FC2ブログ

杉本 章子 東京影同心

東京影同心 (講談社文庫)東京影同心 (講談社文庫)
(2013/12/13)
杉本 章子

商品詳細を見る

若くして定町回り同心に取り立てられた金子弥一郎は、御一新により町奉行も解体され、かつての手下の常五郎の料理茶屋に世話になっていたが、とあることから「中外新聞」で種取り記者として働くことになった。

本書は大きく三つの章からなっており、第一章の「つかみぼくろ」では明治維新により同心職を失うまでの主人公を、第二章「ミルクセヰキは官軍の味」では常五郎の店に世話になっていながら「中外新聞」で種取り記者に勤め始め、それなりに落ち着くるまでの経緯を、第三章「東京影同心」では新政府に対する不満分子の反乱の取材をする中での戦いを描いてあります。

これは本書に限ったことではないのですが、特別な描写をしているわけではないのですが、明治初期の東京の雰囲気を漂わせているのですから見事です。これは、時代背景やその時折の風景などを随所に挟みながら、決して説明文として主張していないからではないでしょうか。

例えば町奉行所が市政裁判所と名を変え、東京府の設置とともに廃止されたくだりなどは金子弥一郎の身の上に大きな出来事であるにも拘らず、さらりと金子弥一郎の身の周りの環境の変化をを語るだけで、結果として時代の雰囲気を描写しているのです。

更には、米八という小粋な芸者との絡みを交え、彩りも添えてあります。

ただ、薩摩示現流との闘争の時に主人公が鍔もとで示現流の初太刀を受けたととれる記述があるのですが、他の本で、示現流では初太刀こそ要であり、まともに受けることは殆どの場合かなわない、という意味のことを読んだ気がします。改めて調べる程も無いのですが、一寸気になりました。

ともあれ全体として、会話文の書き方、背景描写の仕方等、実に細やかで読みやすい作家さんです。

本書もシリーズ化されることを望みますが、作者はどのようにお考えなのでしょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

江戸から明治

 あいまいな時代背景での作品を、解説してもらい、分かった気分でいます。

 江戸が明治に変わった時期の江戸城の写真を見たことがありますが、すごく殺風景な絵でした。

 町は活気があったのでしょうね。
siroさんの解説を読んで本を読んだ気になるのはそれもありかな。

Re: 江戸から明治

いつも読んで頂き、有難うございます。

>  あいまいな時代背景での作品を、解説してもらい、分かった気分でいます。

解説などとんでもないです。
単に、読んだ作品をまとめ、感想を書いているだけです。

>  江戸が明治に変わった時期の江戸城の写真を見たことがありますが、すごく殺風景な絵でした。
>
>  町は活気があったのでしょうね。
> siroさんの解説を読んで本を読んだ気になるのはそれもありかな。

私は暇だから大量に読めるだけです。
面白そうと思われた本を読んでみてください。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR