FC2ブログ

窪 美澄 じっと手を見る





全部で七つの章立てからなる長編の恋愛小説で、第159回直木賞の候補となった作品です。

どうでもいいことですが、本書を「7つの短編集」と紹介してあるレビューもありましたが、個人的には長編だろうと思います。

本書は、各章ごとに視点を変えた一人称の物語です。その視点の主体が日奈と海斗、それに日奈と暮らすことになる宮澤、海斗と暮らす畑中という四人です。



日奈と海斗は、富士山の見える町で暮らす介護士です。二人は一応は恋人同士だったと言っていいのでしょう。しかし、そこに東京のとあるプロダクションの編集者の宮澤という既婚者が現れ、日奈は心を奪われてしまいます。

それでも、日奈のことを忘れられない海斗ですが、日奈は宮澤のもとに行き、一人残された海斗は職場の後輩の畑中という子連れの女と共に住むようになるのでした。



ざっとこの物語の流れを書くと上記のようにはなるのですが、当たり前ですが小説の紹介をしたことにはなりません。それは、ストーリーのまとめ方が簡単に過ぎるから、などということではなく、この小説の本質は別なところにあると思うからです。

即ち、この物語全体を彩る倦怠感とも言うべき雰囲気、登場人物たちの現状からの脱出に対する渇望、日奈と海斗を中心とした出会いと別れの中で人を想うことの意味、などの作者の主張こそが本質であるのに、そうしたことは全く捨象されているのです。


冒頭からベッドシーンで始まり、男に抱かれている日奈の心のうちが描写されています。そうした描写は他の小説でも勿論あるのですが、本書でのベッドシーンはエロスではなく、男と女の日常の光景の一断面でしかありません。

そして時の経過は男と女の別れへと繋がり、そしてまた交錯します。

介護士である日奈と海斗、そして畑中の日常は、過酷な介護の現場を離れては語れず、しかし「くいっぱぐれの無い」職場から逃げることはできません。

その閉塞感は少なからず二人に関係に影響を与えていると思われ、またこの物語の持つ倦怠感につながるのでしょう。



読み始めてしばらくは、この小説の持つ倦んだ雰囲気に押され、なんとも重苦しさを感じたものですが、そのうちに妙に惹きこまれていました。

普段私が読むことの多いエンタメ小説とは全く異なる、人間の在りように迫る魅力に捉われたようです。

それも、人物の心象を直接に深く、緻密に描写するというわけではなく、心の動きを簡潔に描きながら人物の心象を導き出していることが大きいと思われます。


ただ、やはり、どうしても物語自体として明るくはありません。介護の現場の苦労を具体的に描きながら、介護士の日常に戻ってからも派手さはありません。それどころか、暗いと言い切ってもいいのです。

そうした時代性の反映は見るべき点なのでしょうが、その暗さだけはどうしても受け入れ難く、どこかに残っています。


それにしても、本書のような小説を読んでいつも思うのは、作家という人種の表現力の豊かさです。こうした小説に接すると心から嬉しくなります。小さな感動さえ覚えるのです。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR