FC2ブログ

浅田 次郎 ハッピー・リタイアメント

ハッピー・リタイアメント (幻冬舎文庫)ハッピー・リタイアメント (幻冬舎文庫)
(2011/08/04)
浅田 次郎

商品詳細を見る

この作家の作品にしては少々中途半端な印象でした。公務員の「天下り」をテーマにしたユーモア小説なのですが、その実、登場人物を「きんぴか」から借りてきて、「天下り」を論じさせた物語になっています。

ひたすら律儀に職務をこなしてきた財務官僚の樋口慎太郎と叩き上げの二等陸佐であった大友勉の新しい職場はJAMS(全国中小企業振興会)という神田にある会社だった。この会社は戦後の財閥解体に伴う新規事業の成長を補佐すべくGHQの指令により作られた金融保証機関であり、当時はそれなりの役目を果たしていたものの、現在は天下り用の会社としての意義しかない会社だった。

先に書いたように、この二人は「きんぴか」の登場人物である軍曹こと「大河原 勲」とヒデさんこと「広橋秀彦」をそのまま氏名だけ変えて配置したと言ってもおかしくありません。

この二人が立花葵という元銀行員の女と共に、あろうことか普通に仕事を始めるところから物語の本筋は動き始めます。まわりの天下った職員達は皆、いかに何もせずに夕刻を迎えるかに腐心しているというのに、時効により強制的な取り立てもかなわなくなっている債権の回収に乗り出そうというのです。

一方、矢島純彦という人物が配されており、天下りという機構を体現する具体的な存在として描かれています。が、その存在もあまり意味が感じられないのは残念です。

本作品は2009年という浅田次郎も脂ののりきっている時代にに発表されているわりにはエンターテインメント小説としての完成度はそんなに高いとは思えず、この人の作品にしては珍しく、決して「オススメ」とは言えない本でした。天下りというシステムの仕組みについては、あとがきで勝間和代氏によって詳しく語られており、ここだけ読めば足りるほどです。

ちなみに、冒頭にとある小説家が既に時効の来ている債務の支払いをする話が描かれていますが、この話は新田次郎本人の実体験だそうで、この体験をもとに本作品が描かれたそうです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR