FC2ブログ

今野 敏 宰領: 隠蔽捜査5

宰領: 隠蔽捜査5宰領: 隠蔽捜査5
(2013/06/28)
今野 敏

商品詳細を見る

単に論理に従って行動しているだけという主人公竜崎伸也の振舞いは相変わらずです。

ある日、竜崎の幼馴染でもある警視庁の刑事部長である伊丹俊太郎から電話を受けた。衆議院議員の牛丸真造が行方不明になったという。牛丸の秘書で竜崎らの後輩でもある田切勇作は、ことを荒げたくないので極秘に調べて欲しいらしい。それでも、竜崎は国会議員が姿を消したという事実をもとに対策を練るべきと考えて指示を下した。その矢先に牛丸の事務所の車が発見され、車内から運転手の死体が見つかった。

原理原則に基づく竜崎の行動は爽快です。相手の身分や立場によって態度を変えることのないその姿は、現実には難しいがゆえに読者はカタルシスを得るのでしょう。まあ、そういうことは改めで言うまでもないことですが。

本書の特色は、竜崎の新しい衝突先として神奈川県警が設定してあることでしょう。これまでも、他の所轄署であったり、本庁の人間であったりと、様々な人間が最初は竜崎の異色の経歴と変人ぶりに惑わされ、不信感を抱き、距離を置いていたのす。しかし、最終的には竜崎の事件解決に対する真摯な態度に尊敬の念さえ抱くようになってきたのです。

それが、今回は警視庁とは仲の悪いことで知られている、神奈川県警の横須賀署に設けられる捜査本部に副本部長として赴くことになるのです。現実に警視庁と神奈川県警戸が不仲なのかは知りません。でも、小説の世界ではこの両者は仲の悪いことが当然の前提となっているようです。そうした神奈川県警ですので、竜崎に対する態度も飾り物としての扱いしかしません。あとはいつもの展開ではあるのですが、その様がやはり面白いのです。痛快でさえあります。

本書の魅力は、推理小説としての事件の謎ときもさることながら、竜崎をとりまく人間関係そのものや、その変化の面白さにあると思っています。加えて竜崎の家庭内の問題もスパイス的に書き込まれており、家族に対しても同様の態度を取る竜崎の人間描写に厚みを加えています。そうした意味では、黄門さまの物語のようにお定まりのパターンの中で、様々に趣向を凝らして読者を楽しませているのです。

現時点では今野敏のシリーズものの中では本シリーズと『東京湾臨海署安積班』シリーズが一番面白いと思っているのですが、両者共に登場人物の人間模様が魅力になっていると感じます。私の好みがそこらにあるのでしょう。

本作はいつまでも続いて貰いたいシリーズの一つです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

今野敏

今野敏の作品を何冊か読んでいます。
安心して読めますね。

Bookofで石田衣良「波のうえの魔術師」を買い、積読状態でしたがようやく読み終えました。
面白く読めました。終わり方が爽やかで良かったです。

Bookofに行くと何となく買ってしまいます、でもすぐに読めないので何冊もの本がそのままで置かれています。

Re: 今野敏

> 今野敏の作品を何冊か読んでいます。
> 安心して読めますね。

初期の作品ではハズレと思えるものもありますが、近年の作品はおっしゃるように安心して読めますね。


> Bookofで石田衣良「波のうえの魔術師」を買い、積読状態でしたがようやく読み終えました。
> 面白く読めました。終わり方が爽やかで良かったです。

石田衣良の作品もひと昔前まではよく読んでいました。
特に『池袋ウエストゲートパーク』シリーズは当時出ていた分は全部読んだものです。
でも、『波のうえの魔術師』は読んでいません。
株の仕手戦を舞台にした小説のようですね。
そのうちに読んでみたいと思います。
>
> Bookofに行くと何となく買ってしまいます、でもすぐに読めないので何冊もの本がそのままで置かれています。

私はもっぱら図書館派です。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR