FC2ブログ

重松 清 あすなろ三三七拍子

あすなろ三三七拍子(上) (講談社文庫)あすなろ三三七拍子(上) (講談社文庫)
(2014/01/15)
重松 清

商品詳細を見る

ユーモアおっさん青春小説です。何しろ、四十五歳のおっさんが大学に入り、人数が足らずに廃部の危機にある応援団を立て直す、という物語なのですから。そこそこに面白い小説ではありました。

総務課長藤巻大介は、ワンマン社長の命令によりかつての世田谷商科大学、現在のあすなろ大学の応援団に派遣される事になった。応援団の部員を増やし、部の存続を図ることがその使命なのだ。そこにかつて野球部に属していた男の息子が入団希望者として現れ、次に藤巻の娘美紀の彼氏である保坂翔を入部させ、更に、大学の新しい応援団の責任教員である原智子準教授の鶴の一声で松下沙耶という女子まで入部することになるのだった。これらの新入部員のもとに、応援団OBである斎藤と山下というコンビが指導のためにやって来るのだった。

やはり、当初は舞台設定のあまりの突拍子の無さにその世界に入っていくことが非常に難しく、止めようかとさえ思ってしまいました。私が知っている応援団は硬派という言葉など可愛いもので、それこそ暴力団の事務所との違いを探す方が難しい、という代物だったのです。勿論暴力団と言い切るのは言い過ぎなところがあるにしても、かつては、大学によりけりではありますが、応援団と言えばそうした目で見られていたものです。

その昔一世を風靡し、映画化もされた「嗚呼!花の応援団」という漫画を見ればよく分かります。

そんな応援団の世界ですから、いくらユーモア小説とはいえ、四十五歳のおじさんは勿論、金髪の軟弱男や、ましてや女子の入部という設定は現実無視の設定としか思えず、拒否反応を起こしてしまったのです。

しかし、現代の応援団は学ランは無く、チアリーダーと一緒での応援は当たり前という話も聞いたことがあります。また、どこかの大学では女子の応援団長の存在さえ聞いたことがあるので、まんざらあり得ない設定でもないと読み進めました。

最後まで読み通してみるとそれなりに面白く、中年サラリーマンの悲哀を織り交ぜながら、家族の在り方などの問題意識も含みつつのユーモア小説としてきちんと成立していました。勿論、今でも応援団のけじめは残っていると思われ、そうした点を茶化しつつ認めている本書はそれなりにあり得る物語なのでしょう。

決して読んだ時間が無駄という物語ではありませんでした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

重松

夜のピクニックを数ページ読んで、そのまま読み続けることが出来ずに休止中。

評判の良い本なのに、何故かのれませんでした。
その内に再度読みたいと思いました。

テレビで熊本の金賞ワインが七星九州列車で提供されているようですね。

九州、熊本が頑張っていると嬉しくなります。
妙見温泉も紹介されています。

Re: 重松

> 夜のピクニックを数ページ読んで、そのまま読み続けることが出来ずに休止中。
>
> 評判の良い本なのに、何故かのれませんでした。
> その内に再度読みたいと思いました。

本の評判は主観的なものですから、中には合わないものもあるでしょうね。

> テレビで熊本の金賞ワインが七星九州列車で提供されているようですね。

熊本の金賞ワインのことは全く知りませんでした。

>
> 九州、熊本が頑張っていると嬉しくなります。
> 妙見温泉も紹介されています。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR