FC2ブログ

杉本 章子 精姫様一条 お狂言師歌吉うきよ暦

精姫様一条 お狂言師歌吉うきよ暦精姫様一条 お狂言師歌吉うきよ暦
(2011/11/16)
杉本 章子

商品詳細を見る

このシリーズも三作目となりました。

エンターテインメント性も増しているこのシリーズは、今実に読み応えのある作品です。

三作目ともなると、舞踊の世界の描写も少なめになり、事件性の方が主になってきています。「お狂言師」や、「舞踊」といった特殊な世界についての説明はこれまでで十分になされていますので、この流れは当然でしょう。しかし、物語の基礎には舞踊の世界が横たわっているのですから、話の世界観、雰囲気はそのままです。

本作ではお吉はの活躍は控えめで、焦点は公儀隠密の日向新吾の働きに移っています。将軍家の精姫様の輿入れをめぐり、多額の費用がかかり過ぎるとの理由でこれを回避したい一派と、姫君の受け入れは誉であり受け入れるべきとする一派との暗闘が、お吉の身の回りにも降りかかってきます。そうした中、日向新吾は有馬家の大横目方森崎静馬を見張るうち、森崎静馬を刺客から助けることになるのです。

この二人の男臭い、見方によっては青臭いともとれる行いは、この作家には珍しい描写で、今後の展開が待たれます。

お狂言師という職業を持ってきた作者の思惑は見事だと思いますし、その「お狂言師」を生き生きと描き出しているその筆致にもただただ感心するばかりです。そのうえで、これだけのエンターテインメント性豊かな物語を構築するのですからその筆力は素晴らしいものがあります。

本シリーズは各巻毎に話は独立しており夫々に読んでも面白く読めるでしょうが、やはり、これまでの話を前提にして筋立ても進んでいきますので、順に読んだ方が面白さは増すと思います。

シリーズはまだまだ続くと思われ、「信太郎人情始末帖」のように七作で終わりと言わず、ずっと続けてもらいたいものです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

タイムスリップ

 現代人が江戸の物語をつづる、読み手を江戸の時代にタイムスリップさせてくれる。

 出来れば実際にタイムスリップしてみたい。できれば江戸時代がいい。鎌倉時代、平安時代、縄文時代、恐竜時代、どの時代よりも
江戸時代にタイムスリップをしてみたい。

 長屋の部屋には物が無い、着替えの着物は有るの?物のない生活はどうなんだろうか、

 日曜日天気がいいのでちょっと歩いてきます。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR