FC2ブログ

浅田 次郎 プリズンホテル 春

春 プリズンホテル(4) (プリズンホテル) (集英社文庫)春 プリズンホテル(4) (プリズンホテル) (集英社文庫)
(2001/11/20)
浅田 次郎

商品詳細を見る

とうとう、木戸孝之介の作品が文壇最高の権威「日本文芸大賞」の候補になった。しかし、義母の富江が行方不明になってしまう。富江が居なくなり、初めて自分の気持ちに気付く孝之介だったが、周りは文学賞の周りは文学賞の発表のことしか無い。奥湯本アジサイホテル、通称「プリズンホテル」で選考結果を待とうと出版社の面々と共に大挙して押しかけるが、孝之介の心は義母の富江のこと以外にはない。そんなときでも、「プリズンホテル」には懲役五十二年の老博徒や妙な縁のある演劇母娘らも同宿し、例によっての大騒ぎとなるのだった。

いよいよ本シリーズの最終巻です。一応物語は「大団円」(と言って良いのかは若干不明な部分はありますが)で一応終わりを迎えます。

シリーズを終えてみると、やはり第一巻が一番面白く、これを超えるものはなかったという思いがあります。このシリーズにに初めて接するのですからインパクトは一番強いのでしょうが、それだけではないエネルギーがあるように感じられます。

そう感じる理由の一つとして、本作品の主要な登場人物のキャラクターが第一巻が一番はっきりとしていたように思います。例えばですが、木戸仲蔵という人は木戸孝之介の叔父で関東桜会の大物なのですが、巻を重ねるごとにの存在感が薄れてしまいました。第一巻のそのままの任侠道の大物木戸仲蔵が最後まで居て欲しかった。

とはいえ、この四冊のシリーズが面白いのは間違いありません。精神年齢が子供のままで愛情表現の仕方を知らない主人公を、周りの人間が優しく見守り、ひたすら支え続けるのです。副支配人の黒田のヤクザが接客業をするミスマッチや、優しい心根のタガログ語を話す仲居さん達の面白さなどの、プリズンホテルならではのドタバタ劇は人情コメディとして読者の心をとらえて離さないでしょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR