素直に展開するものか、この作者のストーリーテラーとしての力量からすると、まだまだ変転があるような気もします。

大坂商人のえげつなさが今のところその片鱗しか見えておらず、商売上の障害がいまだ低いことを考えると、今後の展開も五鈴屋の家内のことというよりも、商売上の困難が設定されると思うのです。

大坂ど根性ものとしての幸の成長が楽しみな一冊です。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR