FC2ブログ

重松 清 エイジ

エイジ (新潮文庫)エイジ (新潮文庫)
(2004/06/27)
重松 清

商品詳細を見る

以前読んだこの作家の作品の「空より高く」は高校生を主人公とした青春小説だったのだけど、今一つその世界観を受け入れることが出来ませんでした。またその後に読んだ中年のおっさんの大学の応援団生活を描いた「あすなろ三三七拍子」もまた’軽さ’が先に立った作品でした。

しかし、本書「エイジ」は中学二年生という実に微妙な年頃の男の子が主人公なのですが、その心理描写が素晴らしく、この頃の中学生の思考方法と言いますか、考える筋道が明確に示されていて実に面白く読むことが出来ました。勿論、作者の考える中学生の考え方ですのでもしかしたら違っているかもしれません。しかし、その描写は現実的で、多分違っていてもそう遠くはないだろうと思える描写なのです。

本書では重要な出来事として通り魔の存在があり、その通り魔が主人公の生活に密接に関係してきます。また、バスケットクラブでのいじめの問題ももう一つの焦点として取り上げられています。更には青春小説の定番の片想いの場面もありました。これらの出来事が主人公の一人称の語り口によって、内心の展開が実にリアルに描き出されているのです。

自分の中学生の頃のことを考えると、とてもではありませんがこの本の主人公のようには考えてはいなかったと思います。遥か遠い昔のことなのですが、当時は単純に運動のこと、女の子のこと、友達のことをとりとめも無く思い浮かべていたように思います。

家庭のことに関しても、本書の主人公のようにホームドラマのようだなどと、どこか他人事のように俯瞰的な視点で見るなどとてものことではなく、ただ、クラブを終えて遅くの帰り道に、帰って寝て、また学校へ行ってクラブといういまの生活は何なのだろうと、それも何となく考えながらな帰っていたことを覚えています。

通り魔と自分の違いは何だろうかと突き詰めて考える主人公。そしてそこに差を見出すことが出来ない主人公。自分を日常に結び付けている紐を「切る」ことがキレることではないかと考える主人公。そして小さくキレる主人公。

この主人公の行動は決して平均的な中学生の行動だとは思えないのだけれど、しかしながら先にも書いたようにリアルな中学生像として迫ってくるのです。それはこの作者の筆力によるところが大きいのでしょう。

「一日一日はいやになるくらいだらだらしているのに、それが連なった毎日は、滑るように過ぎていった。」(73頁)などという青春の一日の描写は、読みながら小さな感動すら覚えました。こういう表現で中学生の心理を描いているのですから、読み手は引き込まれる筈です。

これまで読んだこの作者の二冊の作品は本書の後に書かれているのに、本書ほどの感銘は在りませんでした。本書が最高の作品なのでしょうか。山本周五郎賞を受賞している作品だけのことはあると思え、だとすれば、やはりプロの文筆家が認めた作品こそが面白いのでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

重松 清

 興味を感ずる本となりました。

私自身の中学生は何にもなかった、勉強も出来ず、運動も出来ず、パッとしたところがなく、中学時代は何だったんだろう。

Re: 重松 清

そうなんです。
どうしても自分の過去を見つめてしまいますね。
そしていまの学生と比べてしまいます。
どちらが良いとか悪いとかいうものではないのですが。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR