FC2ブログ

月村 了衛 土漠の花


アフリカの東端に位置し、アラビア海に突き出した形状の半島にあって、その近海に出没する海賊対策に各国が苦慮している国ソマリア。そして、ソマリアの北の国境に接し、紅海の入り口部分を占める国ジブチ。この両国の国境付近が本書の舞台となる地域です。

ソマリアとジブチの国境近くで墜落したヘリを捜索していた自衛隊の捜索隊のところに、三人の女性が助けを求めてきた。その女性らを追ってきた集団は、突然、自衛隊隊員らに銃撃を仕掛けてきた。隊長を殺され、車をも奪われてしまった自衛隊員は、何とかその場を逃げ延びる。しかし、無線機も持たず、襲撃者の追撃を受ける中、見知らぬ土地を駐屯地まで帰りつけるのか。灼熱のアフリカを舞台にした逃避行が始まった。

端的に言うと、惹句で言う「壮大な人間讃歌」という言葉を受け入れることはできませんでした。良質の、それもかなり面白いアクション小説と言えるとは思えます。しかし、この作家の『機龍警察』という作品の、その重厚に練り上げられた世界観を読んでいる以上、本書はこの作家にしては普通すぎ、物足りなく感じたのです。

確かに、抱えているテーマは大きいものがあります。日本の自衛隊が、助けを求めてきた女性を救うためとはいえ、他国の軍隊に対し発砲することの問題は、折につけ言われてきているところです。

しかし、個人としての、また軍隊に属する者として、発砲という行為への懊悩についての掘り下げは深くはありません。勿論、自衛隊員としても、一個の人間としても、引き金を引くことへのためらいなどの描写はあります。しかし、惹句を読んでそれなりの期待を持って読み始めたのでそう感じるのかもしれませんが、少なくとも私は、本書の描写に人物の内面にまで踏み込んだ深みを感じることはできませんでした。また、自衛隊の発砲そのものに付随する種々の問題についての描写も簡単に過ぎるのです。

そういう「問題提起」という意味では、先般読んだ安生正の『ゼロの迎撃』の方が鋭かったかもしれません。日本の都市部でのテロリストへの反撃行為自体の持つ法律的な問題点に対する掘り下げや、分析官である主人公の自分のミスに対する煩悶など、本書よりも緻密であったと思います。

とはいえ、『機龍警察』程の濃密な世界観で本書の物語を書くとすれば、かなり重くなり過ぎるかもしれません。しかし、それでも月村了衛という作家の本領はそちらにあると思うので、是非そうした作品を読んでみたいと思う気持ちが勝ってしまいます。

作者は、肉となる書き込みは削ぎ落してアクション小説の骨組みだけを残し、よりエンターテインメントに徹して書かれたのでしょう。これはこれで十分に読み応えのある作品です。しかし、やはり『機龍警察』のインパクトがそれだけ強かったと言えるのでしょう、より濃密な物語を期待してしまうのです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR