FC2ブログ

田牧 大和 花合せ 濱次お役者双六


この作者の『からくりシリーズ』『とんずら屋シリーズ』と読み応えのある作品を読んできたのでかなりの期待を持って読んだのですが、見事にその期待に応えてくれました。

主人公は梅村濱次という森田座の中二階女形です。「森田座」は「中村座」「市村座」と並んで江戸三座と言われた歌舞伎の芝居小屋であり、「中二階女形」というのは女形の大部屋が中二階あったことから言われたらしく、つまりは主役級の役者以下の女形のことです。主役ではないのでわりと気楽に過ごしている身分の主人公なのですが、濱次の才能を認めている師匠や座元たちにとっては歯がゆい思いをしているところなのです。

ある日濱次が師匠の家から帰る途中、見知らぬ娘から変な花の植わった鉢を押しつけられた。しばらく預かってほしいというのだ。その鉢を見た濱次の奥役(楽屋内のいっさいを取り仕切った仕事で、今で言うプロデューサー)である清助は自分が預かりたいという。その鉢の花は変化朝顔であり、好事家の間では高額で売買される代物だったのだ。ところが、その変化朝顔が盗まれてしまう。この変化朝顔をめぐる騒動は思わぬ展開を繰り広げることになるのだった。

主人公が歌舞伎の女形ですので、当然物語の舞台は普段一般人が眼にも耳にもしない、芝居・踊り関連の世界が広がります。勿論、着物に関しても色々な名称が出てくるのですが、私は和服のことなど全く分からない朴念仁ですので、濱次の様子を「紫縮緬(むらさきちりめん)の野郎帽子、浅葱の小袖に二藍の帯、といった涼しげな色目が、上品に整った顔立ちによく映え、すっきりとした色気さえ感じられる」などと言われれば、その意味はよく分からずとも言葉の雰囲気だけで感心してしまうのです。こうした言葉を理解できるような勉強もしておくべきだったと今更ながらに悔やまれます。

本作品では普通の捕物帖とは異なり、殺人も立ち回りもありません。代わりに、不思議な女の持ち込んだ変化朝顔にまつわる謎が解き明かされていきます。

その謎を解く濱次の行動、推理がなかなかに読ませてくれるのです。幽霊、物の怪(もののけ)、精霊の登場する怨霊ごとには目の色が変わる濱次というキャラクタ―だけで読ませる、と言えば言い過ぎでしょうが、それほどに面白いキャラです。

残念なのは、同じように踊りの世界を舞台にした物語に杉本章子の『お狂言師歌吉うきよ暦シリーズ』がありますが、その作品にある「粋」の色合いが本作ではあまり感じられないことです。濱次の師匠の有島仙雀に描写にしても、きりりとした洒脱な感じはあるのですが、もう一歩「粋」を感じることができませんでした。文章の差と言えばそれまでなのですが、何故にそのように印象が異なるのか、文章のプロにその違いを教えてもらいたいものです。

ともあれ、この作者は波長が合うのでしょう。もっと色々と読みたいと思わせられる作家さんです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

12/18

 今日は12/18北海道は猛吹雪のニュース、我が家は明るい陽射しが入り有難い。

 江戸時代の歌舞伎座の中で起きた話の一冊を読んだ気分になりました。
朝顔を取り上げた本を最近読んでいます。SIROさんのお薦めだったかよく覚えていませんが。

 粋といなせってなんだろうと、思わせていただいていますが、ラジオからクリスマスソングが流れています。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR