FC2ブログ

青山 文平 鬼はもとより


奥脇抄一郎は、武芸の路から女遊びにのめり込み、遊び人となっていたが、「なにかをしでかしたはみ出し者」をまとめて設けられた「藩札掛」を命じられ、世話役の佐島兵右衛門(さじまへいえもん)のもと、藩札の仕組みから叩きこまれる。しかし、兵右衛門の急死により抄一郎が責任者となるが、飢饉に際し藩の重役の藩札の刷り増しの命に逆らい、藩札の原版を持って脱藩してしまう。その後、江戸に出た抄一郎は旗本の深井藤兵衛(ふかいとうべえ)の知己を得るなかで、藩札板行指南を業とするようになるのだった。

本書は武士の世界に経済の側面から光が当てられています。つまり、主人公抄一郎は「国を大元から立て直す仕法」の背骨を掴み取り、その仕法を別の藩で試すのですが、その流れが実にダイナミックに描写されているのです。

藩札の板行には正貨の裏付けが必要だが、刷る額面のおよそ三割は正貨の準備が必要、などの藩札の仕組みを相談者相手に語る場面は、経済の素人にも理解しやすく、新たな知識をもたらしてくれる面白さもあります。その数値の真偽のは正しいのだろうとしか分かりませんが、そういうものだと納得できる書き方なのです。

とはいえ、青山文平という作者の根本は常に「侍」存在そのものの在り方を問うていて、抄一郎が見つけた仕法の肝(きも)もその点に関わってきます。先に亡くなった佐島兵右衛門の姿から抄一郎が感じる覚悟も、「命を賭す腹が据わっているか」が大事ということでした。

更にはより直截的に、「武家とは、いつでも死ぬことができる者であ」って、「武家のあらゆる振る舞いの根は、そこにある」と抄一郎の独白の中で語らせています。このように本書の少なくない個所で、侍の「死の覚悟」への言及があります。

青山文平の作品の中に『かけおちる』という作品があります。この作品も藩の財政の立て直しのために殖産事業に命をかける侍が描かれていますが、本書はその藩札版といったところでしょうか。青山文平は、単に侍を描く舞台設定としてだけではなく、侍の世を経済という新たな視点から見詰め直すという試みをしているのかもしれません。

一点、良く分からないところもありました。それは、抄一郎が女遊びにのめり込んだ時期がある、という設定の持つ意味です。

確かに、女に対して「鬼畜」と呼ばれた抄一郎に対し、その親友で獣(けだもの)と呼ばれた長坂甚八(ながさかじんぱち)が抄一郎の人生の奥底にずっと漂っています。その点では女遊びの描写も意味を持つのかもしれないのですが、その甚八の存在そのもののこの物語における意味が、今一つ良く分かりません。作者の意図は何なのでしょう。

更には藩の立て直しの仕法を実行する東北の小藩の執政に絡んでも女が語られます。この点もよく分からない。そして、本書の最後の一行も女のことで締められるのです。

こうしてみると、女という存在が抄一郎の芯に何か影響を与えているのかもれません。

そうした疑問はありますが、やはりこの作家は今の私の中では浅田次郎などと共に一番の作家でなのです。そして、本書は色々と考えさせられ、また単純に物語としても面白い小説です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

青山文平

 経済と女性
作家青山文平の意図するところに経済と女性

衆議院選挙、女性議員の活躍、さらにどこにでも女性の活躍な場を安倍内閣は声高に云っている事と作家青山文平の意図とダブりました。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR