FC2ブログ

浅田 次郎 プリズンホテル 冬

冬 プリズンホテル(3) (プリズンホテル) (集英社文庫)冬 プリズンホテル(3) (プリズンホテル) (集英社文庫)
(2001/09/20)
浅田 次郎

商品詳細を見る

救命救急センターの看護婦長「阿部マリア」またの名を「血まみれのマリア」は、ひとり静かに心を休めるために我らが「プリズンホテル」にやってきた。そこにはかつて彼女の恋人だった医師や天才登山家など例によって普通ではないお客が集っていたのだった。

プリズンホテルも三作目です。

今回の作品はドタバタは控え気味で、愛情豊かな仕上がりになっています。だからということなのでしょうか、一作目から垣間見えていた浅田節が、本書でははっきりと感じられるようになってきました。

ところで、本書のようなドタバタ喜劇作品であっても、その道のプロの行動の描写はその専門的知識を書き手がよく咀嚼しなければ描写出来ないでしょう。なのに、読み手の殆どは素人ではあるにしても、読み手を引きずり込む状況を描き出すのですから見事なものです。でも、それを言うならプリズンホテルのスタッフである板長の梶平太郎や、服部シェフの言葉、更には任侠道の作法でさえも同様なのですが。

本書の最初の山場として、救命救急センターでの「血まみれのマリア」の活躍振りを描写し、彼女の人間性をも描き出す場面がありますが、その場面の緊迫感を感じながら、そんなことを思っていました。

本書では、一本はその医療の専門家の阿部マリアと平岡正史医師とのロマンス、もう一本は、いじめに耐えかねて山での死を選んだ少年と天才登山家武藤嶽男との対話、という二本の話を軸として話は進みます。その周りで木戸孝之介やその叔父木戸仲蔵といった何時もの面々が動き回っているのです。

しかし、読み終えてみるとやはり最終的には木戸孝之介の物語に帰着するのでしょうか。木戸孝之介の、愛人の田村清子に対する子供のような愛情表現は極限を迎えるし、母親との関係にも変化が見られます。

本シリーズも後一冊で終わりです。残念なのですが、浅田次郎の本はまだ沢山残っているのが楽しみでもあります。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いろいろ紹介されてる本の中で、この「プリズンホテル」のシリーズが一番興味をそそられます。

全何巻ですか?
読もうかなあ~

プリンスホテル

 西武系のプリンスホテルと刑務所系のプリズンホテル、かぶりようのないほどの違いなのになんとなくニッタッとします。

 群馬県の一角にこのような場所もあったかも、それよりも那須に一望閣というホテルがあります、そこがモデルかな?

 

Re: No title

> いろいろ紹介されてる本の中で、この「プリズンホテル」のシリーズが一番興味をそそられます。

面白いよ。
面白いけど、一番と言われると難しい。
今読んでる「地下鉄に乗って」も、そこそこ面白いしね。
結局どれもよさそうに思える。

> 全何巻ですか?
> 読もうかなあ~

全四巻です。
ホントに軽く読めます。

Re: プリンスホテル

>  西武系のプリンスホテルと刑務所系のプリズンホテル、かぶりようのないほどの違いなのになんとなくニッタッとします。

プリンスとプリズン。
言われてみれば、アナグラム的でもあり似てますね。
気付きませんでした。


>  群馬県の一角にこのような場所もあったかも、それよりも那須に一望閣というホテルがあります、そこがモデルかな?

モデルがどこかは不明ですが、一応の設定は群馬県北部じゃなかろうか、と推測している人がいました。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR