FC2ブログ

杉本 章子 春告鳥

春告鳥 女占い十二か月 (文春文庫)春告鳥 女占い十二か月 (文春文庫)
(2013/03/08)
杉本 章子

商品詳細を見る

「女用知恵鑑宝織」(おんなようちえかがみたからおり)という実際に出版されていた占いの本をネタに、各月の占いになぞり、十二通りの女の喜びを、また悲哀を描いている短編集です。

各月の占いの文言も紹介されていますが、よく意味が分からないというところが正直な感想です。大体前世の行いを挙げてこの世での運命を書いてあり、勿論、物語の中にその意味の解説もあるのですが、何故そのような解釈になるのかが分からないのです。

でも、占いは話の本筋ではないので、その点は深く考える必要も無いのでしょう。何より、よくもまあ考え出すことだと感心するほどに各月の物語は練られていると感じます。勿論、気にいった短編もありますし、そうでない短編もありますが、総じて、品の良い文章で流れるように語られる十二の物語は女性向けかな、と感じました。ドラマチックに話が展開する場面は少なく、殆どの物語は明日への希望を示唆して物語は閉じられます。

エンタテインメント性に富んでいるという訳ではないので、物足りないという人もいるかもしれません。しかし、江戸の町の各月の情景を織り込んで語られる、読みやすい短めの十二の物語も、たまにはゆっくりとした時間を持って良いのではないでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR