FC2ブログ

浅田 次郎 輪違屋糸里

輪違屋糸里 上 (文春文庫)輪違屋糸里 上 (文春文庫)
(2007/03)
浅田 次郎

商品詳細を見る

輪違屋糸里 下 (文春文庫)輪違屋糸里 下 (文春文庫)
(2007/03)
浅田 次郎

商品詳細を見る

あまり数は読んでいないのだけれども、それでもさすが浅田次郎と思わせる筆致です。

「壬生義士伝」があって、その四年後に本書があり、そしてその七年後に「一刀斎夢録」が書かれています。新撰組三部作が完了しました、と言って良いのでしょう。作者の言葉を確認したわけではないのですが、どこを見ても三部作とありますので、これ以上浅田版新撰組は書かれないと思うと残念です。

「壬生義士伝」程の「泣かせ」の場面は無かったけれども、それでも京は島原の傾城の言葉は涙を誘いますね。本のタイトルのわりには糸里メインではなく、あくまで新撰組の芹沢鴨暗殺事件をを描いた物語でしたが、島原の最高位である太夫の次の地位にある天神の糸里は、侍としての芹沢や侍たらんとした近藤や土方に対する誇りある女の象徴としての存在でもあったように思えました。

その芹沢鴨暗殺事件を描き出す手法がよく出来ていて、中心に京都の花街である島原の、そして新撰組の屯所になった八木家、前川家の夫々の女を配置し、女目線での新撰組を中心として、永倉新八や沖田総司他の独白を挟んで、客観的目線での新撰組を浮かび上がらせています。

ここで語られる芹沢鴨像やその芹沢像に基づく暗殺事件そのものの解釈については異論があるところでしょう。しかし、一編の物語としての面白さは素晴らしいものがあります。

この新撰組三部作を通して語られている「侍」という存在があります。侍になりたかった百姓の集団としての新撰組、その姿は「壬生義士伝」で吉村貫一郎を中心に強く語られていましたが、本書では「真の侍」である芹沢鴨との対峙を描くことで最も強く描かれていたと思います。

これまで、芹沢鴨をここまで描いた物語を知りませんし、更には新見錦や平山五郎の人物像をも詳しく描写しているのもまた新鮮でした。

ストーリーテラー浅田次郎の作品をもっと読み続けてみたいと強烈に思わせられた作品でもありました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新撰組
読みたいな、芹澤 鴨と花街の女性に興味を感じます。
以前読んだ、なかにしれいの「長崎ぶらぶら節」の舞台になった丸山界隈を昨年歩いてきました。
そこに出てくる女性の強さに引かれました。

 高知の宮尾登美子が描く世界も多くが花街を扱っていました。宮尾登美子の育った環境が花街のようです。

 浅田次郎は「プリズンホテル」のような世界に身を置いたことがあるのでしょうか。作家だからいろいろな世界をリアリズムある物語に仕上げるのですね。

Re: No title

いつも有難うございます。
なかにしれい作品は読んだことはありませんが、評判は良かったですね。

宮尾登美子は「鬼龍院花子の生涯」は一気に読んだ記憶があります。
五社英雄監督の映画も、原作ものの映画としてはとても面白く見たものです。

他に「櫂」か「陽暉楼」かを読んだのですが、はっきりとしません。
もう、随分前のことなので内容も覚えてはいませんが・・・。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR