FC2ブログ

有川 浩 空の中

空の中 (角川文庫)空の中 (角川文庫)
(2008/06/25)
有川 浩

商品詳細を見る

非常に軽く、実に読みやすい本です。そして、何とも評し難い読後感です。というのも面白いのですが、それだけであまり後に残らないのです。

高度二万メートルあたりで続けて二件の航空機の事故が起きた。一機は航空機開発メーカーのテスト機であり、もう一機は自衛隊の戦闘機だった。夫々のパイロットには同世代の子供がおり、一人は高知県で得体のしれない生物を確保し、もう一人は母にも見捨てられた少女だった。

この本の宣伝文句には「未曾有のスペクタクルエンタテインメント」や「超弩級エンタテインメント」という威勢の良い言葉が並べられています。

しかし、実際はこの作家の「シアター!」にも似た恋愛青春物語であり、親子の物語と言っていいのではないでしょうか。とても「スペクタクルエンタテインメント」とは言えないと思います。

本書の大まかな設定は、正体不明の生物(UMA)が出てきて敵対する人間を抹殺しようとし、人間はそれに対し有効な対抗手段を持てず、その生物とのコミュニケーションを図ろうとします。

確かに、この設定自体はスペクタクル小説の趣をもっていると言えるでしょう。しかし、結局この物語の登場人物は瞬、佳江、真帆の三人の少年少女と春名高巳、武田光稀、宮田喜三郎という三人の大人の織りなす人間模様に尽きます。そして何より、瞬と佳江の幼い恋物語であり、更に春名高巳と武田光稀の恋愛物語でもあるようです。というより、この二組の恋物語の方がメインではないかと思われます。

結局いつものように読みやすく、何となく爽やかに読み終えるのですが、どことなく中途な感じがして、それだけで終わってしまいました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR