FC2ブログ

堂場 瞬一 10-ten-




ラグビーをテーマに描いた堂場瞬一の長編小説です。

ラグビーをテーマにした堂場瞬一の作品には前回書いた『二度目のノーサイド』という作品があります。

しかし、こちらは不本意な負け方をしたチームの一員が再試合をするために個別の問題を抱えたかつてのチームメイトを口説き落とすという物語であり、ラグビーというスポーツそのものを描いた作品ではありませんでした。

それに対し、本書『10-ten-』はまさにラグビーそのものが描かれた作品です。



リーグ戦の途中で急死した進藤監督のあとを継ぎ、ヘッドコーチであった七瀬が城陽大ラグビー部の監督を引き受けることになります。七瀬は、高校時代の恩師でもあった進藤前監督のラグビーに対する本当の意思を実現しようと試みるのです。

現在の城陽大ラグビー部は、フォワードの突進力こそ鍵とする戦術を信条としており、現チームのキャプテンで進藤前監督の息子である進藤は、そのテンマンラグビーこそ進藤前監督の意思だと信じていました。

しかし、七瀬が前監督の真意だと信じる戦術は、現チームの戦術とは相反するものであり、試合は臨機応変にその場の判断で選手自身が決めるべきものだというものであって、型にとらわれない自由なものでした。

選手自身が自分の頭で考えてその場でゲームメイクをする。それこそが進藤前監督の意思だと信じる七瀬は、理不尽なOBたちの圧力や、前監督の亡霊に縛られているように思える選手たちとの壁に拒まれ、なかなか自分の意思を実行できずにいました。

そうした状況で、リーグ戦もあと数試合を残すまでになっていたのです。



私も高校時代にほんの少しですがラグビー部に属していましたが、本書で七瀬が言う「自分たちで考える」とは、高校生レベルでの話とはまた次元の異なる話だとは思います。

それにしても本書で描かれている戦術は若干ワンパターンのような気がしないでもありません。

いくらなんでも、本書での進藤キャプテンのように定型的にゲームメイクをしていては相手チームは対応もしやすく、更には攻撃もしやすくなりはしないかと思うのですが、そここそが違う次元での話なのでしょう。



それともう一点。七瀬が学生自身が考えるラグビーを目指し、そこに気づくことそのものが大切だとして殆ど会話をしないままに監督業をこなしています。

リーグ戦の残り試合数が少なく、絶対的に時間が足りないからこそ自分たちで気づく必要があるというのですが、逆に時間がないからこそ徹底的な話し合いが必要だとは考えられなかったでしょうか。話し合い話なければ意思は通じないと思うのです。



ともあれ、本書で描かれているラグビーの試合の模様は手に汗握ります。実にリアルです。

練習風景や秩父宮ラグビー場の様子、それに細かいところではフォワードとバックスのスパイクの形態の違いなどまでも詳しく書かれていて、その上で実際の試合の様子がぶつかる肉体の音がするようなタッチで描写してあります。

ただ、ラグビーの場合一般にルールが知られていないこともあり、更にはやはり道具を使わない肉体の闘いであるチームプレイという特殊性から、その描写は困難だっただろう思います。

その壁を超えたところで描き出してある本書の描写は見事です。


ということは本書のような小説は最早読めないのかもしれません。再度の機会を待ちたいと願うばかりです。

堂場 瞬一 二度目のノーサイド





ラグビーがテーマというめずらしい長編小説です。

作者の堂場瞬一は、どちらかというと警察小説、それもハードボイルド系の警察小説の書き手という印象が強い作家さんだと思われます。ただ、野球や陸上競技などをテーマにした作品も多数書かれておられます。


今は廃部となった武蔵野電産ラグビー部のナンバー8であった桐生威は、もとマネージャーだった石川祐二の葬儀のあとで、仲間の一人である木塚良知の「俺たち。やるべきことがあるんじゃないか」という言葉をきっかけに、あの試合の決着をつけるべく動き始めた。

会社の経営環境はラグビー部の存在を許すものではなく、負けたらすべてが終わりという状況の中で中途半端な試合をし、フジビールに敗れ、ラグビー部は消滅したのだった。

現在、フジビールのヘッドコーチをしている青木に声をかけ、フジビールのメンバーも集めてもらう段取りをつけ、あとは数名の不参加者を集めるだけとなった。

問題は武蔵野電産ラグビー部の数名のメンバーだった。一人は当時のキャプテンの島幸彦であり、あの試合で外れくじを引き負けた責任を感じ、桐生からの電話にも出ないでいるのだ。

そして、今はテレビのメインキャスターとして人気の、スタンドオフとしてキックのスペシャリストだった村瀬潤。村瀬にとってラグビーは生き様であり、だからこそ仕事で汚したり、恥をかいたりしたくないのだという。

そして、この再試合のきっかけだった筈の小塚良知が行方不明になっていたのだ。彼の勤務するゴールドトレーニングという会社が詐欺容疑で立件されるらしいのだった。その社員である小塚が行方が分からないのだ。



桐生は島、村瀬、小塚といった問題を抱えている人物を一人ずつ口説き落としていく、その過程が描かれています。


作者がラグビーをやっていただけあってラグビーに対する思い入れも強く、練習や試合の状況もかなり詳しく、経験者らしい描写が為されています。

しかし、本書で描かれているのはラグビーというスポーツ自体ではなく、ラグービーというスポーツに関わってきた男たちの人生であり、生き様です。ですから、物語としてはラグビーというスポーツでなくても成立する物語ではあります。

ただ、ラグビーというスポーツの特殊性と言いますか、肉体そのもののぶつかり合うスポーツであり、さらにチームスポーツという特性が特に強いスポーツであるところからくる、“熱さ”が根底になっているという意味ではラグビーならではと言えるかもしれません。


ただ、少々熱すぎます。悔いを残した試合の再選を期し、本書のように生きれるかと言ったら、疑問です。

たしかに、このスポーツをした人間に特有の「熱さ」はあるにしても、五年もの間心に鬱屈を抱えたまま前に進むこともできないほどのものだろうか、という気がしてなりません。それとも、作者の思いの熱さが勝っているということでしょうか。。


とはいえ、やはり登場人物たちの熱意に感動する部分があるの事実であり、なんとも通と半端な気分です。熱い小説であり、少しの疑問を抱えながらも、その熱さに撃たれている自分もいるのです。

安生 正 レッド・リスト





生存者ゼロ』で、第十一回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した安生正の長編パニック小説です。



十二月五日の午後、虎の門中央病院では続々と劇症疾患を発症した患者が運び込まれていた。大腸感染症や破傷風などの原因の異なる感染症であり、何が起こっているのか、病院のスタッフまでもが生命の危険にさらされていた。

そんな中、対応に追われる厚生労働省健康局の結核感染症課の課長補佐の降旗一郎や国立感染症研究所村山庁舎の都築裕室長らをしり目に、街中で一人の女性がヒルに襲われ死亡するという事件が起きた。しかもヒルの体内から破傷風菌と新種の赤痢菌が見つかったというのだ。

一方、東京メトロこと東京地下鉄株式会社本社の工務企画課長の山口は二人の刑事の訪問を受けていた。刑事からは、多数発生している行方不明事件の被害者の一人の、銀座線の京橋駅でトンネルの奥に何かを見つけてトンネル内に入っていく映像を見せられるのだった。

そしてこの冬、日本は記録的な寒波に襲われることが予想されていた。



「レッドリスト」とは、絶滅のおそれのある野生生物の種のリストです。国際的には国際自然保護連合 (IUCN)が作成しており、国内では、環境省のほか、地方公共団体やNGOなどが作成しています。環境省_レッドリスト : 参照 )



『生存者ゼロ』は若干の期待外れで、『ゼロの迎撃』はそこそこの面白さがあり、三作目の『ゼロの激震』は説明過多という印象を持ったこれまでの安生正作品でした。

そして、本作『レッド・リスト』はこれまで読んだ安生正作品の中では一番期待外れでした。ちなみに、前作『Tの衝撃』は未読です。

勿論、パニック小説として途中で投げ出すほどに面白くないというわけではなく、それなりに楽しめた作品ではあったのです。

しかし、どうも登場人物にリアリティが感じにくい。特に主人公となる降旗一郎が気の弱いエリートという当初の設定にどれほどの意味があるのか、良く分かりません。助言者としての都築裕博士も今ひとつ存在感がないし、何よりもこの手の作品でよく出てくるマッドサイエンティストの村上教授に至っては現実感が全くありません。



一番本書で感情移入できなかったのは、パニックの原因となる生物のありようです。詳しくはネタバレになるので書けませんが、どういう説明があったとしてもリアルな物語としての世界を考えにくいのです。

また、殺人事件としての捜査も、最終的には一本の流れにまとまっていくのですが、そこの描き方も無理を感じ、物語の世界観に浸ることができにくく感じてしまいました。



とまあ、ここまで否定的なことばかり書いてきましたが、これまで挙げてきたこと以外に書くことがないから書いた、というのが正直なところかもしれません。

積極的にこういう理由でこの小説は面白いと胸を張って言うことができないので書きやすい批判的な言葉を連ねてしまった、というところです。



パニックの原因となる事象が実に現実味がある、と言えないとなかなかに感情移入できにくいものだと覆い知らされた作品でもありました。

池井戸 潤 下町ロケット ヤタガラス





本書は、『下町ロケット ゴースト』に続くシリーズ第四弾です。



本書では、佃製作所の番頭の殿村が退職し、帝国重工の財前道生も異動しています。そして、あのダイダロスと資本提携をしたギアゴーストの伊丹と袂を分かった島津裕が佃のもとを去っていく場面から幕を開けます。

そんな折、帝国重工の財前道生から連絡が入り、無人農業ロボットの分野に参入したいので、佃製作所の得意分野であるエンジンとトランスミッションの供給を願いたいと言ってきます。

そして、ロボットの自動走行に関して、佃航平の学生時代の友人である北海道農業大学の野木博文教授の力を得たいのでその説得方も頼みたいというのです。

しかし、その話を聞きつけた的場が自分が取り仕切ると言いだし、佃製作所はこのプロジェクトからはずされるというのでした。

一方、殿村は同級生だった稲本の農業法人への参画を打診されます。しかし、その話には大地主の三男坊である農林業協同組合の担当者である吉井という男も絡んでいると聞いた殿村の父は、あれはだめだと切り捨てます。

そんなとき、突然、佃は無人トラクターの映像と共に「ダーウィン・プロジェクト」という名前がニュースで報じられるのを見るのでした。



今回はこれまでの作品と少々構造が異なるようです。

これまでの池井戸潤という作家の物語の流れは、主人公の前に立ちふさが難題を主人公らの必死の努力で打破し、若しくは乗り越えて成功に辿りつくというのが他の作品も含めての順当な流れでした。

しかし、本書は帝国重工とギアゴーストとの勝負の側面が第一義であり、それは重田や伊丹の的場に対する恨みをその根底に持っているのです。企業活動としての対立という外形のもと、個人感情を根底にした物語となっています。

それはそれで、また面白い話であることに違いはないのですが、少々気になりました。



また、人物造形が少々類型的になっているようです。。帝国重工の的場にしても、その部下である奥村にしても自分の出世が第一義であり、他者はその道具にすぎないと思っています。また、重田も復讐ありきです。

伊丹も前巻の『下町ロケット ゴースト』で人情味のあるやり手経営者であった筈が、本書ではまるで別人のような人から受けた恩も簡単に無視できるような人物設定になっているのも気になります。

ただ、重田が来し方を振り返り、その虚しさを思う場面だけは救いでした。

他にも思うところはありますが、それでもなお面白い小説です。テレビで放映されているドラマと合わせて今楽しみに感じている作品です。

テレビドラマといえば、来年にはラグビーをテーマにした池井戸潤の新作をもとにドラマが製作されるという話を目にしました。早く読みたい気持ちでいっぱいです。

誉田 哲也 ボーダレス





無関係な四つの話が後に収斂していく、長編のサスペンスミステリー小説です。



森奈緒はクラスメイトの片山希莉が小説を書いていることを知り、次第に彼女と仲良くなっていく。

八辻芭留は、盲目の妹圭の手を引いて森の中を逃げている。父親が何者かに襲われ、それに気づいた芭留が妹を連れて家から逃げ出したのだ。

市原琴音は、妹から無視されている日々の暮らしの中、父親市原静男の経営する「カフェ・ドミナン」の手伝いをしていた。

名前も分からない人物は、毎日垣根の外を通る一人の女性が見えるのを心待ちにしていた。恋をしているのだろう。その彼女が「こっちの世界に、いらっしゃいよ。」と言ってくれた。




何とも、微妙な小説でした。

如何にも誉田哲也の小説らしい、四つの話を視点を変えて紡ぎながら、次第にそれらの話がリンクしていく、それもサスペンス感満載に展開されていきます。


その他にも、細かな二~三の仕掛けがあります。もしかしたら私が気づいていないだけで、他にも仕掛けがあるのかもしれません。

その一つが、片山希莉という女子高生の書いている小説が森の中を逃げている姉妹の話だということです。その姉妹は靴下のまま森の中を逃げているのですが、すぐその次に視点が変わり、森の中を靴下のまま手を取り合って逃げている姉妹の話が続きます。

もう一つは、「カフェ・ドミナン」の市原家の一家団欒の場面で、山の中で死体が発見されたという事件に絡んで、「ストロベリー・ナイト」事件が話題に上ることです。


さらに、本書はよくみると、女子高生らを描いたの青春小説、格闘家である父親から手ほどきを受けている山の中を逃げている姉妹の格闘者、ピアニストだった琴音と現役のギタリストの叶音姉妹の音楽小説、深窓の令嬢と正体不明の女のエロチックミステリー、という異なるジャンルの話になっています。

この点に関しては作者誉田哲也が「私は真面目に嘘をつく」というエッセイの中で、自分は様々なジャンルの小説を書いているのであり、「そんなのが全部交ざったらどうなるのかな」と書いておられます。

また、過去に書いた事件のその後ってどうなったのかな、と考えることもある。たとえば「ストロベリーナイト事件」、とも書いているのです。

その上で、「ここまでの話が全部、新作『ボーダレス』の内容についてだったとしたら、どうですか。」と書いていて、誉田哲也の遊び心が顔を出しているのです。



そして実際、誉田哲也が企図した通りの小説として出来上がっています。


ただ、何も知らないままで本書を読んでの読後感は、単純に、誉田哲也の小説としては普通だった、というものでした。


幾つかの話を同時進行的に進め、後にその話をリンクさせるという手法は決して目新しいものではなく、誉田哲也自身が多用する手法でもあるし、その意味では何ら特別なものではありません。

加えて、結末がどうにも尻切れトンボであり、本当にこれで終わりか、という何となくなし崩し的な終わり方であり、読み終えての欲求不満が残ってしまいました。

さらに言えば、八辻姉妹の父親孝蔵や、深窓の令嬢のその後、その令嬢の相手となる正体不明の女など、誉田哲也の他の作品では緻密に描かれる筈の人間の描写が半端に感じられるのです。

その点でも何となくの違和感が残ることもあり、誉田哲也の小説として面白くはあるのですが、いつもの強烈なインパクトのない作品に感じてしまったのでしょう。


後に誉田哲也のエッセイを読み、少しは納得することもあったのですが、全体的にはやはり不満感は残っています。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR