FC2ブログ

田牧 大和 数えからくり―女錠前師謎とき帖2

数えからくり: 女錠前師 謎とき帖(二) (新潮文庫)数えからくり: 女錠前師 謎とき帖(二) (新潮文庫)
(2013/09/28)
田牧 大和

商品詳細を見る

本書も9月上旬には読了していました。なかなか文章を書くというのは難しく、時間を取られます。

シリーズ二作目の本書が前作ほどの面白さを維持しているものなのか、期待しつつ読んだのですが裏切られませんでした。人が良すぎて何かと面倒事に巻き込まれる緋名(ひな)は健在でした。勿論緋名の後見人的存在を自負している髪結い師の甚八も、猫の大福も、それに隠密同心の榎康三郎もそのままに登場しています。

甚八は同業者の頼みで硯問屋の大門屋(おおとや)へ髪結いに行くことになった。ところが、大門屋では美人姉妹と評判の娘の妹のおよしの弔いが出されようとしていた。一方、緋名は牛込御門の南にある旗本の三井家へ錠前仕事の呼び出しを受ける。屋敷に行くと、そこには座敷牢に閉じ込められた娘がいた。この娘がどのようにしてか牢を抜けだし、手を血で染めた状態で見つかるというのだ。そのために余人では開けられない錠前が必要だという。しかし、娘を閉じ込めるための錠前仕事はできないと断る緋名だった。

とても読みやすく、楽に読み進めることが出来ます。登場人物の心理を情感豊かに、またコミカルな表現も交えながら描き出すこの作家の文章は私の好みにぴたりとはまる文章なのでしょう。非常にストレスなく読み進めることができ、じっくりと読むことも、斜め読みで飛ばし読みすることも楽にできそうです。

宇江佐真理のように、人情味豊かでしっとりと心に染み入る、とまでは言えませんが、それでも季節の風情をそこここにに挟みこんでの心象の描写などは、やはり私の好みに合致しているのです。

若干、途中で筋が見えにくくなることも無きにしも非ずでしたが、そんなに込み入った謎が設定されているわけでもないので、それは読み手が雑だったのでしょう。

ただ、他にあまりケチをつけるところも無い本書ですが、本書の鍵となる章毎に示される数え唄が少々無理があるのかな、という気はします。確かに、謎解きのキーにはなっているのですが、この形式にする必要があったのかは疑問です。

ともあれ、今後の展開が楽しみな作品です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

「娘を閉じ込める錠前は出来ない」
どうして?それでどうなったの?
と先を知りたくなりますよね〜
知りたかったら、読め!と言う事ですよね😁

まだまだ、読む本を山積みしているので・・・この本にたどり着くのには時間が掛かります😅

個人的には、もう少し種明かしをしてほしいですが、そんなわけには行きませんね😉

Re: タイトルなし


> 個人的には、もう少し種明かしをしてほしいですが、そんなわけには行きませんね😉

転送先のメーラーの具合が悪く、コメントに気付いていませんでした。
ごめんなさい。

でも、勿論ネタバレは書けませんね。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR