FC2ブログ

有川 浩 シアター!

シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る

非常に軽く読めて、それなりの面白さを持った小説でした。爽やかな読後感のあるいかにも有川浩という作品です。

幼いころからいじめられっ子だった春川巧が初めて自分の居所を見つけた場所、それが演劇の世界だった。しかし、三百万円という借金を抱え劇団は解散の危機を迎える。巧は兄の春川司を頼るのだが、司の出した条件は劇団の収入で二年以内に返済出来なければ解散というものだった。

この作家の特徴であるメリハリの効いた文章が生きていると思います。ですから、状況の把握がしやすく、登場人物の性格が分かりやすいのでサクサクと読み進めることが出来ます。

「鉄血宰相」と呼ばれる司のオールマイティ振りもあまり気にならず、また巧の子供過ぎる行いすら許容範囲だとして読み飛ばせるのです。その結果、文庫本一冊を二時間もかからずに読み終えることが出来ました。

ライトノベルの書き手であることが生きているのでしょう。というより、本書自体がライトノベルに分類されるのでしょう。

劇団のことなど何も知らなかったのですが、その劇団について色々と教えられる物語でもありました。本の表面だけの情報でしょうが、それでも実に興味深く、その面でも面白い小説でした。

続編も出ているそうですので、早速取り寄せました。

蛇足ながら、演劇と言えば、学生の頃私は東京の西荻窪に住んでいたのですが、そこで、友人がとある劇団の役者さんと知り合いでした。私も数回お会いしたことがあるその人のことを「サンセイさん」と読んでいました。今映画、テレビで欠かせない役者さんとして活躍している塩見三省さんがその人だと思うのです。顔も、名前も覚えているので間違いはない筈です。サンセイさんはこちらのことなど勿論覚えてはいらっしゃらないでしょうが、この人の活躍を見るたびに学生の頃に戻ってしまいます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こけしや

 西荻はこけしやです。
数か月働いた場所でもあります。

こけし屋の食事は憧れでした。
今も営業しているようですが。

三省、=早速しらべてみよう。

Re: こけしや

>  西荻はこけしやです。
> 数か月働いた場所でもあります。

「こけしや」とは何のお店なのでしょう。
私のいた40年前にもあったのでしょうか。

文体訂正

西荻はこけしやです。
数か月働いた場所でもあります。

こけし屋の食事は憧れでした。
今も営業しているようですが。

訂正
西荻のこけし屋で働いていたような文章でしたが
西荻の洋服店で1か月働いたことがあります。

Re: 文体訂正

了解です。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR