FC2ブログ

ダニエル・キイス アルジャーノンに花束を

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)
(1999/10)
ダニエル キイス

商品詳細を見る

古典SFの中でも名作と言われる作品です。

いつかは読むべき本だとは思っていながら、内容がどちらかと言えば重い作品だと聞いていたので、何となく忌避していたのかもしれません。でも図書館で目の前にあったので、すぐに借りて読み終えました。そして、名作と言われるその意味が分かりました。

32歳になる知的障害を持つ青年チャーリー・ゴードンはIQを向上させという手術を受ける。アルジャーノンと名付けられた実験動物のねずみはこの手術を受け劇的な知能の向上を示していた。そして、手術を受けたチャーリーもまた高い知能を得る。しかし、高い知能を得た代わりに失ったものもあった。

チャーリー自身の手による、経過報告という手記の体裁で物語は進みます。翻訳者の小尾美佐氏は、当初のIQが低い状態の報告は句読点もないひらがなの文章として表現しています。その文章が、句読点や、より高度な単語を覚えていくにつれ、達者な文章として綴られていくのですが、その過程が見事です。作品の内容もさることながら小尾氏の訳もまた名訳と言われているのも納得します。

高度な知能を獲得したチャーリーは、過去の記憶まで明瞭に取り戻し、父や母、そして妹とのやり取りをも思いだします。息子の知的障害を認めたがらず、厳しい躾により色々なことを覚えさせようとするヒステリックな母、その母親を抑えることのできない父親、知的障害の兄を疎ましく思う妹などの蘇った記憶はチャーリーの心を深く傷つけます。

また、チャーリーが働いていたベーカリーでの仲間の仕打ち、自分に手術を施した教授、更には自分に読み書きを教えてくれていたキニアン先生への性的な欲望など、思いもよらない心の葛藤がチャーリーの心を苦しめるのです。

知的障害を持つ人たちへの健常者と言われる人たちの視線、感情等がむき出しにされていき、経過報告を読んでいる読者は常に自らの行いを見つめ直させられます。人間の持つ弱者に対する優しさと傲慢さとが差別を受ける人間の目線で語られていくのですが、それは知的障害を持たない我々への警鐘にもなっているのです。

そしてクライマックスを迎える過程でチャーリーの人間としての存在が、誇りが読者の前に突きつけられ、経過報告のしめくくりに至るのですが、この最後2行には心を打たれ、いつまでも心から消えません。

爽やかな読後感とは行きませんが、どこまでもやさしいチャーリーの言葉に救いを見つけたいと思います。

私が読んだ新刊書には谷口高夫氏の解説が付属していたのですが、この解説がまた素晴らしかった。主人公の内心の葛藤についての解説は勿論のこと、SFというジャンルが「架空世界から現実世界へと向かうベクトルが働いていた」時代に、「限りなく地表に向かって近付いて行って成立した」のがこの作品だという話には、大いに納得させられました。

コメントの投稿

非公開コメント

記憶

以前、看護師をしている娘に勧められた本です。
題名を見てそう思いました。

Siroさんのお薦め本の中に入れます。

Re: 記憶

> 以前、看護師をしている娘に勧められた本です。

娘さんも本がお好きなようですね。

決して軽く読める本ではありません。
でも、名作と言われるだけの本だと思いました。
勿論人夫々ですが、娘さんがおっしゃるように、読む価値はあると思います。

No title

「アルジャーノンに花束を」
随分以前に読みましたよ~凄く感動した記憶があります。

ドラマも観ました。普通、読んだ本がドラマ化されてもがっかりすることも多いのですが、これは面白かったです。
日本版になっていたのですが、ユースケ・サンタマリアがなかなか良かったです。このドラマで菅野美穂が上手い役者さんだと思いましたよ~

この作品は、裏に秘められた多くのことを語りかけている本当に素晴らしい本だと思います。

この本をきちんと紹介しているsiroさんの文章にも感心しました。

Re: No title

> 「アルジャーノンに花束を」
> 随分以前に読みましたよ~凄く感動した記憶があります。

さすがに評判に違わない本でした。

> ドラマも観ました。普通、読んだ本がドラマ化されてもがっかりすることも多いのですが、これは面白かったです。
> 日本版になっていたのですが、ユースケ・サンタマリアがなかなか良かったです。このドラマで菅野美穂が上手い役者さんだと思いましたよ~

この作品のドラマ化は難しいでしょうね。
内容が内容なので、知っていても多分見なかったのではないかと思います。
ドラマで見るには少々重過ぎる。

> この作品は、裏に秘められた多くのことを語りかけている本当に素晴らしい本だと思います。

全く同感です。

> この本をきちんと紹介しているsiroさんの文章にも感心しました。

有難う。
本を紹介するという作業も難しいものですね。

うらやましい

 文章力のある方はすごい。

 昭和42年に結婚をしました。
挨拶文は自筆でした。
右下がりの下手な字、下手な挨拶状
でも、何とか今まで生きてきました。

誤字脱字の常習者の言い訳でした。

Re: うらやましい

>  文章力のある方はすごい。

有難うございます。
でも、私は他の人のブログを見てその上手さを羨ましく思い、あんな文章は書けないので、ただただ分かりやすい文章を、と思っているだけです。
でも、なかなかに難しいですね。

花束を君に

同名タイトルでまたドラマ化されますね。
4月10日からTBSにて放送、主演は山下智久、設定は現代日本に置き換えられている模様。

「科学の発達が人を幸せにするとは限らない」というSF作品によくある永遠のテーマを、巧みに描き出した作品と思います。
獲得したはずの能力が失われていく恐怖と焦燥は、老齢を迎えた誰もが味わう気持ちに似ているかもしれませんね。
主人公チャーリィにとって唯一わかり合える(ような気がする)相手はネズミで、しかもそのアルジャーノンもいなくなってしまう。
チャーリィが心優しい人柄であるだけに、その孤独を想像するとやりきれません。

Re: 花束を君に

> 同名タイトルでまたドラマ化されますね。

以前にもドラマ化されているそうで、その時はユースケ・サンタマリアの好演が評価されているようです。
それに比べて、今回は前評判の悪いこと・・・。
山下智久は『あしたのジョー』しか知らないのですが、確かに、あまり出来が良かったとは言えないような。

それはともかく、高度な知能を得たがために自分のおかれた境遇を把握し、それがために不幸をも認識してしまう。
何ともやりきれない思いになりましたね。

身近におめでたい世界に入りつつある親がいる身としては、自分のことよりも、そちらの方に気が行ってしまいました。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR