今野 敏 寮生 ─一九七一年、函館。




先日、今野敏の珍しい小説『精鋭』を読んだばかりだったのですが、本書『寮生』も、今野敏の小説としては珍しい小説です。

『精鋭』は警察組織の紹介を兼ねた、機動隊員として成長していく若者の話でしたが、本書は、多分今野敏の青春時代を反映させている、青春小説です。

舞台は一九七一年の函館ですから、私が大学に入った年になります。ですから、時代の雰囲気は同じはずです。


入寮してすぐに上級生が新入生である一年生をおどかす入魂会という儀式が行われます。ところが、古葉という一年生の仲間が、入魂会をやろうと言いだした連中のうちだれかが死ぬ、という噂を聞きこんできた二日後に、二年生が死んでしまうのです。

ここから、主人公たちは死んだ二年生について、本当に自殺なのかを調べ始めるます。

読み始めは今野敏のいつもの小説のタッチとは違います。主人公が高校生ということもあるのでしょうが、何よりも物語の進め方にリアリティが感じられず、かなり強引な進行です。

主人公である「僕」は仲間の言うままに上級生の死の真相を探るために上級生らに聞き込みを始めます。しかし、この「僕」が何とも主体性が無く、読んでいて感情移入できません。

青春小説というわりには寮内の様子しか描いてありません。これは実在する高校のようですが、遺愛女子高等学校の女のことのデート場面がほんの少しあり、その際に五稜郭公園などの名前が出てくることがあるだけです。

もちろん、描写が寮内の様子だけだからといって青春小説ではない、などということはできないと思いますが、単に場所が限定されているだけではなく、青春期の若者らしい心象や行いなどの描写も無いのです。

ミステリーとしても決して良い評価もできず、青春小説としても同様であり、今野敏の作品としては珍しく消してお勧めできない小説と言わざるを得ないようです。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR