FC2ブログ

浅田 次郎 鉄道員

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)
(2000/03/17)
浅田 次郎

商品詳細を見る

「鉄道員(ぽっぽや)」「ラブ・レター」「悪魔」「角筈にて」「伽羅」「うらぼんえ」「ろくでなしのサンタ」「オリヲン座からの招待状」の八編からなる短編集です。著者本人の「あとがき」によると、本書は浅田次郎の処女短編集だそうです。

決して明るくはない物語ばかりです。というよりも、どちらかというと暗い、重いとさえ感じてしまう物語集です。

文庫版解説の北上次郎氏によれば、本書の評判はとても良いのだが、特に良いという作品が「鉄道員(ぽっぽや)」「ラブ・レター」「角筈にて」「うらぼんえ」の四派に分かれた、らしいのです。

個人的には「オリヲン座からの招待状」の二人の描写が上手いと感じ入ったものですが、「ラブ・レター」も捨てがたく感じています。というのも最初は「ラブ・レター」は少々作りあげられた物語、と感じあまり良い印象は持たなかったのですが、あとがきで「身近で実際に起こった出来事」だったとあるのを読んで、印象が変わりました。小説そのものではなく、小説外の情報で作品のイメージが左右されるというのは読み手としては良くないでしょうが。

大体において本書は作者本人の経験譚が基底にあるらしく、私小説とまではいかなくても、それに近いものがあるようです。

北上次郎氏の言うように、私達の年代が年代ですので「角筈にて」にも惹かれます。不遇の少年期を過ごした男が自らを捨てた亡き父を思い、街角に居る筈の無い父親の姿を見る、という筋立ては男ならずとも琴線に触れるものがあると思います。

映画の「鉄道員(ぽっぽや)」は先に見ていたのですが、こうして原作を読んでみると、少々原作のイメージとは異なるものであったようです。あの映画はやはり健さんあってのものだと思います。

このように書いても未読の方には何のことかわからないでしょうが、是非読んでみて欲しい本です。これまでの「新撰組三部作」や「プリズンホテル」シリーズとはまた異なった浅田次郎に会えると思います。

第117回直木賞の受賞作品です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR