FC2ブログ

三浦 しをん まほろ駅前番外地


東京南西部に実在する町田市をモデルにしたと言われる「まほろ市」を舞台に、便利屋を営む多田と、そこに転がり込んできた高校時代の同級生行天とが織りなす物語です。三浦しをんの物語らしく、実に読みやすく、キャラクタ造詣が絶妙の作品になっています。

本書は、シリーズ第一作と二作目の『まほろ駅前狂騒曲』との間の出来事を描いた番外地、という位置づけですが、時系列的にも内容面でも、そのままシリーズを構成する作品となっています。本シリーズを読むときは、出来れば一作目の次には本書を読み、そして『まほろ駅前狂騒曲』へとすすまれた方がより楽しめるでしょう。

本書は全七作からなる短編集なのですが、作品夫々に視点が異なり、異なった面白さを味わえます。特に二作目の『星良一の優雅な日常』は少々タッチも異なっていてユニークです。というのも本作品は、第一作目でも出てきたまほろ市の「裏社会の貴公子」星良一の日常が描いてあり、軽ーく、ハードボイルドタッチなのです。スタイリッシュでストイックで、非情な男なのですが、恋人の新村清海にはどこまでも甘く、またどういう訳か多田にも、また行天にも一目置いていると思われます。この作品が個人的には一番でした。

この星良一という男は、何となく石田衣良の描く『池袋ウエストゲートパーク』に出てくるG-Boysのリーダー安藤崇を思い出してしまいました。非情で、カリスマ性を持ち、その強さから孤高の高みにいながらもヤクザではなく、主人公を認めていて、ある側面では情のあるところも見せる男、という点で一致するのでしょう。

その他、「光る石」に始まり、横中バスの運行本数に異常なまでの執着を見せる岡氏の夫人の視点で描かれる「岡夫人は観察する」、まほろ市民病院に入院中の曾根田のばあちゃんの青春を描く「思い出の銀幕」、第一作にも登場した田村由良の視点の「由良公は運が悪い」、今後のシリーズの中でも重要な位置を占めるであろう柏木亜沙子が登場する「逃げる男」、それに「なごりの月」といった、バラエティに富んだ多視点の作品集です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これは確かずっと前に読んだような・・・??

便利屋さんの話よね~?
そのバスの本数を調べたり、入院中のお婆ちゃんのお見舞いを息子さんの代わりに行ったり・・・
ああそうそう犬を預かったり!

家に帰って本を調べてみよう~まだ持ってるかな?
さらっと読める面白い本だったような気がします。

Re: No title

> 便利屋さんの話よね~?
> そのバスの本数を調べたり、入院中のお婆ちゃんのお見舞いを息子さんの代わりに行ったり・・・
> ああそうそう犬を預かったり!

その本は、もしかしたら本書『まほろ駅前番外地』じゃなくて、シリーズ前作の『まほろ駅前多田便利軒』じゃあなかろうか。
「バスの本数」とか「息子さんの代わりの見舞い」などは一作目の話ですね。
本作は連絡の短編集です。
ちょっと、内容が違うようで・・・??

> 家に帰って本を調べてみよう~まだ持ってるかな?
> さらっと読める面白い本だったような気がします。

まさにその通りで、「さらっと読める面白い本」ですよ。
ただ、本が違うけど。
本書も同様に面白い本です。

読んだのは「まほろ駅前多田便利軒」と「まほろ駅前狂騒曲」でした。
いや〜すぐ忘れるのよね〜
この本も例の画家さんの友達から回って来た本でした。
近いうちに、箱根駅伝のもくると思います😉
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR