FC2ブログ

笹本 稜平 恋する組長

恋する組長 (光文社文庫)恋する組長 (光文社文庫)
(2010/03)
笹本 稜平

商品詳細を見る

首都圏にあるという、東西の指定広域暴力団の草刈り場となるには狭いが地場の独立系の組が参入しての陣取り合戦は無くならない街、S市を舞台にした、"探偵"と呼ばれる"おれ"の活躍を描く連作短編集です。 おれの得意先は主に暴力団であり、各々の組からちょっと面倒な依頼を受けて動き回っていて、その様が各短編で語られています。

「死人の逆恨み」  おれの事務所で首を吊った男がいて、その後始末と事件の裏側を探る顛末が描かれます。ここで、事務所の電話番である尻軽女の由子や、常におれを誤認逮捕するS署一係の通称ゴリラという門倉権蔵刑事などが顔を見せます。

「犬も歩けば」  山藤組の組長から愛犬の「ベル」を探してほしいとの依頼があります。断るわけにもいかず捜索するのですが、とある事件の裏を探り出してしまうのです。

「幽霊同窓会」  山藤組の若頭が消息不明になった。捜索を開始すると電話番の由子がとある連れ込みホテルで見かけたという。早速そのホテルに行って見ると、問題の部屋には眉間を拳銃で打ち抜かれた死体があった。と、のっけからホラーのような展開で始まりますが、その実・・・。

「ゴリラの春」では、S署のゴリラが恋女房の浮気を疑い、調べてくれと言ってきます。ところが話は妙な風に展開を始めます。

「五月のシンデレラ」  山藤組の若頭が由子のために見合い話を持ってきます。由子の家系が由緒ある家系だというのです。しかし、・・・。

「恋する組長」  橋爪組の組長橋詰大吉が一目惚れをしたと言ってきます。ところがその相手はゴリラの恋女房の愛ちゃんだったことから、"おれ"は橋詰とゴリラの間に挟まれて身動きが取れなくなるのです。

以上のような、コミカルな物語が続きます。当初は今野敏の「任侠シリーズ」のようなヤクザの親分が主人公のコメディタッチの物語と思っていたのですが、そうではなく、名無しの探偵の軽いタッチのハードボイルド(と言って良いのでしょう)でした。

面白いのは面白いのですが、この作家の作品にしては少々中途半端な気がしないでもありません。コメディとも、かといって軽妙なハードボイルドともつかない物語になっています。

登場人物も電話番の由子とゴリラ、そしてS市の暴力団関係者と限定していて、小じんまりとまとまってしまった感じです。登場人物だけでなく、主人公の"おれ"も暴力団の親分の言葉には逆わない使いっぱしり的立ち位置なのですが、それなりに存在感を出したそうでもあり、何となくキャラがはっきりとしない感じです。

この作家の山岳小説を続けて読んでいると、そのスケールの大きさなどが印象的であったためにそう思うのかもしれませんが、もう少しスケールアップして欲しいと思ってしまいました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR