FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田 次郎 憑神

憑神 (新潮文庫)憑神 (新潮文庫)
(2007/04/25)
浅田 次郎

商品詳細を見る

何年か前に見た映画の印象とは少々異なる、コミカルではあるけれども、武士道を見つめた真摯な作品でした。というより、映画の方が原作のテーマを今一つ表現できていなかったという方がいいのかもしれません。

貧乏御家人の別所彦四郎はほろ酔い気分で三巡稲荷と読める小さな祠に手を合わせた。ところが現れたのは貧乏神。それでも、"宿替え"という抜け道を教えられた彦四郎は、自分を陥れ、小十人組組頭としての身分や婿養子としての立場まで奪い取った井上軍兵衛に貧乏神の取り憑く先を変えてしまう。しかし、それは自分のかつての妻や子に苦難を押しつけることでもあった。また、貧乏神については"宿替え"したものの、その後には"疫病神"が控え、またその後には更に強力な"神"が待っているのだった。

別所彦四郎は御家人の中でも御徒士(おかち)組と称される、徒歩で戦場に赴き将軍の影武者としての役割を持つ誇り高い集団の集団の組頭であったそうです。そしてこの御徒士組の描写は、作者が実際の御徒士の懐旧談が載っている「幕末の武家」という本を読み込まれて書かれたそうで、その暮らしぶりの描写はそれなりに根拠があるそうです。と、以上は文庫本のあとがきに磯田道史氏が記されていました。

浅田次郎作品ではいつものことではあるのですが、主人公の行動もそうした現実味にあふれた描写で描かれています。また、相手が貧乏神などの人間が忌み嫌う神様の行うことでもあり、惹き起こされる事態は決して軽くはないのですが、浅田次郎の軽妙なタッチでコミカルに描かれています。

そして彦四郎を助ける仲間として、かつての彦四郎の配下であった、村田小文吾という男が配置されています。この男が、普段は少々間の抜けた男なのですが、修験道に励んだ過去があり一種の神力を持っているのです。この彦四郎と小文吾、貧乏神との会話などは落語の一場面のようでもあり、軽妙な面白さにあふれています。また、この小文吾は後半になるにつれ間抜けの印象は無くなり、存在感が増してきます。

当初は小貧乏神や文吾らとの軽妙な会話等の小気味よいテンポで物語は進むのですが、後半あたりから次第に雰囲気が変わってきます。そして、終盤に入ると彦四郎の"御徒士"という役職、ひいては"武士"という存在に対する考察が進んでいきます。

即ち、本作品もさすがに浅田次郎の作品であり、ユーモアという衣をまといながら、武士道に対する作者の思索が垣間見える作品でした。

ちなみに、幕末の武士という存在を考えるということでは、この物語の延長線上に「黒書院の六兵衛」という作品があるようです。

どんどんとこの作家の深みにはまっていきつつあります。いや、既に首までつかっているのでしょう。まだまだ読むべき浅田次郎の作品が多数あることを幸せに感じています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

憑き神

 題名が読めなくて、苦労しました。
又々浅田の作り上げる筋書き、おもしろそうですね。

今日は曇り空、天気予報では夜雨になるようです。
天気の世界を取り上げる小説は浅田次郎の頭の中にはないでしょうね。

江戸時代の長屋での住まいで、雨ぐ続くことの大変さや、雨漏りと戦う市井の出来事とか、

Re: 憑き神

>  題名が読めなくて、苦労しました。
> 又々浅田の作り上げる筋書き、おもしろそうですね。

この作家にははまっています。
面白いです。

> 今日は曇り空、天気予報では夜雨になるようです。
> 天気の世界を取り上げる小説は浅田次郎の頭の中にはないでしょうね。

今のところ知りませんね。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。