FC2ブログ

鈴木 英治 隠し湯の効-口入屋用心棒(39)





口入屋用心棒シリーズの第三十九弾の長編痛快時代小説です。



相変わらず左腕の治りがおもわしくない直之進だったが、秀士館館長の佐賀大左衛門の頼みで、相模国伊勢原の大山にある阿夫利神社へ木刀の奉納二言うことになった。

ただ、大左衛門の配慮で、奉納からの帰りには大山から十里ほど西にある信玄の隠し湯といわれる中川温泉に寄ってくるようにと言われるのだった。

それはまた、近頃、秀士館門人が受けている直之進目当てと思われる暴行事件の犯人の頭巾姿の侍を、直之進に引きつけるという意味もあった。

自分の子宝を願う琢ノ助や、富士太郎の嫁の智代の安産を願う珠吉も同行することとなった旅立ちとなったが、途中ヤクザものに襲われている親子連れを助けつつ、更には頭巾の侍の襲撃を注意しながらの旅となるのだった。



本書は、御上覧試合とその後の秀士館の医術方教授である雄哲の失踪事件の解決のあとのひと休み、といった物語でした。とにかく、直之進の怪我が治っていない、という状況だけがあり、他は本書だけで完結してしまう取り立てて言うこともない一巻となっています。

秀士館の門人たちが暴漢に襲われ怪我を負わせられるという事件が本巻での語るべき事件ですが、その事件にしても特別なことはありません。

暴漢の正体も分かってしまえばその設定に少々無理を感じる正体でしたし、旅の途中で出会う親子にしてもとってつけたような挿話であって、単に変化の無い旅に無理に変化をつけたというしかない設定でした。



前述したように、シリーズの中での中休み的な話であり、それ以上のものではありません。ただ、この温泉につかったおかげで直之進の左腕の不具合も解消することになったという点では意味があったのでしょう。

しかしこの点にしても、旅立つ前は布で吊っていたほどの痛みが走るほどであったのに、一日温泉に浸かっただけでその痛みも解消するとは少々都合がよすぎる気もします。


とはいえ、本書の続巻の『赤銅色の士-口入屋用心棒(40)』では、痛快小説としての面白さが蘇っています。そう言う点では本書の意味もあったのかもしれません。

辻堂 魁 銀花 風の市兵衛 弐





新シリーズ『風の市兵衛 弐』の第三弾です。



北最上藩石神伊家の五中老筆頭の中原恒之が、番方詰所の川波剛助という番方に斬られ命を落とした。御側役の忠犬と呼ばれていた川波は、その御側役の宝蔵万右衛門に即刻斬られてしまう(序章 忠犬)。

その数日前、北最上藩石神伊家馬廻り役助の金木脩は、柳橋北の船宿≪川口≫に呼び出されていたが、隣の部屋で騒いでいた浪人たちに襲われ重傷を負う。からくも脱出した脩は市兵衛に連絡を取るのだった。(第一章 大川)。

北最上藩の金木家へとやってきた市兵衛は、金木家の当主金木清太郎や、隠居の了之助らに脩の事情を報告していた。そこに入会地である≪神室の森≫の石神伊家による召し上げの話が持ち上がる。この≪神室の森≫は徳川家康のお墨付きのある中原家の領地であり、絶対に認めることはできないものだった。
了之助と共に≪神室の森≫へと赴いた市兵衛だったが、既にこの≪神室の森≫での立木の切り倒しが始まっていた。切り倒しの役人らを退けた市兵衛は、中原了念ら中原家長老らに会い、家康の記したお墨付きを持っての了之介の江戸行きの警護をすることを引き受けるのだった(第二章 羽州街道)。



今回の市兵衛はかなり読み応えがありました。

小弥太と織江の父親である信夫平八郎が出奔するきっかけともなった金木家の属する中原一門とと宝蔵一門との対立は、藩主石神伊隆道を抱え込んだ宝蔵家の強引な措置により表面化し、金木家と宝蔵家とが正面から対立することになります。

そのあおりで江戸で瀕死の重傷を負わされた金木脩ですが、市兵衛は脩の話を聞いて北最上藩へ行くことになるのです。

脩の受傷から市兵衛の旅立ち、金木家、そして中原家との交誼を経て、昔からの入会地である≪神室の森≫での宝蔵家との衝突を経て、中原一門の幕府への訴えという物語の流れが丁寧に説明されていいます。

その上、主人公が他藩の抗争に絡んでいく必然性を、読みやすい文章の中で説明的でなく描きこんであるために違和感無く感情移入することができます。

勿論、痛快小説の醍醐味である剣戟の場面も十分に描いてあり、市兵衛の魅力が過不足なく描きこまれているのです。

市兵衛の絡む恋模様を期待させるような描写も少しですがありましたが、本巻終了時点では何の変化もありませんでした。もしかしたら今後の展開に期待すべきかもしれませんが、そうしたこともなさそうなままに終わっています。



北最上郡の石神伊家の絡んだ話は多分本書で終わるでしょうから、今後の展開がどのようになるものなのか、期待したいものです。

窪 美澄 じっと手を見る





全部で七つの章立てからなる長編の恋愛小説で、第159回直木賞の候補となった作品です。

どうでもいいことですが、本書を「7つの短編集」と紹介してあるレビューもありましたが、個人的には長編だろうと思います。

本書は、各章ごとに視点を変えた一人称の物語です。その視点の主体が日奈と海斗、それに日奈と暮らすことになる宮澤、海斗と暮らす畑中という四人です。



日奈と海斗は、富士山の見える町で暮らす介護士です。二人は一応は恋人同士だったと言っていいのでしょう。しかし、そこに東京のとあるプロダクションの編集者の宮澤という既婚者が現れ、日奈は心を奪われてしまいます。

それでも、日奈のことを忘れられない海斗ですが、日奈は宮澤のもとに行き、一人残された海斗は職場の後輩の畑中という子連れの女と共に住むようになるのでした。



ざっとこの物語の流れを書くと上記のようにはなるのですが、当たり前ですが小説の紹介をしたことにはなりません。それは、ストーリーのまとめ方が簡単に過ぎるから、などということではなく、この小説の本質は別なところにあると思うからです。

即ち、この物語全体を彩る倦怠感とも言うべき雰囲気、登場人物たちの現状からの脱出に対する渇望、日奈と海斗を中心とした出会いと別れの中で人を想うことの意味、などの作者の主張こそが本質であるのに、そうしたことは全く捨象されているのです。


冒頭からベッドシーンで始まり、男に抱かれている日奈の心のうちが描写されています。そうした描写は他の小説でも勿論あるのですが、本書でのベッドシーンはエロスではなく、男と女の日常の光景の一断面でしかありません。

そして時の経過は男と女の別れへと繋がり、そしてまた交錯します。

介護士である日奈と海斗、そして畑中の日常は、過酷な介護の現場を離れては語れず、しかし「くいっぱぐれの無い」職場から逃げることはできません。

その閉塞感は少なからず二人に関係に影響を与えていると思われ、またこの物語の持つ倦怠感につながるのでしょう。



読み始めてしばらくは、この小説の持つ倦んだ雰囲気に押され、なんとも重苦しさを感じたものですが、そのうちに妙に惹きこまれていました。

普段私が読むことの多いエンタメ小説とは全く異なる、人間の在りように迫る魅力に捉われたようです。

それも、人物の心象を直接に深く、緻密に描写するというわけではなく、心の動きを簡潔に描きながら人物の心象を導き出していることが大きいと思われます。


ただ、やはり、どうしても物語自体として明るくはありません。介護の現場の苦労を具体的に描きながら、介護士の日常に戻ってからも派手さはありません。それどころか、暗いと言い切ってもいいのです。

そうした時代性の反映は見るべき点なのでしょうが、その暗さだけはどうしても受け入れ難く、どこかに残っています。


それにしても、本書のような小説を読んでいつも思うのは、作家という人種の表現力の豊かさです。こうした小説に接すると心から嬉しくなります。小さな感動さえ覚えるのです。

今村 昌弘 屍人荘の殺人




第27回鮎川哲也賞を受賞し、第15回本屋大賞では第3位となった、奇想天外なアイデアを取り込んだ本格派の長編推理小説です。



メンバーが会長以外一人しかいない神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲は、会長の明智恭介に連れられて、剣崎比留子という女子学生と共に、映画研究部の夏合宿のために、映画研究部OBのつてで「紫人荘」という名のペンションへとやってきた。

しかし、その別荘では思いもかけない事態が起き、別荘に閉じ込められ、更には参加者の一人が惨殺死体となって見つかるという事態に陥ってしまうのだった。



本書は、私があまり好むところではない本格派の推理小説です。それも、いわゆるクローズド・サークルというタイプで、「何らかの事情で外界との往来が断たれた状況、あるいはそうした状況下でおこる事件を扱った作品」( ウィキペディア : 参照 )、というものです。

ただ、本書はこれまでの本格派の推理小説とは大きく異なるところがあります。それはこのクローズド・サークルに陥る状況が奇想天外だというところです。そして、その奇想天外な原因が、以降の探偵による推理の過程や根拠にも大きく影響を与えています。

この奇想天外な状況をここで書いてもそれほどネタバレとは言えず、また他では簡単に書いてあるレビューもあるようですが、できれば直接読んでもらいたいものです。


本書の奇想天外と言われる状況を受け入れにくい人には本書はお勧めできません。一旦受け入れるにしても、推理の過程でも前提となるわけですから、少々違和感は残るのです。

でも、その事情を書かないということは、内容についても触れることはできないということで、結局は読んでみないと何も分からないことになり、つらいところです。


そうした状況設定は別にして、本格推理小説としての出来はどうかといえば、個人的にはよく分からないというのが本音です。ただ、鮎川哲也賞を受賞している作品ですから、ロジックのミスは多分ないと思います。

小説としての出来はといえば、本格派のミステリーをあまり好まない私としては今ひとつでした。それとは別に、登場人物のキャラクターに馴染めないという点、また探偵役やワトソン役の人物像がよくつかめなかったというのも大きいと思います。


さらに言えば、犯人の仕掛けたトリックも納得できるものとは言えませんでした。とはいえ、完全に個人的好みの問題ですので、本格ミステリーが好きな人はまた違った印象だと思われます。

少なくとも、色々なレビューを読む限りではかなり評判はいいようで、私の様な感想は少数派と言えます。やはり本屋大賞候補になっている作品にはそれなりの面白さがあるということでしょう。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR