FC2ブログ

月村了衛 機龍警察 暗黒市場

機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)
(2012/09/21)
月村 了衛

商品詳細を見る

機龍警察シリーズも三作目になります。これまで姿、ライザと「龍機兵」の搭乗要員の過去を語りつつ、現代の物語が組み立てられてきましたが、今回はユーリの物語になります。

千葉県警から警視庁特捜部SIPDに応援要請があった。第一種機甲兵装「ケルピー」に乗り込んだ不法入国のタイ人グループによる物流倉庫への立て籠もり事件である。鈴石緑技術主任は「こんなときに限って」とつぶやいてしまう。ユーリ・オズノフ元警部が契約解除になっていたのだ。そうした折、武器密売の国際的ブラックマーケットを内偵中であった警視庁組織犯罪対策部の安藤巡査部長の死と引き換えに、日本で新型機甲兵装のマーケットが開かれるらしいとの情報がもたらされた。

本書でも前半はユーリ・オズノフ元警部がロシア警察をやめなければならかった過去の物語です。「龍機兵」の搭乗要員の中でも、ひとり日本の警察に対して共鳴する感情の存在を否定できないでいた男の壮絶な過去が語られます。

腐敗したロシア警察の中でも清廉さを謳われた、警察という職務に忠実であろうとする男達で構成された「最も痩せた犬達」と呼ばれた、モスクワ第九十一民警分署刑事捜査分隊操作第一班の物語です。誰からも慕われた警察官の父を持つユーリにとって、この職場は天命とも言える職場であり、警察官としての自分を最大に生かせる職場でもありました。その職場で起きた悲劇、それが現在まで続いているのです。

後半は現代に戻り、ブラックマーケット壊滅作戦が語られます。この描写は相変わらずに十分な迫力を持って読者に迫ってきます。

十分に練られたストーリーは綿密に計算された人物造形と併せて物語に深みと厚みを感じさせてくれます。敵役の人物造形もかなり凝っています。しかし、凝り過ぎて少々作り過ぎかと感じないでもありません。

凝り過ぎということで言えば、これまでの三作の中では一番感傷的な物語とも言えます。その点が弱点と思う人もいるかもしれません。それほどに話のまとめ方は素直にまとまっています。

しかしながら、物語はそうした疑問点をものともしない筆致で進みます。SF的な設定は単に一つの道具として考えれば、この手の物語が苦手な人でも十分面白いと思ってもらえるでしょう。それほどに力強く、面白い物語です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR