FC2ブログ

田牧 大和 とんずら屋請負帖 仇討


この作家は年ごとにどんどん進化している、そういう印象を受けます。本作では登場人物の心理をも含め一段と丁寧に書き込まれており、読み手の心をしっかりと掴んでいます。

裏の稼業「とんずら屋」を営む船宿「松波屋」では、嫁に行くために辞めた女中の代わりがやってきた。名をお鈴といい八歳の息子徳松を長屋に置いての奉公だそうだ。何とか他の女中とも上手くいきそうだと思った矢先、’弥吉’は「松波屋」に長逗留しているという触れ込みの若旦那、進右衛門からお鈴とは「少し間合いを置いた方がいい」と言われてしまう。お鈴には「武家の女の匂いがする」と言うのだ。親の仇である澤岡左門を探さねばならない身のお鈴をめぐり、物語は展開していく。

進右衛門の本来の姿である各務丈之進(かがみじょうのしん)の父親で、来栖(くるす)本家の国家老である各務右京助(かがみうきょうのすけ)が本シリーズの敵役として位置付けられることがはっきりとしてきます。今回もこの父の謀により「とんずら屋」の面々が駆けずり回ることになるのです。

とは言っても、今回は進右衛門が主人公になっている、と言ってもいい程に、進右衛門を中心として物語は進みます。特に、進右衛門とお鈴の仇である澤岡左門(さわおかさもん)との間が興味深く書き込まれています。更に、本書の話の中心であるお鈴と、その仇ではあるけれど侍らしい侍である澤岡左門との関係にまつわる謎が解き明かされていく過程は、読んでいて小気味いいものがあります。

この作者の一番の魅力は、各シリーズの人物造形の面白さもさることながら、その文章にあるようです。説明的でなく、テンポのいい会話や情景描写の中で自然に人物の人となりが浮かび上がってきます。小説家なら当たり前のことのようですが、説明的ではない文章でありながら個人的な好みに合致する人は少ないのです。

澤岡左門が「とんずら屋」の手助けによって逃げる教え子にむかい、「生きていくための芯は自らの裡に置け」という場面があります。他の人の言葉で自分の信条を歪めるなと言うのです。この言葉が上手いなと思い心に残ったのですが、解説の伊藤和弘氏も澤岡左門の人となりを表すのにこのフレーズを引用しておられ、私の印象もあながち的外れではないな、と思ってしまいました。

来栖家の内紛に巻き込まれた、来栖家当主の血筋である’弥生’をめぐる話と、「とんずら屋」での船頭としての’弥吉’をめぐる話の夫々が複雑な内情を持っているのに、更に各巻毎の謎を絡ませながらも、読み手にその複雑さを感じさせずに話の中に引き込むその手腕は見事です。

早速他の作品も読みましょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR