FC2ブログ

笹本 稜平 未踏峰

未踏峰 (祥伝社文庫)未踏峰 (祥伝社文庫)
(2012/05/16)
笹本 稜平

商品詳細を見る

橘裕也は薬への依存から万引き事件を起こした過去を持ち人生を捨てかけていた。戸村サヤカは天才的な料理人としての腕を持ちながら、人とのコミュニケーションをとりにくいアスペルガー症候群という病に罹っていて人生をあきらめかけていた。勝田慎二はイラストを書かせたら一級品だが、軽度の知的障害を持つ身だった。そうした三人が力を合わせ、勝手にビンティ・ヒュッテと名付けたヒマラヤの未踏峰の初登頂に挑戦する物語です。

前に読んだ「還るべき場所」と比べると、少々迫力に欠けるきらいはあります。そういう意味では「春を背負って」との中間に位置する作品でしょうか。

本作品は、「還るべき場所」の手に汗握るサスペンス色はありませんし、「春を背負って」に見られる山小屋での人との出会いからもたらされるほのぼのとした人間ドラマもありませんが、俗世のプレッシャーに押しつぶされ掛けた主人公橘裕也達の再生の物語としてみると、なかなかに捨てがたいものがあります。

実社会での、良好な人間関係の保持、という作業はもしかしたら一番困難な事柄かも知れません。三人ともその点に障害を持つ人間です。しかし、パウロさんというかつての世界的なクライマーのもとで働く三人はお互いに信頼できる仲間となり、互いに助け合い、自らの力で未だ誰も登頂していない名も無い山に登ろうとするのです。

K2のような名のある高峰ではないし、標高こそ7千メートルに満たないけれど、素人だった三人が登るに決して荒唐無稽では無いその設定が良いです。

とはいえ、山は山です。死が隣り合わせでいることには間違いはありません。頂上を目指す三人の姿は、予想外の出来事や気象の変化といったサスペンスの要素も加味され、感動的です。

「ここで逃げたら、死ぬまで人生から逃げ続けることになる・・・」というこの本の帯にも書いてある台詞は読み手の心に迫ります。

勿論、小説としての面白さからすれば、先に書いたように「還るべき場所」の方が数段面白いと思います。それでも、この本もなかなかに捨てがたい物語ではないでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

作家

 作家のすごさは、筋を組み立てることです、
物語を緻密に作り上げられる事への才能がすごい。

 高尾山599mスカイツリー634m
もし私が高いところを題材にするとこの辺の物語かも。

Re: 作家

>  作家のすごさは、筋を組み立てることです、
> 物語を緻密に作り上げられる事への才能がすごい。

本当にそう思います。
作家さん達の想像力の凄さにはただただ恐れ入るだけですね。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR