FC2ブログ

月村 了衛 機龍警察 未亡旅団


機龍警察シリーズの四作目です。これまでの三作と同様に十二分な厚みを持った小説として仕上がっています。

カンボジア人グループが不法入国者集団との工業製品密売取引を行うとの情報を得た神奈川県警は、とある住宅街での取引現場を急襲した。その際バイヤーである不法入国者グループを逮捕したものの、十人全員が未成年と思われる少女も含む若い女性であった。ところが、女性のうちの数人が包囲陣にむかって駆け出し、周りを巻き込んで自爆してしまう。凄惨な現場には倒壊した車両や炎上する家屋が残されたのみで、残る六人の女性の姿はどこにもなかった。

これまでは「龍機兵」の搭乗要員夫々の過去にからめつつ物語が進められてきました。今回は城木貴彦理事官と由起谷志郎警部補の過去を垣間見ることが出来ます。しかし、これまでのように中心となる登場人物の過去の物語と、現代で起きている二つの物語が展開されている、とまでは言い難く、あくまで現代の話の展開の中で彼らの過去が語られています。

彼らの過去の話もさることながら、特に今回は未成年による戦闘行為が重点的に語られています。テロ行為そのものが許されないことは勿論なのですが、加えて「児童を徴集、あるいは誘拐して兵士に仕立て上げ」られている現実が取り上げられています。「最も安価で効果的な戦力増加方法」だという、未成年者が戦闘員として闘っているという現実に対する問題提起がなされているのです。

更に、チェチェン紛争という現実をこれでもかと描写し、テロルの実行犯側の論理をも展開しています。私達はチェチェン紛争のそうした現実を知りません。描かれている紛争の裏側がどこまで事実なのかは分かりませんが、似たようなことは現実に行われているのでしょう。

本書でテロリストとして描かれているのは、チェチェン紛争で夫や家族を失った女性たちだけからなる組織である「黒い未亡人」と呼ばれる組織で、実在の組織です。こうした組織が現実に存在し、テロ行為を行っているのが現実の世界であるということが目の前に示されます。

これまでの作品でもテロ行為の現実が示されていましたが、今回は未成年によるテロ行為、というテーマだからでしょうか、一段と胸に迫ります。

そうした事柄を背景にしつつ、相変わらず重厚な筆致で物語は展開します。アクション小説としての面白さはこれまでと同様なのですが、警察内部の<敵>との戦いも、より熾烈でサスペンスフルなものになってきています。

「龍機兵」という存在自体にまつわる謎や、沖津旬一郎特捜部長については何も語られていませんし、まだまだ解き明かされるべき謎は沢山あります。これから先、どのように展開するものか、非常に楽しみな一冊です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR