FC2ブログ

三浦 しをん まほろ駅前多田便利軒


非常に読みやすく、それでいて妙に心に残る物語でした。私の好みに合致する作品です。

東京の南西部にあるまほろ市で便利屋をやっている多田啓介という男が主人公で、そこに高校時代の同級生だった行天春彦が転がり込んで、このコンビのまわりで何かと面倒が巻き起こります。

この二人の夫々の個性がよく書き込まれており、読者の興味を飽きさせません。どこかペーソスが漂う、青年とは言えない男二人の物語なのですが、それでいてコミカルで、ちょっと普通は無いだろうと思える状況を、それなりにリアリティを持って描写していくこの作家の筆力には感心するばかりです。

この作品を読みながら一番に思ったのは、行天という男の印象が松田龍平のイメージから離れることができない、ということでした。映画版の『まほろ駅前多田便利軒』はまだ見てはいないものの、予告編が何度も目に飛び込んできていて、他の人では考えられないことになってしまっています。

でもそれは決して不愉快ではないのです。能天気でいながら腕っぷしも強いという行天春彦の設定は松田龍平のイメージそのままであり、何の違和感も感じることは無く、物語を読み進めるのに全く邪魔にはなりませんでした。

それはつまり、映画版『探偵はBARにいる』シリーズでの「高田」の印象そのままであって、そのイメージがまた良く合致しているのです。実際に映画を見たらどうい印象を持つのか楽しみです。

ともあれ本書は非常に読みやすく、サクサクと読み進むことができます。若干二人の、特に行天の過去に謎めいたものがあるのですが、それほど特異というものでもないでしょう。

このとても読み易い点がライトノベル風というレビューもありました。読み手次第で作品の印象は変わるものだと思うだけです。ライトノベルも悪くはないと思うのですが、その書き込みの薄さは否定できないところでしょう。そうした意味ではライトノベル風という言葉は決して良い意味では使われてはいないようです。でも、読みやすいことは決して短所ではないと思うのですが・・・。

内容自体は決して明るいものではありません。親殺しや赤ちゃんの取り違え等々とどちらかと言えば暗いテーマばかりです。しかし、この二人が関わって依頼をこなしていくうちに、読者に投げられた問題提起は上手いこと回収されていきます。現実はそう簡単にはいかない、という言葉も聞こえてきそうですが、そこを変に捻ったりせずに、物語の中で整合性を持ってまとめているところが作者の腕の見せ所なのでしょう。

とにかく、個人的にはどストライクの作品なので続編を読みたいと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

三浦しおん

 面白い本でした、この本で三浦しおんの作品に触れました。
高田郁のみおつくし料理帖「美雪晴れ」を読み終えました。

Re: 三浦しおん

>  面白い本でした、この本で三浦しおんの作品に触れました。

三浦しおんの作品も、どれも外れは無いと思います。

> 高田郁のみおつくし料理帖「美雪晴れ」を読み終えました。

こちらも好きな作家です。
このシリーズもそろそろ終わりだそうで残念ですね。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR