FC2ブログ

花村 萬月 武蔵(三)

武蔵 三 (文芸書)武蔵 三 (文芸書)
(2013/10/10)
花村 萬月

商品詳細を見る

道林坊のもとで画を学び17歳となったた弁之助は武者修行に出ようと思い立つ。早速出立しようとする弁之助だったが、然茂之介も同行することになった。まずは北を目指し、日本海に出る二人。そこで、双子の剣術使いと出会い暫く暮らした後、更に西行し九州へと入ることとなった。

本書での弁之介はかなり成長しています。更に強くなった弁之介は、17歳という年齢からも女に対する欲望もまた強く、その思いの強さから人を殺す羽目にも陥っていまいます。更に九州では山賊を相手の立ち回り等活躍するのですが、その後の佐々木小次郎との再会は弁之介に思いもよらない結果をもたらすのです。

何度も書いたように、花村萬月の武蔵はこれまであった色々な武蔵を描いた作品とは全く異なります。端的に、弁之介の成長物語であり、それ以上に痛快時代活劇小説なのです。

でも、本書に至ってくると禅問答のように思えていた道林坊との問答や弁之介自身の思いなども少しづつ明確になり始め、言葉遊び的な感じはあまりしなくなってきました。

変わらずに女を抱きまくる弁之介ですが先の楽しみも増えてきそうです。続刊が楽しみです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR