FC2ブログ

逢坂 剛 禿鷹の夜


直前に読んだ小説と比べると、やはり定評のある作家の作品は読みごたえがあります。今回の作品はまた強烈なキャラクターを生み出していました。

暴力団の渋六興業の社長碓氷嘉久造は、娘の笙子らと共にレストランで食事をしているときに南米マフィアの殺し屋の襲撃にあう。しかし、たまたま近くにいた肩幅だけが妙に広い男に助けられた。その男こそが神宮署生活安全特捜班の禿富鷹秋刑事、通称ハゲタカだった。

とにかくヤクザから金を貰うことなどなんとも思っていない、というより当たり前としか思っていない悪徳刑事の登場です。

渋六興業と通称マスダと称される南米マフィアとの間の抗争に首を突っ込み、渋六興業から金を絞りとります。普通は、ヤクザと癒着していてもそれは刑事としての仕事の一環である場合が多いようです。ヤクザとの繋がりを利用して情報の収集等を行い、その結果事件の解決に役立たせる、という流れなのです。

しかし、本書のハゲタカの場合、事件を捜査している描写はありません。彼の活動は渋六興業をを助けるという動きのみです。警察という立場は、逆にヤクザを助けて金を得るために利用する有利な立場でしかないようです。

悪徳刑事と言えばまず思い出すのは結城昌治の『夜の終る時』ですが、この本は一応警察小説としての様式は踏んでいました。他には残念ながら未読なのですが黒川博行の『悪果』が挙げられそうです。それに深町秋生の『組織犯罪対策課 八神瑛子』シリーズも思い浮かびますが、これは悪徳刑事というよりは捜査のために手段を選ばない、という方向の小説です。

本書の特徴としては、単に主人公が今までにないワルというだけではありません。ハゲタカの描写の仕方が客観的で、心理描写が無いのです。ハゲタカの行動はその時に共に行動している別の人間の視点で語られます。

ハゲタカは他人の思惑など気にせずに、単純に最良の結果を出すための最良の方法を選んでいるようです。そのためには手段は選ばず、それが暴力であろうと関係ないのです。そういうハゲタカの人間らしさを思わせる場面もありますが、そうした場面があることで、客観的描写と共にハゲタカの酷薄さもかえって浮かび上がり、また細かな人情味も出ているようです。

このシリーズはまた逢坂剛の『百舌シリーズ』と同様、しばらくはは追いかけて見たいと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

阿蘇噴火

 作家の父親が絵描き、作家の本に対しての絵で手伝う等の記事を読んでいます。

 親子での繋がりがあるって気になります。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR