FC2ブログ

浅田 次郎 きんぴか

三人の悪党―きんぴか〈1〉 (光文社文庫)三人の悪党―きんぴか〈1〉 (光文社文庫)
(1999/07)
浅田 次郎

商品詳細を見る

血まみれのマリア―きんぴか〈2〉 (光文社文庫)血まみれのマリア―きんぴか〈2〉 (光文社文庫)
(1999/08)
浅田 次郎

商品詳細を見る

真夜中の喝采―きんぴか〈3〉 (光文社文庫)真夜中の喝采―きんぴか〈3〉 (光文社文庫)
(1999/09)
浅田 次郎

商品詳細を見る

対立する組の総長を殺(と)って十三年収監された後、シャバに出てきたヤクザ「ピスケン」、自衛隊の海外派兵反対を叫び、たった一人で武装蜂起した挙げ句、自殺(自決)未遂をやらかした元自衛隊員の「軍曹」、そして大物政治家の収賄の罪を被り、社会的にも家庭的にも抹殺された元大蔵キャリア「ヒデさん」。第一巻の冒頭で、三人は退職間際の刑事「マムシの権佐」が引き合わされる。

以上は第三巻のあとがきでの作家の篠田節子(しのだせつこ)氏の本書の登場人物の紹介文です。さすがに簡潔にまとめてあるので引用させてもらいました。

本書は浅田次郎のごく初期のユーモア長編小説です。既に今の浅田次郎の泣かせのテクニックや、見せ場の盛り上げ方などは備わっています。全体として一本の長編ではあるのですが、各章が短編としても読めるエピソードで構成されています。

中でも第二巻の表題にもなっている「血まみれのマリア」では、その後に書かれた「プリズンホテルシリーズ 」にも登場した阿部マリアがその本来の職場での勇士を見せてくれています。勿論、マリアの男勝りの活躍がたっぷりと描いてあるのです。

やはり浅田次郎という作家の本拠は江戸ッ子にあるようで、この作品でも荒唐無稽な設定のもと冒頭に記した三人が文字通り暴れまわるのですが、全編を貫いているのは’義’であり、江戸ッ子の’粋’であり、はたから見ると馬鹿な行動にしか見えない’男気’の物語に仕上がっています。

この作品の延長線上には「プリズンホテル」があり、「天切り松 闇がたり」の物語が控えています。そればかりか、この作品でも描かれている夫婦や家族の物語は、極道の物語ではない「壬生義士伝」での吉村貫一郎の家族への思いや「黒書院の六兵衛」の的矢六兵衛の行動にも通じるものがあるようです。

ただ、やはり浅田次郎の作品であり、その面白さは間違いのないところなのですが、現在の作品を読んだ後に本作品を読むと、どうしても何かしらの物足りなさを覚えてしまいます。それは、当時の浅田次郎の文章の力の不足なのか、作品の構成の問題なのかは判りません。多分、それら全体について浅田次郎が現在ほどの力量を持っていないからなのでしょう。無い物ねだりではありますが、作家の初期の作品を読むと大体覚えるこの感覚にこの作品でも出会ってしまいました。

とはいえ、面白い作品です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

同窓会

 同窓会がありました、10人が集まれたささやかなものです。
クラス名簿の中からこれなかった荒尾市の仲間に電話して、クラス会の様子を知らせました。

 「一路」を読んでいる最中です、電車の中で読むことも出来たけれども、クラス会には持って行きませんでした。

 参勤交代に興味を持っています、浅田次郎がその参勤交代を舞台にした小説を書かれたので読みたく思っていました。

 面白いけれども雑な転回に「きんぴか」と重なるものを感じました。

Re: 同窓会

>  同窓会がありました、10人が集まれたささやかなものです。
> クラス名簿の中からこれなかった荒尾市の仲間に電話して、クラス会の様子を知らせました。

私達のクラス会もそのくらいの人数ですね。
この頃は私も参加してません。

>  参勤交代に興味を持っています、浅田次郎がその参勤交代を舞台にした小説を書かれたので読みたく思っていました。
>
>  面白いけれども雑な転回に「きんぴか」と重なるものを感じました。

「一路」は雑ですか?
でも、「きんぴか」は決して雑な展開ではありませんよ。
私の書き方がそのように読めたのならごめんなさい。

一路

 siroさんが「一路」を読むとどのような感想になるのかな?

幕末を舞台にした物語は何か落ち着かない気分にさせられます、多分私だけかもしれません。

黒船や長州、薩摩が活躍する時代よりも、江戸中期を舞台にした物語にどっぷりとつかってみたいです。

切腹は当たり前の対処方法なのでしょうか。
いとも簡単に切腹が出てくるのも不思議、すごく痛そう、斬られるのもつらいけれども自分で腹に刺し込むのはできない。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR